日本人が好きな画家ランキングベスト5の有名な画家を一挙紹介

どうも 黒沼です!

 

今回は以前テレビで見た

日本人が好きな画家ベスト5

取り上げたいと思います。

 

日本人にとって有名な画家を
ランキング形式で作品と共に紹介します。

 

日本で見られる作品についても
所蔵美術館とともに紹介するので
是非参考にしてみてくださいね。

 

第5位 ヨハネス・フェルメール

 

 

今から400年ほど前
オランダは黄金時代を迎えました。

貿易で栄えた当時のオランダでは
王侯貴族以外の裕福な市民
絵を買うようになりました。

 

その結果、市民に馴染みやすい
生活の一コマを描いた「風俗画」

裕福な市民のコレクション自慢のための
「静物画」など

庶民にとっても飾りやすい絵が
もてはやされました。

 

フェルメールはそんな時代のオランダを
代表する画家なんです。

それで彼は風俗画を多く描いています。
このページの表紙の「牛乳を注ぐ女」
風俗画の一枚です。

 

 

17世紀、江戸時代の日本では
長崎の出島を中心にオランダと
交易していました。

(上の画像は当時オランダ商人が出島で
住んでいたオランダ風の長屋です。)

 

 

数年前に渋谷bunkamura art museumにも
来た「地理学者」(下の画像)は
当時のオランダが日本と貿易を
していたことがわかります。

 

 

モデルはフェルメールの友人で
微生物学者のレーウェンフック
と言われています。

彼が着ているのは
日本のハッピなんだそうです。

 

謎多き画家フェルメールの生きた時代や有名作品について解説

2018.07.01

[西洋美術史]フェルメール、レンブラントなどバロック期の有名作品を解説

2017.11.27

 

フェルメール作品を楽しみたい方には
こちらの画集をお勧めします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

日本では個展を開いても絵は売れないのか?

「日本のギャラリーでは個展をやっても
絵が全く売れないので、海外に行きたい
と思います。」

こんな声をメルマガ読者さんから頂くことがあります。

確かに、海外の方が絵が売れる場所も
多いでしょうし、絵を買う人が多いのも
事実でしょう。

しかし、「誰も所有したくない絵」は
どこへ出しても売れません。

そして、日本でも正しい準備をすれば、
絵は売れます。

実際、私のメルマガで学んだ読者さんでも

今まで1枚も絵を売ったことがなかったのに
1回の個展で4枚も絵が売れるようになった
画家さんもいらっしゃいます。

彼へのインタビュー記事を書いてみたので
是非チェックしてみてください。↓

 

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
7日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。

 

 

 

 

 

【絵画×癒し】絵画と自己対話の教室