額縁の紐の結び方や静電気の防止方法など絵の飾り方を解説

どうも 私は日本全国の百貨店で
展覧会を開いている画家の黒沼と申します。

 

「額縁の紐の結び方がわからない…」
「額縁にホコリがついて困る…」

絵を実際に飾ると色んなトラブルが起きますね

 

今回は私が画家として活動する中で学んだ
絵を飾る上で絶対に知っておきたいこと
紹介しようと思います。

 

是非チェックしてみてください!

 

 

絵を飾る場所ってどこが良い?

 

 

上の画像が何だかわかるでしょうか?


これは長時間、
日光に晒されて色褪せた
看板なんです。

 

せっかく飾っていた絵が色褪せてしまった」
「せっかく飾っていた絵が変色してしまった」
という方

 

この看板のように日に晒される場所に
絵を飾ると買った時と

色が変わるリスクがあるんです。

 

せっかくの絵のコレクションを
いかに変色から守るか

 

今回はいくつかの方法をご紹介します!
是非絵を飾る時、意識してみてください。

 

では、その絵を色褪せから守る方法とは、
まず日陰に飾るということです。

 

直接、光の当たらない壁を見つけて飾る
というのが、重要なんです。

 

 

「でも、絵はスポットライトを
 当てて展示するのでは?」

と思う方もいるかもしれません。

 

 

 

確かに美術館やギャラリーでは
絵にスポットライトを当てて展示しています。

 

 

 

 

 

 

でも、実は美術館やギャラリーは実は
もともと薄暗いんです。

薄暗いを場所をスポットライトで
演出しているんですね。

 

実際に、デッサンの展示室なんかは
特に薄暗いです。

これはデッサンは特に光に弱いからなんですね。

 

ところが、一般の家は少し違います。

美術館やギャラリーとは違い窓が
側面に複数あるんです。

 

つまり、たくさんの光が
色んな角度から入るんです。

そこで、絵を色褪せから守るには
日陰に飾るのが良いんです。

 

実は絵の見やすさから言っても、
一般の家の場合は日陰に飾るのが良いんです。

 

実際に飾ると分かりますが、
額に入れた絵を飾ると、

アクリル板の反射
絵が見づらくなってしまうんです。

 

日陰に飾ればそんなトラブルもないんですね。

 

額縁の選び方と絵の飾り方

 

「絵を色褪せから守りたい」
「絵を買った時のまま綺麗に飾りたい」

絵を飾る場所以外でも
工夫できるポイントがあります。

 

それはズバリ「額選び」です。

 

額屋と話すことがあり、最近の額縁について
聞いたことをご紹介します。

「最近は軽い額縁が流行っているんだ」
「最近はガラスよりアクリルの額が
良く売れるんだよ」

 

額屋さんの話によると、震災以降、
落ちても割れない安全な

アクリルの軽い額が流行っているようです。

 

また、彼の話によると、最近のアクリル板は
進化していて、

紫外線から絵を守ってくれるそうです。

 

 

 

「この額縁はガラスですか!?」

絵を送る時、運送会社の人は必ず聞いてきます。

 

運送会社としても、ガラスの額よりは
アクリル板の額を運びたいようです。

 

絵を贈り物としておくる時には

額のデザインだけでなく、軽い、
アクリル板のものを選ぶと
良いかもしれませんね。

 

プレゼントされた絵の額が割れていたとなると
結構大変なんですよ。(経験済みです)

アクリル板の額縁の弱点は静電気と歪み

 

でもアクリルの額にも実は弱点があります。

 

ひとつは歪みです。

アクリル板はガラスとは違い柔軟なので、
表面がたわみます。

 

この歪みは大きな絵を飾る時は
特に気になります。

アクリル板が大きい分、大きくたわむんです。

 

でも大丈夫 厚めのアクリル板
選べば良いんです。

 

額縁を買うとき、アクリル板の厚さにも
注意してみてください。

厚めの板を選べばokです。

 

もうすでに持っている額縁のアクリル板が
薄くて困った。

 

そんな時は百貨店の額屋さんに行きましょう!

美術画廊のある百貨店には
だいたい隣に額屋さんがあります。

 

そこでは、厚さやサイズを言えば、
数分でアクリル板をカットしてもらえます!

 

そしてもう一つの弱点は静電気です。

 

ガラスの額と違い、アクリルの額は静電気を
帯びやすく、ホコリがよくついてしまいます。

 

ホコリがついていると絵が見づらくなって
しまうんです。

 

 

特に黒っぽい絵の場合ホコリが
とても目立ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

そんな時に役に立つのがこちらのスプレー
SEリリーフなんです。

アクリルの額がこれを吹き付け、ふき取ると
ホコリがつきづらくなります。

 

額縁をキレイに保ち絵を飾るのに、
眼鏡拭き役立ちますよ。

 

 

ただアクリル板をあまり強く拭くと
磨きキズが付いてしまうので
注意してくださいね。

 

絵の飾り方について詳しくはコチラ

【インテリア】部屋の壁に絵画を飾る時に注意する3つの要素

2017.09.19

 

 

額縁の紐の結び方

 

絵を飾る場所が決まり、額縁も用意できたら、
額縁の紐をしっかり結びましょう。

額縁の紐の結び方はいろいろなやり方が
あるようですが、

 

今回は私が先輩に教わったものを動画で
ご紹介します。是非参考にしてみてくださいね。

 

 

 

↑ちなみにこの動画の額縁は私の
一番のおすすめ額です!

 

 

額縁の紐の結び方の種類

額縁の紐の結び方というのは
何も一つの正解があるわけでは
ありません。

今回はいくつかの種類を
紹介した動画をあげておきます。

あなたにとってやりやすい
額縁の紐の結び方を見つけてみて
くださいね。

 

額縁のおすすめの種類

フォルファーボックスフレームという額
なんですが、特に私のお気に入りで

何度も展覧会で使っています。

 

 

 

フォルファーボックスの魅力は

ボックスフレームでありながら、

・華やかな装飾がついている
・幅広いサイズバリエーション
・見た目から想像できない安さ

という点です。

プロの画家の強い味方になってくれます。

 

ボックスフレームの使い方について
詳しくはコチラ

【ボックスフレーム】立体額や箱額の額装法や作り方、飾り方を解説

2018.04.22

 

額縁の紐の種類、選び方

大きな作品を飾りたい場合は額の紐を
ケブラー」というものに変えてみてください。

 

画材屋さんや額屋さんに聞くと奥
から出してきてくれます。

 

【ピクチャーレールの使い方】額縁を壁掛けして穴をあけたくない方へ

 

 

また壁一面を覆うような絵を飾る場合は
ピクチャーレールというものを
用意すると良いです。

 

 

美術館やギャラリーのように天井
から絵を飾って楽しむことができます。

ピクチャーレールを設置すると↓のように
ワイヤーで天井から絵をつるせます。

 

実はそんなに心配しなくて平気!?

 

 

ここまで絵を変色から守り、
キレイに飾る方法について書いてきました。

 

でも実はそこまで神経質になることも
ないんです。

 

ホルベインで絵の具や下地材などの
絵画材料を専門的に扱う

ホルベイン工業の方から
こんな面白い話がきけました。

 

「最近の油絵具は車の塗装に使って余った
もので作られているから、
とにかく変色に強いんだよ~」

 

 

 

確かに屋外で日に晒された車が色褪せした
という話はあまり聞きませんね。

最近は額縁のアクリル板だけでなく、
絵の具の強度も上がっているようで、
あまり変色の心配はないようですね…

 

油絵の具について詳しくはコチラ

[おすすめ画材紹介]油絵の具やキャンバスなど油絵の道具を紹介

2017.10.28

絵の具の定義とは?詳しくはコチラ

【絵の具とは】水彩やアクリル、油絵の具などの種類や違いを紹介

2017.10.26

 

まとめ

 

 

今回は絵を飾る時に知っておきたいことを
専門家の話もまじえて紹介してみました。

 

絵画でお部屋をワンランク上の
空間にしてみませんか

↓絵の飾り方についてはコチラ↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

日本では個展を開いても絵は売れないのか?

「日本のギャラリーでは個展をやっても
絵が全く売れないので、海外に行きたい
と思います。」

こんな声をメルマガ読者さんから頂くことがあります。

確かに、海外の方が絵が売れる場所も
多いでしょうし、絵を買う人が多いのも
事実でしょう。

しかし、「誰も所有したくない絵」は
どこへ出しても売れません。

そして、日本でも正しい準備をすれば、
絵は売れます。

実際、私のメルマガで学んだ読者さんでも

今まで1枚も絵を売ったことがなかったのに
1回の個展で4枚も絵が売れるようになった
画家さんもいらっしゃいます。

彼へのインタビュー記事を書いてみたので
是非チェックしてみてください。↓

 

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
7日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。

 

 

 

 

 

【絵画×癒し】絵画と自己対話の教室