初心者にもおすすめ!わかりやすい西洋美術史の本3冊を紹介

どうも黒沼です!

最近はビジネスの世界でも
アートの考え方が注目されているようで

美術史を学ぶビジネスパーソンも
増えているんだそうです。

美術史を深く学んでいくと、
「自分が正しい、良い」と
思っていたことが絶対ではなく

この時代ならではの相対的な
ものだった!という

世界の見え方が丸ごと変わってしまう
ような経験ができるのです。

 

今日は
これから美術史を勉強したい!」
「アートの見方を知りたい!」
「現代美術ってよくわからない。」

そんなあなたにおすすめな
美術史の本をご紹介します。

 

難易度別にためになる本を
リストアップしてみたので

是非読んでみてください!

 

 

西洋美術史のおすすめ本:初心者向け

西洋美術史のおすすめの本として
最初の1冊におすすめなのが

コチラの本です。

鑑賞のための西洋美術史入門
視覚デザイン研究所 早坂 優子 (著)

難易度:1

 

「ゴシックって何?」
「レンブラントって誰?」
「ピカソってどう凄いの?」

 

そんなゼロからしっかり
西洋美術史の流れ抑えたい
あなたにはこちらの1冊がおすすめ。

 

私もしっかり読み込んだのは
この本が初めてでした。

 

この本では中学生でも読めるような
簡単な文章で

古代ギリシャから現代アート
作品を紹介されています。

 

フルカラーでその時代の
有名な絵画や彫刻が紹介されています。

 

その作品が生み出された社会的背景や
当時の政情についてもわかりやすく
解説されているので

初心者にはおすすめの1冊です。

 

 

 

「アンピール様式」
「デカダンス」

なんのことだか皆さん分かりましたか?

このような知っていそうで
知らなかった
美術鑑賞用語も紹介されています。

 

美術用語辞典という項目が
要所要所にありこのような
やや難しい用語も解説されているので

 

中級者も楽しめる1冊だと思います。

これさえ読めば、美術館の解説文も
ほぼ理解できるようになるので

企画展に行くのが楽しみになること
間違いなしです
!

あと、日曜美術館美の巨人たち
といったポップな番組もより深ーく
味わうことができるようになるでしょう。

 

↓画家になりたい人必見の無料メルマガはコチラ↓

西洋美術史おすすめ本:中級者向け

西洋美術史のおすすめ本として
次におすすめしたいのがコチラです。

デッサン学入門―創意の源泉を探る
ふくろう出版 南城 守 (著)

難易度:2.5

こちらは私が最も印象に残った
本の一冊で、とてもおすすめです!

 

美術史の流れ、用語、画家の名前、
代表作が頭に入ってきたら

この1冊に挑戦してみましょう。

 

この1冊はとてもユニークな本なんです。

ルネサンスから現代までの
西洋美術史全ての作品を

「形態」、「光」、「色彩」
「内的イメージ」の4項目の

どれかに分類して説明しています。

 

 

 

線描で「形態」を捉える
ルネサンスのフィレンツェ派から始まり

「色彩」で立体的な空間を捉える
ヴェネチア派と続きます。

 

 

線描重視のフィレンツェ派
(ボッティチェリ作)

 

 

色彩重視のヴェネツィア派
(ティツィアーノ作)

 

その間の価値観(形態を色の変化で表す)
「光」が紹介され

最後に作家自身の内面や身体的躍動を
反映した「内的イメージ」という

 

主観的な要素が加えられます。

 


この本では西洋美術史上の
あらゆる作品を

「形態」、「色彩」、「光」
「内的イメージ」の4要素に分解して
解説しています。


(例えばルネサンスのフィレンツェ派
は「形態」重視、ヴェネツィア派
「色彩」

バロック絵画は「光」
シュルレアリスムは「内的イメージ」

 

といった感じです。

 

 

 

「光」重視のバロック絵画
(レンブラント作)

 

 

「内的イメージ」重視の
シュルレアリスム (ダリ作)

 

時代ごとの大まかな傾向のみならず
有名な画家それぞれのデッサン観も
詳しく解説されています。

 

(例えば同じフィレンツェ派でも
ボッティチェリは「形態」重視で
ダヴィンチは「光」重視でした)

 


ボッティチェリ作

 

 


ダヴィンチ作

 

著者がアーティスト兼キュレーター
ということもあり

「美術史」の本としてだけでなく
「技法書」としても読める

 

一石二鳥な濃い一冊だと思います。

 

 

絵の描き方が知りたい人
美術史や絵画を見るのが好きな人

どちらも楽しめる1冊になっています。

 

 

↓画家になりたい人必見の無料メルマガはコチラ↓

西洋美術史のおすすめ本:上級者向け

西洋美術史のおすすめ本として
最後におすすめしたい本を紹介します。

ここまで紹介した本を読んでこられて
理解できた貴方に最高の難易度の1冊を
ご紹介します。

これさえ読めれば
もう初心者は卒業です。

グリーンバーグ批評選集

Clement Greenberg (原著)
藤枝 晃雄 (翻訳)

難易度:5

 

この本はかなりの強者でした。
私も同じ行を何度読み返したことか…

読了するのに夏休みを
丸々使ってしまいました。


でも読み終えた後の達成感、充実感
美術史への理解の深まりは
代えがたいものでした。

 

自信のついてきた方は
是非挑戦してみてください。

 

 

前置きが長くなりましたが
概要に入ります。

 

このクレメント・グリンバーグとは
誰なのか?

ここまで読まれた方は
ジャクソン・ポロックはご存知かと
思います。

 


グリンバーグはジャクソン・ポロック
をスーパースターにした批評家なんです。

 

なので、基本的にこの本は
1950年代のアメリカの作家について
主に書かれた本なんです。

 

 

でも、そこに至るまでの美術史
の流れがとても丁寧に深く
前振りの部分でおさらいされています。

 

(マネやピカソについての記述が
とても面白かったです。)

 

「現代美術」を時系列で紹介した
多くの本がこのジャクソン・ポロック
の活躍した時代:アートの中心が
アメリカに移った時代から始まる
ことが多いんです。

 

つまり、グリーンバーグ批評選集を
読みこなせば、ヨーロッパ中心の
西洋美術史の流れに加え

アメリカ中心の現代美術の歴史の基礎
も抑えることができます。

 

読み応えのある1冊なので
是非挑戦してみてください!

 

美術史のおすすめ本は他にもいろいろ

まとめ

 

今回はこれから美術史、絵画鑑賞を
知っていきたい方へおすすめの本を
紹介しました。

 

美術史の知識があると、美術館や
ギャラリーで絵を見るのが
楽しみになりますよ。

 

きっとより深くアートを味わい
楽しめるはずです。

 

それではまた。

【アーティスト必見】今すぐ読みたいおすすめアート本を紹介

2018.08.16

初心者にもおすすめ! 現代アートのわかりやすい本3冊を紹介

2017.09.22

【初心者向け】デッサンや油絵の描き方を解説したおすすめ本4選

2017.09.21

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

日本では個展を開いても絵は売れないのか?

「日本のギャラリーでは個展をやっても
絵が全く売れないので、海外に行きたい
と思います。」

こんな声をメルマガ読者さんから頂くことがあります。

確かに、海外の方が絵が売れる場所も
多いでしょうし、絵を買う人が多いのも
事実でしょう。

しかし、「誰も所有したくない絵」は
どこへ出しても売れません。

そして、日本でも正しい準備をすれば、
絵は売れます。

実際、私のメルマガで学んだ読者さんでも

今まで1枚も絵を売ったことがなかったのに
1回の個展で4枚も絵が売れるようになった
画家さんもいらっしゃいます。

彼へのインタビュー記事を書いてみたので
是非チェックしてみてください。↓

 

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
7日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。

 

 

 

 

 

【絵画×癒し】絵画と自己対話の教室