【画家になるには】画家に向いている人、画家の適性や資格を解説

画家に向いている人とは

「昔から絵が上手かったんでしょう?」
「才能があるんですね?」

画家として展覧会場に立っていると、
お客様からこう言われることがあります。

 

しかし、私はもともと絵がド下手でした。

諦めずに売れるまで続けたから、
絵が売れるようになっただけで、

 

絵の才能がある とは正直思いません。

 

 

画家に向いている人とは
描き続けることができる人
なのかもしれません。

 

絵心のある人とは

「私、絵心ないからさ~」

こんなことを言って、
描くことをためらってしまう人は多いです。

 

しかし、絵心がある(絵がうまい)かどうかは
画家に向いているかと
関係がないと思います。

 

私も絵はもともと超ド下手でした。

描きたいイメージは、いくらでもあるのに
絵心がなくて、表現する技術がなくて
まともな作品を作れませんでした。

 

長くつらい修業時代を経て、今では
ある程度描きたいものを描けるようになり、
楽しい作家生活を送っています。

 

作家活動を続けると様々な作家に出会います。
もちろん、もともと絵が上手い
絵心のある人も多いです。

 

面白いのがそんな、絵心のある人には

「描く技術はあるけど、
描きたいものが思いつかない。」
そんな人が結構いるということです。

これは大変なことです。

 

私も、作家活動を続けていて最も焦る瞬間は

「次描きたいものが思いつかない!」
という時だからです。

 

意外に思うかもしれないが、絵心のある
うまい人は、器用で余計なこだわりがない
人が多いんです。

ただ、こだわりや愛着のなさゆえに、
描きたいものがなくなることがあるようです。

 

 

画家になるには?

画家になるには学歴も展示歴、受賞歴も
必要ありません。

独創的な作家性
質の高い作品を安定して作る職人性
仕事、コネ、時間、お金を管理する
経営スキル

のある人なら、画家だと名乗った瞬間に
画家になれます。

【画家になるには】プロの仕事の取り方や有名になる方法を解説

2018.08.04

【絵画の販売】自分で描いた絵を売る方法をプロの画家が解説

2018.02.09

 

画家になるには基本的な技術は大切

画家になるにはやはり、描く対象を
よく観察し描く
基本的なデッサンの技術が必要です。

良い作品を作るには、
自分にとっての美しい色や形を見つける
必要があります。

これはデッサンの練習を続ける中でしか
見つからないでしょう。

 

【デッサン初心者必見】課題やモチーフの選び方、練習方法を解説

2018.08.07

 

 

画家になるには感性を磨こう

どんなにうまい絵でも、機械的に
モチーフを移した絵では、
誰の心も動かせません。

凡庸なモチーフを凡庸に描いた絵にも
誰も感動しないでしょう。

 

まずは、描くあなたがモチーフ
(物とは限りません)に感動して
描く必要があります。

 

そして、他の人は気付かない美しさ、豊かさ
に気づけるようになりましょう。
(違いの分かる男になる という感じです。)

 

美術や小説、映画などのあらゆる創作物や
豊かな自然に触れ、

感動する心、豊かな感性を
磨いていきましょう。

 

 

画家になるには絵を描き続ける意志が大切

画家に向いている人は、とにかく絵が好きで、
描き続けられる人です。

描き続けるには制作時間や資金を
最低限確保するスキルも必要です。

 

 

画家になるには美術大学に行くべき?

画家になりたければ美大に行くべき
とは思いません。学歴は関係ありません。

ただ、美大に行くと美術関係者とのコネ
ができたり、美大入試のために基本的な
デッサン力がつくというメリットはあります。

 

画家になるには海外留学すべき?

日本は欧米諸国ほど絵を買う習慣、
絵を売るシステムが充実していません。

そのため、無名の画家が日本で絵を売るのは
簡単なことではありません。

そのため、海外で画家としての経験を積み、
箔をつけて逆輸入で日本で活動を始める
画家もいます。

 

[絵の仕事]現代のプロの画家に必要なこと

2017.10.14

 

 

画家の仕事とは

画家の仕事はアトリエで描いた絵画を
画商を通してギャラリーで販売するのが
メインです。

私の場合は、風呂敷画商(自身でギャラリーを
店舗として持たず、百貨店などでの展覧会を
企画する画商)さんとの付き合いが主なので

 

その画商さんを介して、百貨店での展覧会や、
お得意様への作品オーダーメイド、
壁画の仕事などを請け負っています。

 

日本一の百貨店での個展が成功を収めました!展示テクも特別公開

2018.05.23

 

 

画家とイラストレーターや職人との違い

画家はその昔、職人でした。依頼主の希望に
沿った絵を描き、納めるのが仕事でした。

出版社や企業からのオーダー通りの絵を
描き納める現代のイラストレーター
これに近いでしょう。

近代以降は画家=表現者となり、
個性や独自のスタイルが求められ、
独自の作品を描き、展覧会で販売する
という形になります。

画家は依頼人の希望よりも独自の作風、
作家性を優先しますから、作風を気に入った
コレクターが多くいなければ、
続けていけません。

 

 

画家の収入、年収とは

画家の収入は、それぞれの画家の知名度
により大きく変わるので、平均的な額
を出すのは難しいです。

ほとんどの画家は美術教師や自営業など
との兼業が多いのが実情です。

 

プロの画家の収入、給料、年収、仕事とは?絵で稼ぐ方法を特別公開

2018.02.13

 

 

↓画家になる方法はコチラ↓

 



画家になる メルマガ
メールアドレス

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
14日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。