【インタビュー】個展に200人集客した画家の読者さん

なんと!メルマガ読者さんの中から

1回の個展で200人集客し、5枚も絵を売る結果を
出してくれた墨彩画家さんが現れました。

私がメルマガで紹介したノウハウや
考え方をフル活用し、素晴らしい結果を
早くも出してくれたようです。

今回はそんな素晴らしい読者さん
高津 陽子さんにインタビューを
させて頂きました。

Q:展示で私のノウハウを実践する前、どんなことに困っていましたか?

・絵の値段のつけかたがわかりませんでした。

8〜10号を1万円均一で売ったりしているのに、
1回の個展で100万円売り上げたいとか、

よく考えれば30点しか展示してないので
無理なんですが、その事にすら気づきませんでした。

・売れやすい絵の大きさもわからず、
描きやすい大きさを描いていました。

・地方紙の取材をしていただく方法が
わからないでいました。

記事に載っている絵描きさんを見るたび、
うらやましいを通りこして一方的に
敵意をもったりしていたほどです(苦笑)

 

Q:私のノウハウを実践して展示をやってどう変わりましたか?どんな成果が出ましたか?

・絵の値段を見直しました。
全作品が売れた時の金額、売れる絵は何割か、という

黒沼先生に教えていただいたことから、
絵の点数と値段を考えました。

サムホール(S)が5点売れました。
価格は22000円です。

 

・個展の案内状に今回の個展のコンセプトや私の思いを書き、
見に来てくださる方へアプローチしました。

お客様に聞くと今回の案内状は
かなり心に響いたようです。

・地元の地方紙とケーブルテレビへ取材依頼をしました。

黒沼先生に教えていただいたように手紙を書き、
書類を同封したところ快く取材にきてくださいました。

こんな簡単な事で取材にきてもらえるなんて驚きでした。
結果今までで1番多い、200人の方に来場いただきました。

Q:このページを見ている方へ一言お願いします。

 

今まで手探りでいろいろやっては
失敗を繰り返していましたが、

講座を通して絵を売るための基本を知る、
そしてそれをひとつひとつ

実行に移していくとちゃんと
結果がでるんだということがわかりました。

画風について悩まれている方が
いらっしゃるようなので、

わたしからひとこと。
何を描いたら売れるとか、売れないという
絶対的なものはないと思っています。

 

あなたの中にあるエネルギーを恐れたり、
否定したりぜすゆっくり受け入れてください。

そしてそれを開放する事を
自分自身に許してあげてください。

そうした時にあなたの絵がだんだんと、
自然にできてきますよ

(もちろん絵画の基礎を
みにつける事は必須ですが…)

リミッターを外せるのは
自分しかいないですよ。

 

↓他にもたくさんの喜びの声が届いています。

 

 

↓無料オンライン講座はコチラ↓

 


 

【期間限定】登録者プレゼント①

無料講座とは別に
売れっ子作家の7つの秘密メソッド
も期間限定でプレゼントさせていただきます。

※コチラの登録者限定プレゼントは期間限定です。
 予告なく終了する場合があります。

【期間限定】登録者プレゼント②

皆さんの作品についてのお悩み解決
に役立つアドバイスをさせていただきます。

「画家の○○風の絵を描きたい!」
「とにかく上手くなりたい!」
「自分の絵を売れる絵に進化させたい!」

そんな幅広いニーズにお答えしていきます。

 

【期間限定】登録者プレゼント③


大きい絵を描くことを勧められるワケ】
【ART-MeterやBASEの裏事情】
【現代アートが意味不明なワケ】
【写実絵画ブームとその次の流行】
【海外ギャラリーでの個展の開き方】
【安売り画家の末路】
【グッズが売れても絵が売れない時の対処法】

などなど、アート市場の現場100枚以上
絵を売る中で見えてきた

最新の事情を現役のプロの画家が
不定期で配信していきます。

↓無料オンライン講座はこちら↓