初心者にもおすすめ! 現代アートのわかりやすい本3冊を紹介


「これから現代アートを勉強したい!」
「現代アートの見方を知りたい!」
「現代アートってよくわからない。」

そんなあなたにおすすめな
現代アートの本をご紹介します。

 

難易度別にわかりやすい本を
リストアップしてみたので、
是非読んでみてください!

 

 

 

スポンサーリンク



最初の一冊はこれで決まり!

 

 

「現代アートってよくわからない」
「抽象画ってよくわからない」

そんなあなたもきっと現代アートや
抽象画が好きになる1冊を紹介します。

 

難易度:1

 

現代アート、特に現代の絵画(抽象画)が
いかに生まれ、ひろまっていったかを
わかりやすく解説しています。

 

現代の絵画のルーツをカンディンスキー
モンドリアンマレーヴィチ

3人として、抽象画の成り立ちを
わかりやすく解説しています。

 

(3名の画家の後に続く戦後アメリカの
抽象表現主義についてもわかりやすく
解説されています。)

 

おおまかに説明すると

 

それまでモチーフ(もの)が秩序を作っていた
絵画の世界に

カンディンスキーがカオスをもたらし、

モンドリアンが色と形のみによる
新たな秩序を作り、

マレーヴィチが絵画の見た目よりも
精神性(見えない部分)を重要にした。

 

その流れが戦後アメリカの抽象表現主義
受け継がれた という流れです。

 

抽象表現主義についてはコチラ

[西洋美術史]ポロックやロスコなど抽象表現主義の有名作品を解説

2018.01.17

 

 

この本によれば

「人間は名前の知っているものしか
しっかり認識できず、名前の知らない
ものに出くわすと混乱する」

 

そうです。

そんなわけで名前のわかるモチーフ
(リンゴとか)
が描かれていない抽象画を
見ると混乱するので

絵画の歴史を知っていこう
という趣旨の1冊です。

 

現代アートの専門用語や抽象的な
ムズカシイ理屈も出てこない、
とてもわかりやすい本です。

 

3名の画家の個人的なエピソードや
個々の作品の解説もあり
とても面白い1冊となっています。

 

初めて現代アートに触れる方には
是非おすすめです。

 

[西洋美術史]カンディンスキーなどドイツ表現主義の有名作品を解説

2018.01.06

[西洋美術史]モンドリアンなどデ・ステイルの有名作品を解説

2018.01.13

[西洋美術史]マレーヴィチなどシュプレマティスムの有名作品を解説

2018.01.10

 

 

現代アートの現場がわかる熱い1冊

 

 

難易度:2

 

世界的に有名な現代アート作家の
村上隆さんの本です。

彼は他にも「芸術起業論」、
創造力なき日本」など、
面白い本を出しています。

 

少し前の本ではありますが、今回は
私の一番のお気に入りの一冊を
紹介しました。

 

村上隆さんが作家活動を通し身につけた
アーティストとしての

政治、経済、文化的リテラシーの全てが
熱い言葉でつづられています。

 

「アートを観たい人」
「アートを作る人」
楽しめる1冊となっています。

 

この本では現代アートの鑑賞ルールが
わかりやすく紹介されています。

 

今回この本をおすすめしたのは
ここにあります。

 

現代アートは

「構図」、「圧力」、「コンテクスト」、
「個性」の4項目を意識して
鑑賞すべきなんだそうです。

 

とてもわかりやすく現代アートの鑑賞、
制作、現状について解説されているので、
おすすめの1冊です。

[西洋美術史]村上隆やダミアン・ハーストなど現代アートの有名作品を解説

2018.02.06

 

 

 

現代アートの歴史がわかる1冊!

 

難易度:3

 

 

「現代アートについてもっと知りたい」
「現代アートのイベント、美術館を知りたい」

そんなあなたにおすすめなのがこの本です。

 

「事典」となっていますが、現代アートの
歴史が時系列でテーマごとに書かれていて

読み物としても楽しめます。

 

モダンアートから現代アート
の変遷をまとめた巻頭の谷川渥さんのコラム
は短くも重厚で分かりやすいものでした。

 

本編は1940年代~現代にいたるまでの
あらゆる現代アート潮流が
網羅されたものです。

 

20名を超えるアートの専門家が40以上の
現代アート潮流について執筆している
面白い一冊です。

前ページフルカラーで、
作品写真も見やすくおすすめです。

 

それぞれのテーマ(アート潮流)ごとに
そのテーマの用語をわかりやすく解説した
事典のページが設けられています。

 

これさえあれば現代アートのイベントで
解説文を読んで混乱

なんてことはなくなるかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

 

 

 

「恋に落ちた主人公の周りで花が咲き始める」
「まぬけなキャラクターに金タライが落ちてくる」

漫画やアニメによくみられる
お決まりの演出ですね。

 

でも、この演出を見ると欧米の人たちは
混乱する という話を聞いたことがあります。

私たち日本人はすんなり理解できますね。

 

これは日本人が幼少期から漫画やアニメを
見慣れていて、タライ=まぬけ
というのを知っているからなんだそうです。

つまり、日本では村上隆さんの言う

コンテクスト(文脈)が漫画やアニメ
の場合、国民規模で
共有されているということですね。

 

欧米の人たちは小学校のころから授業で
美術館で絵画をみて議論するようです。

そんなわけで欧米の人たちはアートの
コンテクストが理解できているんですね。

 

私はこの話を聞いた時、難しそうな
現代アートも、見慣れればわかるように
なるんだなと思いました。

今日はこの辺で失礼します。

 

 

 

それでは、また

 

コチラもおすすめです。

初心者にもおすすめ! わかりやすい西洋美術史の本3冊を紹介

2017.09.20

 

 

↓西洋美術史についてはコチラ↓



画家になる メルマガ
メールアドレス

画家の秘密を特別公開中!

画家になる メルマガ
メールアドレス