卒業制作「premodernism」について批評を書いて頂きました

どうも 絵画をたしなむを運営する
画家の黒沼です!

 

この度、批評家の笹山央先生の雑誌
「人は日々」の創刊号にて

私の卒業制作の批評を書いて頂きました。

 

笹山先生によるインタビュー動画はコチラ

 

 

 

 

↓雑誌の中身をチラ見せ↓

 

今回は私はベテラン作家に混じって
新人紹介のページでとりあげて頂きました。

 

私以外の作家さんはベテラン揃いなだけあって
レベルの高い作品ばかりでした!

工芸評論家の先生の雑誌だけあって、
本当におしゃれで洗練された雑誌でした!

 

こちらサイトからお手頃な値段で購読できるので
おすすめですよ!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

日本では個展を開いても絵は売れないのか?

「日本のギャラリーでは個展をやっても
絵が全く売れないので、海外に行きたい
と思います。」

こんな声をメルマガ読者さんから頂くことがあります。

確かに、海外の方が絵が売れる場所も
多いでしょうし、絵を買う人が多いのも
事実でしょう。

しかし、「誰も所有したくない絵」は
どこへ出しても売れません。

そして、日本でも正しい準備をすれば、
絵は売れます。

実際、私のメルマガで学んだ読者さんでも

今まで1枚も絵を売ったことがなかったのに
1回の個展で4枚も絵が売れるようになった
画家さんもいらっしゃいます。

彼へのインタビュー記事を書いてみたので
是非チェックしてみてください。↓

 

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
7日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。

 

 

 

【絵画×癒し】絵画と自己対話の教室