【画家になるには】画家に向いている人、画家の適性や資格を解説

画家のためのブランディング術を期間限定プレゼント

 

 

画家に向いている人とは

「昔から絵が上手かったんでしょう?」
「才能があるんですね?」

画家として展覧会場に立っていると、
お客様からこう言われることがあります。

 

しかし、私はもともと絵がド下手でした。

諦めずに売れるまで続けたから、
絵が売れるようになっただけで、

 

絵の才能がある とは正直思いません。

私よりも数段、レベルの高い作品を
描けるけれど全く売れていない作家も
いますし、

私より技術の面では劣るけど
私の何倍も絵を売っている作家さんも
いらっしゃいます。

画家の適性は絵の技術の高さだけでは
決まらないのです。

 

画家に向いている人とは
描き続けることができる人
なのかもしれません。

今回は画家に向いている人の特徴や
画家になるために知っておきたいことを
紹介するので、是非最後まで読んでくださいね。

↓画家になりたい人必見の無料メルマガはコチラ↓

画家に向いている人は絵心がある?

「私、絵心ないからさ~」

こんなことを言って、
描くことをためらってしまう人は多いです。

 

しかし、絵心がある(絵がうまい)かどうかは
画家に向いているかと
関係がないと思います。

 

私も絵はもともと超ド下手でした。

描きたいイメージは、いくらでもあるのに
絵心がなくて、表現する技術がなくて
まともな作品を作れませんでした。

 

長くつらい修業時代を経て、今では
ある程度描きたいものを描けるようになり、
楽しい作家生活を送っています。

 

作家活動を続けると様々な作家に出会います。
もちろん、もともと絵が上手い
絵心のある人も多いです。

 

面白いのがそんな、絵心のある人には

「描く技術はあるけど、
描きたいものが思いつかない。」
そんな人が結構いるということです。

これは大変なことです。

 

私も、作家活動を続けていて最も焦る瞬間は

「次描きたいものが思いつかない!」
という時だからです。

 

意外に思うかもしれないが、絵心のある
うまい人は、器用で余計なこだわりがない
人が多いんです。

ただ、こだわりや愛着のなさゆえに、
描きたいものがなくなることがあるようです。

【画家になるには】個性や世界観の見つけ方について解説

2019.01.11

 

 

画家になるには?

画家になるには学歴も展示歴、受賞歴も
必要ありません。

独創的な作家性
質の高い作品を安定して作る職人性
仕事、コネ、時間、お金を管理する
経営スキル

そして何より、画家としての自信
のある人なら、画家だと名乗った瞬間に
画家になれます。

 

作家活動にかかる経費を回収または調達し続け
作品制作にかかる時間を確保できれば

作家活動を続けることができます。

 

すると、自然と作品のクオリティーも
あなたの画家としての眼力も上がっていきます。

毎回の展示で「前よりも良い自分」を目指し
続ければ、気づけば売れっ子作家になっていた

なんてこともあるんです。

【画家になるには】絵の仕事の取り方や有名になる方法を解説

2018.08.04

【絵画の販売】自分で描いた絵を売る方法をプロの画家が解説

2018.02.09

 

↓画家になりたい人必見の無料メルマガはコチラ↓

画家になるにはできる理由を探そう

私は経歴がないし、美術を専攻しておりません。
専門スキルはありません。ど素人の独学です。

機械に弱い私でも情報発信できるだろうか?

黒沼さんと違って私は…

専門的な教育を受けたことがないので
基礎的な部分が足りていないと感じています。

美術の勉強も学校も出てないのですが
大丈夫でしょうか?

これらはメルマガ読者の方から
良く聞く言葉なのですが、

全て「自分ができない理由」
について語っていますね。

私も自信のない臆病で慎重な
タイプなので、気持ちは本当に
よくわかるのですが、

これまでやったことのないことに
このような姿勢で向き合うと

必ず失敗してしまいます。

 

このような姿勢の方々は
無意識に「変わりたくない。」
と思っているのです。

これまで挑戦したことの
ないことに挑戦して失敗しても

別に大したことは起きません。
多少の時間やお金、自信を失う
だけで、死んだりしません。

 

問題は成功した時です。
彼らは無意識的に、

挑戦した結果、成功したら
人生がかわってしまうことを
知っています。

誰しも、経験のない世界に
身を投じること、変化する
ことが怖いので

成功して人生が変わってしまわない
ように、行動しないための
「できない理由」を頑張って
集めてきているのです。

本人はきっと自覚がない
かもしれませんが…

そんな人は成功を自分で
許可するだけで、

できる理由を探すだけで

意外とすぐに成功するかもしれませんよ。

 

ちなみに、上で例示した「できない理由」
は全て以下のように解消できます。

私は経歴がないし、美術を専攻しておりません。
専門スキルはありません。ど素人の独学です。

→美術を専門的に学んだ展示経験豊富で、
絵の技術も高い方々をたくさん見てきましたが

地位にあぐらを書いて、作品を世に出すための
努力を怠った結果、作品が売れていない画家を
何人も知っています。

美大を卒業して「作家活動」をしているけれど
絵はほとんど売れず、事実上、団体展や貸し画廊に
お金を納めているだけ という方も少なくないです。

残念ながら、日本は一般の方のみならず、
美術の専門家ですら、絵を売ったり、買ったり
飾ったりすることは特殊なことであり、普通はない
という認識の方が多いです。

なので、これは皮肉なことですが、日本においては
画家として成功するか否かに専門性はあまり関係ない
かと思います。

 

機械に弱い私でも情報発信できるだろうか?

→おそらく、ほとんどやったことがないだけで
機械に弱いも何もないと思います。

それに現在は非常に便利な時代で
知りたい情報は調べれば大体出てきます。

特に機械の使い方や情報発信の仕方は
情報発信の専門家がブログやYouTubeで
ものすごくわかりやすい動画や記事を
たくさんアップしているので、

少し調べれば誰でも
できるようになるでしょう。

実際、私も情報発信を始める前は
かなりの機械音痴で、パワーポイント
の資料もまともに作れない、

美大生のくせにPhotoshopも
あまりうまく使えない人間でした。

その時々の必要に応じてスキルを
ネットで調べて実践していけば

自分に必要なスキルは自然に
身についていくものです。

 

黒沼さんと違って私は…

→残念なことに、私は人一倍不器用で
物覚えの悪い人間でした。

なので、私にできたことは皆さんも
意志さえあればできると思います。

保証します。

 

専門的な教育を受けたことがないので
基礎的な部分が足りていないと感じています。

美術の勉強も学校も出てないのですが
大丈夫でしょうか?

→これは美大卒ではない多くの作家さんが
気にすることなのですが、美大通っていた
私に言わせると、

全く気にしなくて良いと思います。

実際に私の周りには美大を出ていないにも
かかわらず

私以上に圧倒的な成果を上げている
作家さんが数多くいらっしゃいます。

逆に美大や芸大を出たけれど、
コンビニやカフェでなぜかバイトしていて
消耗している方もいらっしゃるようです。

美大卒でないことは
画家として成功するかどうかには
関係ありません。

 

 

画家になるには基本的な技術は大切

画家になるにはやはり、描く対象を
よく観察し描く
基本的なデッサンの技術が必要です。

良い作品を作るには、
自分にとっての美しい色や形を見つける
必要があります。

これはデッサンの練習を続ける中でしか
見つからないでしょう。

 

またデッサン以外にも、下地を綺麗に作ったり
箔を綺麗に貼ったりといった、工芸的な技術
も必要です。

材料の特性や限界を理解して描かれた作品は
描写力や構成力がいまひとつでも、存在感の
ある良い絵であることが多いんです。

 

【デッサン初心者必見】課題やモチーフの選び方、練習方法を解説

2018.08.07

 

上手い絵だけが売れるわけではない

画家になるには絵の基本的な技術も
重要なのですが、もちろん上手ければ
良い絵かと言われればそうではありません。

メルマガ読者の方からこんな
質問を頂きました。

 

いつも 励みに読ませてもらってます。

質問  聞きい事 なのですが
売れる絵   売れない絵の違い
下手でも売れるとか   何が違うのか
自分の世界観   個性は  
どうやって作られていくのですか?
宜しくおねがいします。
売れる絵   売れない絵の違い
下手でも売れるとか   何が違うのか。
これについてはうまいに越しことは
ないですが、上手くなければ売れない
というわけではありません。
上手くないひとでも、必要なポイントを
押さえて、私の数倍売っているか
いらっしゃいます。
そして、その売れる絵のポイントとは、
【飾りやすさ】といえます。
飾りやすい絵の具体例としては

花鳥風月が描かれがあります。花の絵、動物の絵、風景画などです。

これに加え、美人画も最近は人気です。
他には、描写の密度のある絵や、
箔を扱っ絵などの存在感のある絵も
売れやすいです。
逆に売れづらい絵は、エログロや完全抽象画
など、日本人が鑑賞にこまってしまうような
【飾りづらい絵】といえます。
自分の世界観   個性は  どうやって
作られていくのか?
自分だけの世界観はふってわいてくる
ものではなく
良い物を多く鑑賞してマネすることを
重ねることで見つかります。
なので、特別なことは実は必要ないんです。パクリにアレルギーのある方が多いですが、
学びは真似からはじまります。
良いなと思ったものは積極的に取りいれて
いきましょう。

 

 

↓画家になりたい人必見の無料メルマガはコチラ↓

画家になるには感性を磨こう

どんなにうまい絵でも、機械的に
モチーフを移した絵では、
誰の心も動かせません。

凡庸なモチーフを凡庸に描いた絵にも
誰も感動しないでしょう。

 

まずは、描くあなたがモチーフ
(物とは限りません)に感動して
描く必要があります。

 

そして、他の人は気付かない美しさ、豊かさ
に気づけるようになりましょう。
(違いの分かる男になる という感じです。)

 

美術や小説、映画、アニメなどの
あらゆる創作物や豊かな自然に触れ、

感動する心、豊かな感性を
磨いていきましょう。

 

豊かな感受性を持った画家の絵はモチーフの
チョイスがありきたりであったとしても

構図や色彩の使い方で、一味違うユニークな
作品にすることができるものなんです。

 

 

画家になるには絵を描き続ける意志が大切

画家に向いている人は、とにかく絵が好きで、
描き続けられる人です。

描き続けるためには制作のモチベーション
やアートへの情熱は言うまでもなく
必要ですが

描き続けるには制作時間や資金を
最低限確保するスキルも必要です。

 

【画家になるには】プロの画家の1日を特別公開

2019.01.05

↓画家になりたい人必見の無料メルマガはコチラ↓

画家になるには美術大学に行くべき?

画家になりたければ美大に行くべき
とは思いません。学歴は関係ありません。

美大卒ではない という理由で画家になるのを
躊躇する人は多いですが、全く気にすることは
ないです。

ただ、美大に行くと美術関係者とのコネ
ができたり、美大入試のために基本的な
デッサン力がつくというメリットはあります。

 

画家になるには海外留学すべき?

日本は欧米諸国ほど絵を買う習慣、
絵を売るシステムが充実していません。

そのため、無名の画家が日本で絵を売るのは
簡単なことではありません。

そのため、海外で画家としての経験を積み、
箔をつけて逆輸入で日本で活動を始める
画家もいます。

画家になるには海外での展示会に出展すべき?

2019.01.17

[絵の仕事]現代のプロの画家に必要なこと

2017.10.14

画家になるには情報発信しよう

「現代はクリエイターがこれまでで
最も生きやすい時代だ」

そんなことを聞いたことがあります。

iPhoneの登場により、高画質な動画や写真を
誰でも、どこでも、いつでも撮れるようになり
ました。

また、誰もがスマホを持ったことで、どこでも
いつでも動画を視聴することができるように
なりました。

これらの技術的要因がYoutuberを登場させた
という話を聞いたことがあります。

Youtuberは好きなことで収入や影響力
得ているクリエイターの代表といえます。

Youtubeだけでなく、twittbotWordPresss
など

ほとんどお金をかけずに
一人で簡単な作業をするだけで
集客する方法が現代はいくらでもあります。

実際に、私もこのブログを始めてから

・ブログのファン方と展覧会会場で出会えたり
・SNS上で作品講評や画家のコンサルをお願い
 されたり
・海外での展示へのお誘いが来たり

などなど様々なチャンスが舞い込んできました。

画家として暮らしていくには
絵を売りだしていく必要があり、そのためには
人の目に留まる必要があります。

そのためにはお金をかけず、影響力を
手に入れられる情報発信メディアを活用
すべきでしょう。

 

まずやるべき具体的なタスクとしては

・SEOの勉強をする
・WordPressでブログ記事を100個書く
・Youtubeに動画を100個上げる
・ブログ記事の投稿や動画をbotでつぶやく

といったところです。

あなたが絵を届けたい相手を強くイメージして
これらのタスクをやってみましょう。

画家になるにはブログを作るべし

2019.01.12

 

情報発信のネタに困ったら

「ブログやSNSを始めたいけど、
何を書いたら良いのかわからない。」

そんなお悩みをメルマガ読者の方から
よく頂きます。

情報発信というのは才能や知識や経験
がないとできないと思うかもしれませんが、
全くそんなことはありません。

機械的に情報を大量インプット(勉強とか)
して自分の感想をまとめるだけです。

美術館に行く、アート関係の本を読む、
ブログを読む、作家仲間の話を聞いてみる

そうして湧いてきた感想を
文章にまとめてみましょう。

 

きっとそれをやるだけで
絵に興味のある人は

それなりに興味を持つ
発信ができると思います。

 

↓画家になりたい人必見の無料メルマガはコチラ↓

画家になるにはギャラリー巡りをしてみよう

もしあなたが画家になりたいなら
良い作品、良い展示を見に行きましょう。

出不精な私は学生時代、絵を描くことばかり
していて、ほぼ全く「絵を見る」ことを
していませんでした。

 

友達に誘われてギャラリー巡りに行ったとき
「もっと早くこの楽しさを知りたかったな~」

と思ったことをよく覚えています。

人の展覧会を見に行くと

・良い作品
・良い展示の仕方
・良い額装
・売れる作品の傾向
・ギャラリーの良しあし

などなど、画家に必要な経験値が手に入ります。

特に百貨店の上層階にある美術画廊
コマーシャルギャラリーでは

レベルの高い作家のレベルの高い展覧会
見られるので制作のモチベーションアップ
にもなり、オススメです。

展覧会の会期を調べ、最終日
に会場に行ってみましょう。

売れた絵のキャプションに
赤札という赤いシールが
貼ってあります。

これが貼ってある絵を数多く
みることで、売れる絵の
特徴が見えてくるでしょう。

【作家志望必見】銀座のレンタルギャラリーや画廊の選び方を紹介

2018.12.08

 

画家になるにはカフェギャラリーで展示してみよう

多くの若手作家や美大生が貸し画廊に場所代を
払って展覧会を開いていますが

私は貸し画廊での展示よりもカフェギャラリー
やバーといったオープンスペースでの展示を
オススメします。

貸し画廊は高い場所代がかかるわりに、
お客さんもほとんど来ず絵もあまり売れません。

 

画商さん次第ですが、作家の育成や売り込み
熱心な方も少ないです。

貸し画廊での展示は経費が丸ごと赤字になること
がほとんどのため、

あまり良い選択だと思いません。
(もちろん良い貸し画廊もあるとは思います。)

 

一方、カフェギャラリーやバーは常にお客さん
がいます。

多くの人に絵を見てもらうことができますし
小さい作品なら売れることも多いようです。

画家の売り上げの取り分も良く、場所代も
貸し画廊での展示に比べると圧倒的に安い
場所が多いのでオススメです。

 

その上、おしゃれな場所も多いため、
展示風景を写真に撮っておけば

後々、ブログやSNSに載せることで
作家活動のブランディングに役立てる
ことだってできます。

 

駆け出しの画家は、自分の作風にあった
繁盛しているカフェギャラリーやバー
見つけ出して、展覧会経験を積んでいくと
良いでしょう。

 

↓画家になりたい人必見の無料メルマガはコチラ↓

画家になるにはPDCAを意識しよう

前にメルマガの中で
こんなアンケートをとりました。

あなたが作家活動をするにあたり、
作品のレベルを上げるために、現状
やっていることがあれば教えてください。

 

このアンケートへの回答の中で、本当に
素晴らしい回答があり、こんな人こそが

「画家に向いている人だ。」と思ったので、
シェアさせていただきます。

 

私が作品のレベルを上げるためにしている
ことは、2つあります。

1つ目は、例えば先生からデッサンの
アドバイスを「1」頂いたら、

「10」思考や行動するようにしています。

 

また、教えて頂いたことは、
すぐに実行するようにしています。

そして、アドバイスを頂いて実行した結果を
先生に報告します。

そうすると、さらにアドバイスを貰える
可能性が高いので。その繰り返しです。

せっかくアドバイスを頂いても、
実行しなければ、意味がありません。

10分でも5分でも、できることを、
少しでも多く、質を高めて積み重ねています。

 

2つ目は、嫌にならないように工夫することです。

どんなときに嫌になってしまうのか、
自分の性格をよく分析してあります。

私の場合は、デッサンがうまくいかなかったときや、
「絵で食べていくなんて、そんなの無理だよ」
とか言われてしまったときに、
落ち込んでしまうことが多々あります。

これを防止するために例えば、1日にやった
作業や時間をエクセルにまとめて、
入力すると
1ヶ月どれだけ作業したのか、

グラフに自動反映されるようにしておきます。
目で見て自分の頑張りが見えるように
してあります。

そして、それでも嫌になってしまう日は、
思いっきりサボります。笑

私の場合は、1日か2日で、また絵の練習を
しようかな。という具合に復活できます。

 

本当に素晴らしい回答ですね!このように
正しくPDCAをまわしながら作家活動を
続けられる画家さんは少ないので、

それだけでアドバンテージだと思います。

アウトプットに関しては申し分なさそうなので、
あとはインプットですね~。

 

制作が嫌な時は、思い切って描かない
ももちろん良いと思いますが、

私は好きな画家の絵を画集や
ネットでぼんやり見ています。

すると、ふとした時にこれまで描かなかった
ような構図を思いついたりするんです。

今回、回答をくれた彼のように高い
モチベーションで活動されている画家さんも
確かにいらっしゃるようです。

皆さんも、そして私も彼の熱意に負けない
よう画家として頑張っていきたいですね。

 

画家の仕事とは

画家の仕事はアトリエで描いた絵画を
画商を通してギャラリーで販売するのが
メインです。

私の場合は、風呂敷画商(自身でギャラリーを
店舗として持たず、百貨店などでの展覧会を
企画する画商)さんとの付き合いが主なので

 

 

その画商さんを介して、百貨店での展覧会や、
お得意様への作品オーダーメイド、
壁画の仕事などを請け負っています。

他にも、あまり私はやっていませんが
地域でのアートのワークショップや

1日絵画教室、技法講座ワークショップ、
ライブペインティングイベント

など、画家ならではのスキルを使って
アートイベントを開いている作家さんも
いらっしゃいます。

日本一の百貨店での個展が成功を収めました!展示テクも特別公開

2018.05.23

 

 

画家とイラストレーターや職人との違い

画家はその昔、職人でした。依頼主の希望に
沿った絵を描き、納めるのが仕事でした。

教会に聖母子像や天井画を納めていた
ラファエロミケランジェロの例を考えれば
イメージしやすいでしょう。

日本の場合は殿様に唐獅子の金屏風を
納めていた狩野派などがこれにあたります。

 

出版社や企業からのオーダー通りの絵を
描き納める現代のイラストレーター
これに近いでしょう。

近代以降は画家=表現者となり、
個性や独自のスタイルが求められ、
独自の作品を描き、展覧会で販売する
という形になります。

伝統的なサロンや美術アカデミーの
権威を否定して、自分たちで独自の
展覧会をはじめた印象派の画家たちは

この辺の価値観と一致するでしょう。

 

画家は依頼人の希望よりも独自の作風、
作家性を優先しますから、作風を気に入った
コレクターが多くいなければ、
続けていけません。

 

 

↓画家になりたい人必見の無料メルマガはコチラ↓

画家の収入、年収とは

画家の収入は、それぞれの画家の知名度
により大きく変わるので、平均的な額
を出すのは難しいです。

ほとんどの画家は美術教師や自営業など
との兼業が多いのが実情です。

 

しかし、売れっ子作家の中には絵の収入だけで
家族を養えるレベルの作家もたくさんいます。

展覧会に絵を出すとなると、場所代の回収で
終わり、プラスマイナスゼロ

というイメージがあるかもしれないので、
信じられないかもしれませんが

安定的に黒字を出し続け、絵で暮らす作家も
確かに存在します。

そんな画家さんのほとんどは展覧会の収益
だけでなく、コレクターさんから直接
オーダーメイド作品を受注するなどの
収入の形も持っていることが多いようです。

 

プロの画家の収入、給料、年収、仕事とは?絵で稼ぐ方法を特別公開

2018.02.13

画家になるにはお金の勉強も必要!画商や公募、出品料について解説

2019.01.13

画家になるには実践あるのみ

画家になるには才能がなきゃダメだよな。

そう思う方に一つ、紹介したいエピソード
があります。

 

「音楽の大学に行く生徒は、幼少期から
ピアノを習っていたり、習い事を通して、
音感を鍛えている子が多い。

だから、音大志望の子で高校生から音楽を
習い始めた子は受験で苦戦を強いられる。」

「音楽は身体能力に頼るところが多いんだ。」

 

「それに比べ、美術は勉強と練習量で
上げられる能力が多いから、高校生からでも

デッサンの練習を積めば、
問題なく美大に入れる。」

 

私は高校生の頃、美術の先生に進路相談を
したところ、こんなことを言われました。

 

最近ではこの教えの正しさをより深く実感します。

実際、私は高校生の頃も、美大受験生時代も、
大学に入ってからも、

そして今でも、絵を描き続けることで
技術を上げ続けています。

 

絵の良しあしは技術で全てが決まるわけでは、
もちろんありませんが、高い技術を持った、
画家の絵は品格を感じるものなんです。

 

そして、絵の技術は年齢を問わず、
正しい勉強と練習の積み重ねで上達します。

画家になるには才能や適性、資格、学歴
なんかよりも練習量、場数が大切なのです。

 

実践あるのみです。

 

↓画家になる方法はコチラ↓

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
7日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。

【絵画×癒し】絵画と自己対話の教室