[東京美術館情報]西洋美術館、東京都美術館など上野の美術館を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェア・応援 お願いします!

どうも黒沼です。

 

今回は東京都内の美術館情報を紹介します。

今回は多くの美術館が建ち並ぶ
上野エリアを取り上げます。

 

スポンサーリンク



国立西洋美術館

 

 

 

国立西洋美術館の見どころ

 


国立西洋美術館といえば2016年に

世界文化遺産になり
話題になりましたね。

国立西洋美術館は近代建築の巨匠
ル・コルビュジェにより
作られました。

ル・コルビュジェ
ミース・ファン・デル・ローエ
,フランク・ロイド・ライトと並

近代建築3大巨匠の一人です。

 

国立西洋美術館のように美術館は

有名建築家が設計を手掛けていることも多く、
所蔵品とともに建築も楽しめます。

 

 

 

 

入口前の広場にはオーギュスト・ロダン
地獄の門をはじめとする

有名なブロンズ彫刻が展示されています。

 

 

 

国立西洋美術館の最大の特徴は

中世末期から20世紀初めの
幅広い時代の名画コレクションです。

 

 

特に古典絵画ロダン、印象派
コレクションが充実していますね。

 

印象派のコレクション

 

ロダン作 バルザック

ちなみに私のお気に入りの一枚はこちら

17世紀のオランダの画家

コルネリス・デ・ヘーム
果物籠のある静物です。

瑞々しい果物が、そこにあるかの
ように描かれていますね。

実物の存在感は画像とは
格別ですので、
是非チェックしてみてください。

 

東京国立博物館

 

 

 

東京国立博物館見どころ

東京国立博物館は何と言っても

日本や東洋のコレクションが
充実しています。

 

有名どころでは

尾形光琳の風神雷神図屛風

 

世界史の教科書でもおなじみ竜首水瓶

 

 

岸田劉生麗子微笑

などがあります。

東京国立博物館は豊富な仏像コレクションや
館内の神秘的な雰囲気から、
「GANTZ」や「時をかける少女」などの
映画でも舞台として登場します。

 

 

コレクションとともに
館内の雰囲気も楽しめるかと思います。

東京国立博物館は日本美術を展示する本館
東洋諸地域の美術を展示する東洋館

皇室に献上された宝物も見られる
法隆寺宝物館から成っています。

東京国立博物館は東洋の美術を
幅広く所蔵するおすすめの美術館です。

 

 

 

上野の森美術館

 

 

上野の森美術館見どころ

上野の森美術館は日本最古の美術団体の
公益財団法人日本美術協会により
1972年に設立されました。

一番の見どころはやはり
VOCA展でしょう。

VOCA展は全国の美術館学芸員や
ジャーナリスト、研究者が推薦する
若手芸術家の作品を集めた展示です。

 

他にも上野の森美術館大賞展など
若手作家の育成を目的とした展覧会を
開いており、とても注目されています。

 

代表的なコレクションは歌川広重
「不二三十六景大江戸市中七夕祭」
があります。

 

 

 

 

東京都美術館

 

 

 

東京都美術館の見どころ

東京都美術館は芸術の秋
由来となった美術館なんです。

東京都美術館で開催される院展、二科展、
文展(現在の日展)の会期が

全て秋だったことから芸術の秋という
言葉がうまれたようです。

 

昨年は伊藤若冲の展示が開催され
長蛇の列が話題を呼びました。

また、館内には美術情報室があります。

 

 

北欧家具で彩られた室内には美術図書や
展覧会カタログ、美術雑誌などがあり、
自由に閲覧できます。

 

 

 

東京藝術大学大学美術館

 

 

 

東京藝術大学大学美術館の見どころ

東京藝術大学大学は1887年に創立された
東京美術学校を前身とする大学です。

横山大観下村観山菱田春草といった
名だたる卒業生を輩出しています。

1年に1~2度芸大コレクション展が開かれ、
見どころとなっています。

 

代表的なコレクションとしては
高橋由一があります。

 

 

 

朝倉彫塑館

 

 

 

 

 

 

朝倉彫塑館の見どころ

朝倉彫塑館は日本の近代彫刻を
牽引した彫刻家の朝倉文夫が自身が
設計を手掛けた自宅兼アトリエでした。

 

 

館内には朝倉が集めた膨大な本を納めた
書斎や、5つの巨石と井戸水を引いた池
からなる中庭、
中庭を臨める2階の和室「素心の間」など
魅力的な内装も楽しめます。

 

 

愛猫家であった朝倉による自然主義的
(自分の目でみたものを再現する)な作風の
猫の彫刻が数多く展示されています。

 

 

 

 

横山大観記念館

 

 

 

横山大観記念館の見どころ

横山大観記念館は横山大観が晩年まで暮らし
数々の名作を生み出した
池之端の自宅を公開したものです。

 

建物は大観自身がデザインした

京風数寄屋造り、400坪の中庭と
それを臨む客間の鍾鼓洞は見どころです。

 

大観による絵画はもちろん、陶磁器の絵付けや
書籍の装丁など様々な大観作品を
コレクションしています。

 

 

 

 

弥生美術館 竹久夢二美術館

 

 

 

弥生美術館 竹久夢二美術館の見どころ

弥生美術館は昭和初期に活躍した挿絵画家の
高畠華宵の作品を常設展示しています。

 

竹久夢二美術館では日本グラフィック
デザインの草分け的存在である

竹久夢二の美人画、装丁本などが
楽しめます。

 

二つの美術館は渡り廊下でつながっており、
自由に行き来できるためモダンな両名の作品
を一度に楽しむことができます。

 

講談社野間記念館

 

 

 

 

 

講談社野間記念館の見どころ

講談社野間記念館は講談社の創設者である
野間清治の元邸宅を利用した美術館です。

 

横山大観土田麦僊竹内栖鳳
といった日本近代絵画の名作を蒐集した

「野間コレクション」

 

 

 

戦前の雑誌の表紙絵や挿絵原画、付録など
の講談社ゆかりの展示が
主な見どころとなっています。

 

永青文庫

 

 

 

 

永青文庫の見どころ

永青文庫は旧隈本藩16代当主の
細川護立により1950年に設立されました。

細川護立は「美術の殿様」
と呼ばれた人物で、細川家伝来の
歴史書や美術コレクションを
公開しています。

コレクションは、肖像画、書画、中国美術、
茶道具、武具、と多岐にわたっています。

 

有名なコレクションには
菱田春草黒き猫があります。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

今回は上野エリアの有名な美術館を
紹介しました。

気になる美術館は見つかりましたか?
それでは今日はこの辺で。

 

コチラの美術館もおすすめです。

[東京美術館情報]すみだ北斎美術館、三菱一号館美術館など丸の内の美術館を紹介

2017.09.26

[東京美術館情報]サントリー美術館、国立新美術館など六本木、虎ノ門の美術館を紹介

2017.09.27

[東京美術館情報]原美術館、松岡美術館など恵比寿、目黒の美術館を紹介

2017.09.27

[東京美術館情報]根津美術館、太田記念美術館など渋谷、表参道の美術館を紹介

2017.09.29

[東京美術館情報]中村屋サロン美術館など新宿の美術館を紹介

2017.09.30

[東京美術館情報]世田谷美術館や五島美術館など東京西部の美術館を紹介

2017.10.01

 

 

 

スポンサーリンク


 

シェア・応援 お願いします!

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
14日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。

6つの無料プレゼントを進呈中


「画家になりたいけど、
何をしたら良いかわからない。」

「自分で描いた絵を売る方法
を知りたい。」

そんな方のために

絵画をたしなむでは
絵に関するアドバイスや
画家になるためのアドバイス
無料で行っています。

多くの方から好評を頂いているので
気軽に相談しに来てください!

他にも画家のためのPR術業界の実情など
ブログでは公開していない内容も無料で
配信しているので是非気軽に登録
してみてください。

気軽にメールで
質問して頂ければと思います。

登録特典として

今すぐ役立つ画家を目指す人のための
6つの実践ノウハウ講座
をプレゼントしています。

↓無料登録をしてメール相談、
無料プレゼントを受け取る↓

無料メール相談も行っています。

 

絵画をたしなむでは
画家を目指す全ての人のための

無料メール相談も行っています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

↓のリンク先でアドレスを入力し
気軽にご相談ください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加