【大失敗】売れない絵の特徴や原因、立ち直り方について解説

つい昨日まで行われていた展示が
無事終わりました。

見に来てくださったお客様
絵をお求めくださったお客様

 

本当にありがとうございました。

さて、気になる成績ですが
今回は残念なものでした。

 

10点出品中2点の売約
という微妙な結果でした。

 

経費を考慮すると
プラスマイナスゼロくらいですね…

 

最近の展示が好調だった分
少し落ち込みます。

 

 

過去の展覧会レポートはコチラ

 

 

↑のみニケーションで盛り上がる画家たち

 

今回はプロの作家6名による展示で
全体の成績はとても良かったので反省です。

 

「皆はうまくいっているのに自分は不調」
というのはしんどいものですよね。

 

今回は展覧会が失敗してしまった時
すべきことや、絵が売れない原因について
解説しようと思います。

 

 

正しい反省が大切

 

 

 

「絵が売れないのは才能がないからかな」

 

絵がなかなか売れないと、こんな風に
考えてしまうことも多いかと思います。

実際、こんな理由で絵をやめてしまう方は
多いと思います。

 

しかし、画業での挫折もビジネスの失敗
としてとらえるべきです。

 

つまり、才能がないから失敗した
でなく

集客、商品、顧客の不十分さにより
失敗したと考えるべきなんですね。

今回の私の場合は出品点数が少なすぎた
ことが敗因でしょう。

 

オーダー作品の準備に追われ
新作を用意できなかったことも大きいです。

 

プロの画家として暮らすためには
常に新作があるということは
重要なんですね。

 

(今ある絵は、これまでの展示で
1度も売れなかった絵だからです。)

 

 

絵では暮らしていけない?

 

 

「普段はどんな仕事してるの?」

 

展示会場ではお客様に
こんなことをよく聞かれます。

日本においては専業画家などありえない
と思われているんですね。

 

実際、美術の先生をしながら
制作を続ける画家は多いですが

 

どうして絵で食べるのは
難しいんでしょうか

 

 

自分の才能を信じられるか

 

私の知る限り
画家として生きている方々は

必ずしも抜群に絵がうまく、
抜群のビジネススキルがあり
抜群に人気者で
抜群に頭が良い

 

わけではありません。

 

しかし、自分の作品、ひいては
画家としての生き方に
自信を持っている方が多いようです。

 

 

画家という生き方とは

 

画家とは当たり前ですが絵を描く人です。

しかし画家として生きていこうとすると

会場に営業をかけたり、メディアの取材
に応じたり、告知のために
ブログを書いたり

 

とやることは山ほどあります。

 

しかし、絵を描く時間を守ることは
とても重要です。

↑自戒の意味も込め言っています(笑)

 

制作中心の生活でないと
画家にはなれないんですね。

 

展示では最悪でも赤字は出さないよう
結果を出し続けなければいけないんですね。

 

 

日本で絵は売れない?

展示会場でお客様によく言われることで

「日本で絵は売れないよね。」

 

確かに海外に比べ日本では絵を買って
飾る習慣が根づいていません。

 

それではどうすれば絵を飾るのが
当たり前になるんでしょうか。

 

 

インテリアとしての絵画

多くの画家は10万円以下の買いやすい値段で
絵を売り始めます。

しかし、彼らの多くは
貸し画廊や百貨店などで絵を売っています。

 

貸し画廊は1週間の展示で15万円~など

ほとんど客が来ないにもかかわらず
法外な値段で画家から集金しています。

 

美大生が思い出作りのために
なけなしのバイト代を数名で出し合って
展示を開く。

でも来るお客さんはほぼ友達ばかり…

 

絵は売れるはずもなく赤字で会期が終わる
なんていう悲劇は日常茶飯事です。

 

普段興味のない人は
貸し画廊にはいかないので

絵に普段興味のない人でも
「あの絵いいな」

と思える状況を作ることが
必要なわけです。

 

最近ではカフェギャラリーや
壁面で絵を展示販売できるレストラン
もあるようです。

 

高級な大手チェーンのカフェ等で
展示販売企画などを目指す作家も
いるようです。

 

 

絵がうまいのに売れない原因

 

「こんなにうまい絵がなぜ売れないのか。」
「絵を続けているけどなかなか売れない。」

そんな悩みを持つ方は多いと思います。

 

絵がなぜ売れないのか!?

私なりの考えも交え
書いていこうと思います。

 

 

勉強不足?

私の作家仲間でも

「なんか気が引けて質問できない。」
「怖くて自分をアピールできない。」

 

という方はちらほらいます。

心優しく善良な愛すべき彼らは
悲しいことに苦労していることが多いです。

 

嫌われることを恐れず、ぐいぐいと
主張する方々の方が成功している
印象があります。

 

聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥
という言葉がありますが

貪欲に誰からでも、なんでも学ぶ人
のほうが成功していくようです。

 

 

売り込み過ぎ?

上の話と矛盾するようですが、
売り込みはまずいんです。

欲しくもない物を売り込まれると
誰でも逃げたくなります。

 

どんなに物腰が柔らかでも
「買ってください」と言われている
と思えば意地でも買わないと思うでしょう。

 

欲しいという人の背中を押すくらいの意識
で接客するのが良いのかもしれません。

 

 

「あなたの絵が欲しいので売ってください。」

このセリフを言われたとき
私は本当にうれしかったんです。

 

この気持ちを味わえるような姿勢で
日々制作しています。

 

売れっ子画家の接客方法はコチラ

 

 

下手でも売れる絵もある!?

「あの画家は売れてるけど、上手くない。」
「売れているのは所詮は売り絵だ。」

 

さすがに面と向かって私に
こんなことを言ってくる人はいませんが、

そんな意見を持った「専門家」は
多いようです。

 

上手くないのに売れている画家は
実際います。

しかし、彼らは市場の声を、
お客さんのハートをしっかり
とらえています。

 

へたくそなのに売れている!
とひがんでみるより

売れている人が何をとらえているのか
学ぶ姿勢が重要かと思います。

 

絵を買う人は上手い絵のみを
求めているわけではないんですね。

 

バスキングとは?

 

路上で絵や色紙を並べ売るイベントや
パフォーマンスをすることを
バスキングと言います。

日本ではあまり一般的ではありませんが
海外では多く、一般の方にも
理解されているようです。

 

 

路上でよく売れる絵

 

バスキングで売れる絵とは
どんな絵でしょう。

ポストカードや色紙なら500円~1000円
が多いようです。

 

日本ではポストカードや大きくても
A4サイズの作品が良く売れるようですが

海外では大きい絵も売れるようです。
海外でのバスキングではA3サイズ以上の
作品も並べると良いでしょう。

 

ちなみにバスキングはオーストラリア、
オランダ、アメリカあたりが
おすすめのようです。

 

バスキングでは海の生き物を描いた
作品が良く売れるといいます。

中でも亀やイルカ、タコなどシルエットの
はっきりした動物が人気のようです。

他には、花や犬、キリンや女性を描いた絵
もよく売れるようです。

 

売れる絵について詳しくはコチラ

↓画家になる方法はコチラ↓



画家になる メルマガ
メールアドレス

画家の秘密を特別公開中!

画家になる メルマガ
メールアドレス