[西洋美術史]ターナーやドラクロワなどロマン主義の有名作品を解説

画家のためのブランディング術を期間限定プレゼント

 

どうも、寒い時期は本を買い込んで、籠って読書がしたい黒沼です。

 

 

 

最近また何冊かアートの本を仕入れたので、面白いものがあれば、書評記事で、また紹介しようと思います!

 

 

最近は続けて、西洋美術史シリーズを書いています。

 

 

美大に通う私が美術史の授業、教授の話、本で手に入れた美術史情報をアップしていくので、チェックしてみてくださいね!

 

 

 

今回はロマン主義の美術について解説します!

 

 

 

この時代は音楽の黄金時代でモーツァルトやベートーヴェン、ショパンなどスーパースターぞろいで選曲に迷いましたが、これにしました。

当時の音楽とともにお楽しみください。

 

 

スポンサーリンク



ロマン主義とは

 

 

 

軽薄すぎたロココ様式の反動として、理知的な新古典主義が登場しました。

 

 

 

今度は理知的な新古典主義への反動として、感覚重視のロマン主義が登場します。

 

 

 

こんな感じで、文化は前の時代への反発から生まれるんですね~

 

 

 

さて、今回取り上げるロマン主義は「愛と苦悩」をメインテーマにしていました。

 

 

 

ロマンス=恋愛なのは、この時代に書かれた小説に恋愛モノが多かったからのようです。

 

 

 

 

絵画に関しても、当時の文学同様、非常に感覚的、激動的なものが多いです。

 

 

 

新古典主義の美術は古代ギリシャローマを唯一の美の基準とし、神話のワンシーンをモチーフにしていました。

 

 

 

 

これに対し、ロマン主義の画家は美の基準は多様だ。人の数だけある と主張したんですね。

 

 

 

 

 

 

そのため、モチーフには神話よりも感情移入しやすい、当時の事件小説が選ばれました。

 

 

 

 

 

 

また、ラブロマンスがそうであるように、ロマン主義の絵画にも、現実逃避的な性格がありました。

 

 

 

このため、異国の風景、オリエンタルなもの(ヨーロッパから見て東にある国全般)への憧憬もモチーフになりました。

 

 

(このロマン主義の現実逃避的側面は後のリアリズムで批判されます。)

 

 

 

フランスのロマン主義画家

 

 

 

・ジェリコー

 

 

 

 

 

 

ジェリコーはロマン主義を初めて打ち出した画家と考えられています。

 

 

1819年にジェリコーは「メデュース号の筏」という絵画をサロンに発表します。

 

 

 

この絵画はとても斬新なものでした。

 

 

 

何が斬新だったかというと、当時起きた実際の事件を描いたものだったという点です。

 

 

 

フランスの軍艦が沈没し、いかだで、漂流した生存者の生々しいエピソードをもとに描かれました。

 

 

 

さらにすごいのが、この作品を描くための習作です。↓

 

 

 

 

 

すごい迫力ですね~

 

 

 

ジェリコーは他にも、馬の画家としても有名です。

 

 

 

 

 

後に動画撮影技術が発明されたとき、ジェリコーの絵のように馬の足は動かないことがわかり、話題になったようです。

 

 

 

 

 

・ドラクロワ

 

 

 

 

 

ドラクロワはロマン主義の代表のような画家です。

 

 

 

ドラクロワはヴェネツィア派ルーベンスの絵画を参考に、荒々しい筆のタッチ、激しい色彩の絵画を目指しました。

 

 

ドラクロワの作品は当時のサロンで絶賛と非難の両極の評価を受けました。

 

 

 

それだけ、衝撃的で存在感のある画家だったんですね。

 

 

 

ドラクロワは異国の風景当時の事件小説のワンシーンなど、まさにロマン主義らしいテーマの絵画を描いています。

 

 

 

 

 

 

 

「アルジェの女」には黒人女性が描かれています。異国趣味を感じる作品ですね。

 

 

 

 

 

 

有名な「民衆を導く自由の女神」は当時の事件、7月革命がモチーフです。

 

 

 

 

 

「オフィーリアの死」は当時大流行したシェイクスピアの「ハムレット」のワンシーンです。

 

 

 

スペインのロマン主義画家

 

 

スペインのロマン主義の画家で最も有名なのはゴヤです。

 

 

 

しかし、ゴヤはまさに波乱万丈の人生で、ロココ風肖像画家ネオ・バロック風の宮廷画家ロマン主義的な「黒い絵」の時代

などなど、作風を目まぐるしく変えていった画家でした。

 

 

 

 

↑ロココ風の優雅な肖像画

 

 

 

 

 

↑ベラスケスやレンブラントの様式を復活させたネオ・バロック様式

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑聴覚を失ってからは、内面を吐露するようなロマン主義的な「黒い絵」を描きます。

 

 

 

イギリス、ドイツのロマン主義画家

 

ロマン主義の時代、イギリスとドイツではフランスとは異なる流れが生まれました。

 

 

 

イギリス

 

 

 

・ターナー

 

 

 

 

風景画で有名なターナーはこの時代の画家です。

 

 

 

人間は自然の一部だ という感性を持つ東洋人とは対照的に、ヨーロッパでは古くから自然は、恐ろしく、征服すべきものでした。

 

 

 

そのため、風景が絵画の主役になることはなく、あくまで人物を引き立てる背景部分でした。

 

 

 

ロマン主義のターナー以降、風景が絵画の主役になる風景画というジャンルがうまれます。

 

 

 

 

 

 

ターナーの描く風景は決して穏やかではない、恐ろしくも息をのんで見とれてしまうものでした。

この、恐怖と感動が共存する「崇高さ」というテーマはロマン主義メインテーマのひとつなんですね。

 

 

 

・カンスタブル

 

 

 

 

 

この頃のイギリスは他国に先んじて産業革命を経験し、近代的な都市が生まれ、急速に工業化していました。

そんな中、カンスタブルは自然の残る田舎に残り、ロマンティックなうっとりするような風景画を描きました。

 

 

・ブレイク

 

 

 

 

 

先ほどのドラクロワの「オフィーリアの死」のようにロマン主義の絵画にはよく、文学作品をテーマにしたものが多くあります。

ブレイクは挿絵画家として、多くの文学作品をビジュアル化しました。

 

 

 

 

 

 

 

詩人でもあったブレイクの描く絵は霊感を感じるような神秘的なものが多いですね。

 

 

 

・フュースリ

 

 

 

 

 

 

フュースリもブレイク同様、神秘的なモチーフを描きましたが、彼はもっぱら夢をテーマに描きました。

 

 

 

夢の中のような絵画ならではの幻想的な世界を描いています。

 

 

 

 

ドイツ

 

 

 

・フリードリヒ

 

 

 

 

 

フリードリヒの描く風景画はまさに「崇高さ」のビジュアル化でした。

 

 

 

それでいて、ターナーのような激しさはなく、まさに「思想のドイツ」的な瞑想的な作品を描いています。

 

 

 

ルンゲ

 

 

 

 

 

ルンゲもドイツ人らしい、幻想的な風景画を描いています。

 

 

 

フリードリヒの作品以上にスピリチュアルな雰囲気をもつ、作品ですね。

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

今回はロマン主義について取り上げました。

 

 

 

ロマン主義は伝統的な絵画の形式をとりつつ、画家の内面世界が見えるような絵画がたくさんあって、見ていて飽きませんね~

 

 

 

作品=作家個人の表現 という図式が出来上がったのもこの頃なんです。

 

 

 

 

ロマン主義の特徴をまとめると

 

・同時代の事件をモチーフに描いた

・異国や小説、夢など、幻想的なテーマが好まれた

・作家個人の表現が現れはじめた

 

 

 

という感じですね

 

 

 

 

次回はレアリスムについて紹介します。

 

 

 

それでは。

↓西洋美術史についてはコチラ↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
7日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。