[西洋美術史]イコンやモザイク壁画などキリスト教美術の有名作品を解説

 

 

 

どうも 絵画をたしなむ を運営する画家の黒沼です。

 

 

 

これまで、記事を書いてきて

 

 

 

画家の名前を引用して説明したりすることが結構あり、話が専門的になりすぎる

 

 

 

ということが気になっていたので、今回も西洋美術史についての記事を易しく書いていこうと思います。

 

 

 

初心者でも、玄人でも楽しめる記事を目指して頑張って書いていきたいと思います!

 

 

 

今回はの初期キリスト教美術について解説します!

 

 

 

当時の音楽とともにお楽しみください!

 

 

 

スポンサーリンク



初期キリスト教美術とは

 

 

 

 

 

 

 

 

前回のローマの記事では、ポンペイなどの享楽的な美術を紹介しましたが、当時のローマ帝国では同時にキリスト教美術も発展していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ポンペイの壁画がかなり奔放(笑)であった↑のに対し、キリスト教美術は当然、より禁欲的、教訓的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回も登場した、この特徴的なお顔のコンスタンティヌス帝が313年にキリスト教を公認するまで、ローマ帝国ではキリスト教は迫害されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

当時多神教の宗教を信じる者の多かったローマ帝国ではキリスト教徒はカタコンベという地下墓所で集会をしていました。

 

 

 

この頃のキリスト教壁画はシンボルに満ちています。

 

 

 

 

 

 

 

この画像の「善き羊飼い」はキリストの象徴だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

この画像の「泉に集まるハト」は教会に集う信者を表します。

 

 

 

このように、キリスト教にまつわる話を隠語のような形で伝えるため、多くの象徴が生み出されたんですね

 

 

 

キリスト教の話を公然とできない、迫害されていた当時のキリスト教徒が生み出したのが、このような象徴的表現 ともいえますね。

 

 

 

コンスタンティヌスによる、313年のキリスト教公認後は、大規模な教会が数多く建てられます。

 

 

 

 

 

 

 

また、文字の読めない人々に聖書の物語を広めるため、モザイク壁画がつくられます。

 

 

 

描かれる図像は単純化、図式化されており、リアルな3次元的表現よりも、物語の説明が重視されています。

 

 

 

この頃の教会は大きく分けて、バシリカ式集中式に分けられます。

 

 

 

バシリカ式は↓のように、列柱の奥に祈りの場があるのが特徴です。

 

 

 

 

 

集中式は↓のように教会中央に祈りの場があるのが特徴です。

 

 

 

 

 

 

この頃の教会は質素な外観に反し、壮麗な内部空間を持つのが特徴です。

 

 

 

 

 

ビザンティン美術

 

 

 

 

 

 

ローマ帝国はコンスタンティヌス帝の時代に東西に分裂します。

 

 

 

西ローマ帝国滅亡後の6世紀以降は遷都先のビザンティウムから、ビザンティン帝国となります。

 

 

 

ビザンティン美術の特徴はキリスト教ギリシア古代ペルシャの文化が混ざったようなものになっていました。

 

 

 

皇帝を神として崇めた古代ペルシャの伝統を受け継ぎ、ビザンティン美術では、皇帝を神のような厳格な図像で表現したものが多いです。

 

 

 

 

 

多くのモザイク画が正面向き左右対称の動きのない構図で皇帝を描き、超越的な雰囲気に仕上げられました。

 

 

 

この頃 イコンという礼拝用の聖人画が登場します。

 

 

 

 

 

 

持ち運びできるものも多く、これさえあれば教会まで行かずに家で礼拝ができたんですね。

 

 

 

ビザンティン美術の時代、画家に自由に描く権利はほとんどなく、厳しい制約が数多くありました。

 

 

 

幾多の聖像論争の結果「キリストのこの場面はこう描くべき」というようなルールがたくさんあったんですね。

 

 

 

この頃画家が自由に描けたのは衣服のひだくらいだったようで、そのためこの時代の絵の衣服はユニークなものが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

ビザンツ帝国の末期になるとようやく、画家の思いのようなものが、絵画に反映されはじめます。↓のように聖人の強い感情を描いた作品も登場します。

 

 

 

 

 

 

ローマ帝国滅亡後

 

 

 

みんなでGo(375年) ゲルマン人大移動 で覚えた方も多いはず

 

 

 

この頃、西ローマ帝国は滅亡し、ゲルマン人による国家が建てられます。

 

 

ゲルマン人は系統的には、バイキングや今のドイツ人の先祖です。

 

 

 

 

ローマに住んでいたラテン人陽気で享楽的で奔放でしたね

 

 

 

これとは対照的に、ゲルマン人生真面目で血気盛ん、神経が細かい 感じのイメージなんです。

 

 

 

そんなゲルマン人の建てたメロヴィング朝では↓のような細かい貴金属細工などが多く作られました。

 

 

 

 

 

勇猛な民族らしい動物がモチーフの美術が多いようです。

 

 

 

また、ローマの支配から解放されたアイルランドでは↓のようなどこまでも細かい文様の美術が多く作られました。

 

 

 

 

 

これはケルズの書と言います。

 

 

 

アイルランドに住んでいたケルト人装飾的で、抽象的な文様を好んでいたようです。

 

 

 

メロヴィング朝に続くカロリング朝ではカロリング・ルネサンスというローマ時代の文化の復興運動が起きます。

 

 

 

ゲルマン人の動物の金細工や、ケルト人の抽象的な細密写本押されて、ローマ時代の人物表現は力を失っていました。

 

 

 

カロリングルネサンスはこのローマ時代の人物表現を復興したんですね。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

今回は初期キリスト教美術ビザンティン美術について紹介しました。

 

 

初期キリスト教美術、ビザンティン美術の特徴をまとめると

 

 

・キリスト教徒にしか伝わらない象徴的表現

・教義上の制約の中での制作

・ケルトやゲルマン化したキリスト教美術の登場

 

 

という感じですね。

 

数多くの制約の中、キリストやマリアを描いた画家たちはアーティストというよりも、生真面目な職人だったんですね。

 

 

 

モダンで自由な雰囲気は当然ありませんが、職人技の冴えが感じられて、私は結構好きです。

 

 

 

次回は中世の教会建築について紹介します。

 

それではまた。

 

↓西洋美術史についてはコチラ↓

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
7日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。