売れる絵と売れない絵の違いとは プロの画家が解説

こんにちは!画家の黒沼です。

今回のテーマは
売れる絵と売れない絵の違いです。

メルマガ読者の方から
こんな質問を頂きました。

質問

絵が上手くても全然売れない人もいれば、

多少絵が下手でも売れる人も
いるかと思います。

 

売れる絵と売れない絵には
どんな違いがあるのでしょうか?

売れる絵の特徴とは

回答

絵は上手いに越したことはないですが、

上手くなければ売れない
わけではありません。

絵がさほど上手くないひとでも、必要な
ポイントを押さえて、私の数倍売っている
画家さんもいらっしゃいます。

 

そして、その売れる絵のポイントとは、
【飾りやすさ】といえます。

飾りやすい絵の具体例としては

・花鳥風月が描かれた絵
花の絵、動物の絵、風景画などです。
これに加え、美人画も最近は人気です。

他には、描写の密度のある絵や、
箔を扱った絵などの存在感のある絵
も売れやすいです。

売れない絵の特徴とは

逆に売れづらい絵は、エログロ完全抽象画
など、日本人が鑑賞に困ってしまうような

【飾りづらい絵】といえます。

 

売れる絵、売れない絵は場所によって変わる

 

【飾りやすい絵】の基準はお客様の住む場所
によっても変わってきます。

 

これまで私は

東京、大阪、広島、横浜、埼玉、仙台
などなど日本全国の百貨店で
展覧会を開いてきました。

例えば東京や大阪といった大都市の会場では、

華やかで小さい作品
好まれる傾向があります。

比較的小さい家に住む都会人の気質を
考えるとこの傾向は理解できます。

 

また逆に仙台広島といった地方都市では
落ち着いた絵が好まれます。

また、家のサイズが大きいので
大都市よりも大きい作品が
売れることも多いです。

 

売れる絵の額装とは

また、絵の売れやすさは絵自体だけでなく、
額縁との相性にも影響を受けます。

 

額縁もやはり【飾りやすい】物が良いので、
シンプルで暗いいろのものよりも、
華やかで明るい印象の物の方が好まれます。

 

作品の色彩との相性も重要で、
長年売れなかった絵が、

額縁を変えた瞬間に売れる
なんてこともあります。

 

有名な画家の絵は売れやすい

また、絵の売れやすさは絵自体だけでなく
作家の知名度や魅力にも影響を受けます。

残念ながら我々無名の作家の一点物
の作品よりも有名な物故作家の版画
の方が高い値段でよく売れるものです。

 

売れる絵を描く画家の特徴

しかし、我々、存命の作家にしか
できないこともあります。

それは作家の立場でお客様に
作品説明をするということです。

 

絵がほとんど売れない理由

 

ほとんどの絵の展覧会では、
会期中会場には画廊のスタッフ
しかおらず、閑散としています。

 

画家が来るのは土日の昼間だけ
というパターンが多いです。

しかし会期中、ずっと会場に
作家がいる展覧会では
絵が良く売れます。

絵を買うお客様は作品
それ自体だけでなく、

作家がどんな人で、どのような思いで
作品を描いたのかに興味を持つ方も多いので、

作家自身が作品の説明をすると
作品が売れることも多いのです。

絵を売るためには在廊しよう

会期中ずっと会場にいるのは
大変かもしれません。

 

仕事を休む必要もありますし、
交通費もかかります。

しかし、駆け出しの画家には
おすすめです。

 

会期中ずっと会場にいることで

・絵を買う人がどんな人か
・絵が売れるのはどんな時間帯か
・自分にとっての売れる絵はどんなものか

といったことがわかるようになります。

是非、実践してみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
7日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。