日本一の百貨店での個展が成功を収めました!展示テクも特別公開

 

 

 

どうも!絵画をたしなむを運営する
画家の黒沼です。

 

つい先日まで行われた新宿伊勢丹での
個展は無事終了いたしました。

見に来てくださったお客様、
拙作を購入してくださったお客様

本当にありがとうございました。

 

今回は日本一の百貨店での個展ということで
緊張の1週間でしたが

お陰様で無事成功を収めることができました。

 

今回は絶対に結果を出したい展示だったので、
念入りに様々な工夫を凝らして臨みました。

 

今回行った展示テクニック

特別公開するので、
是非チェックしてみてください。

 

若手作家が日本一の百貨店でとった展示戦略

日本一の百貨店美術画廊で展示をするからには
やはり数字を出すことが期待されます。

若手作家ということもあり、
作品の値段の安い私は

日本一の百貨店のスタッフを満足させる
数字を出すにはどうすべきか悩みました。

 

今回凝らしたいくつかの工夫を特別に
公開します。

 

英語対応のキャプション

 

今回の会場は都心にあることもあり
英語での、キャプション、作品解説文
が必要でした。

 

 

実際、会場でも何度か英語での接客が必要
な場面がありました。

 

 

変形サイズを利用した価格設定

絵の値段の決め方の記事でも説明した通り

絵の値段は
号単価×号数+額の値段で決まります。

 

アートマーケットにおいて
若手作家の号単価の上限は
25000円といわれています。

まだまだ若手の私は、よほど大きい絵を描いて
何枚も売らない限り、ベテランと競うことは
難しいというわけです。

 

さらに今回の会場はメインのギャラリー
でないため大作を飾れない会場でした。

 

そこで、私は号単価値段を計算できない
変形(特殊な形の画面の作品)で展示に
臨みました。

号いくらで値段が決まらないからです。

 

↑のようにミニアチュール4枚が
組み合わさった変形作品を出展し
無事ご購入いただきました。

 

 

 

素敵な瞬間に立ち会えました

今回、作品をご購入頂いたお客様で
会期中誕生日の方がいらっしゃいました。

そのお客様は会場のお得意様のようで
会期中にバースデーパーティーが
開かれました。

私も参加させていただき、お祝いしました。

 

成績発表

 

 

展示のたびに行っている成績発表ですが、
今回は満足のいく結果が得られました。

9枚出展中、5点の売約が決まりました。
稼働率40%以上が目標だったので成功です。

 

また金額でも今までで最高の売り上げを
日本一の百貨店で出すことができました。

これには画商さん、会場のスタッフさん、
皆が喜んでくださいました。

 

前回の展示が残念な結果に終わっただけに
本当に良かったです。

今回、ご縁をくださった皆様、
本当にありがとうございました。

また、今回は都心での展示ということもあり
たくさんの友人が見に来てくれました。
みんな ありがとう!

 

↓画家になる方法はコチラ↓



画家になる メルマガ
メールアドレス

画家の秘密を特別公開中!

画家になる メルマガ
メールアドレス