[西洋美術史]カンディンスキーなどドイツ表現主義の有名作品を解説

 

こんにちは。次回の展覧会に向け
急ピッチで準備中の黒沼です。

私の展覧会についてはコチラ

今日は、お客様に送る展覧会の招待状を
詰める作業に追われていました。

 

因みに中身はこんな感じです。
展覧会DM、名刺、案内状を茶封筒に入れます。

 

招待状の中身についてはコチラ

 

 

全部で100通以上ありますよー。

 

プロの画家の間ではよく
「告知、集客は会期前に終わっている。」
と言います。

一人でも多くのお客様に見に来て頂くため
の事前の準備が重要なんですね。

 

さて前置きが長くなりましたが、
今日はドイツ表現主義について紹介します。

 

当時の音楽と共にお楽しみください。

 

スポンサーリンク



ドイツ表現主義とは

 

 

ドイツ表現主義とは20世紀の初めに
ドイツで起こった芸術潮流です。

表現主義とはゴッホゴーギャンが始めた
絵画を感情表現の手段とする潮流です。

 

ドイツ表現主義には
キルヒナー率いるブリュッケと、
カンディンスキーが有名な青騎士があります。

 

ブリュッケがドイツ人のドイツ的な表現
であったのに対し、青騎士はヨーロッパ全土に
影響を与えた前衛的集団でした。

 

 

ブリュッケとは

 

ブリュッケはドレスデンの
建築大学の学生により結成されました。

キルヒナーや、ブライル、ミューラー
が初代メンバーです。

 

中世のドイツの木版画のプリミティブな世界に
影響を受け、黒く太い輪郭線を特徴としています。

当時の機械文明、都市文明に対する人間性の回復
を鋭いフォルムや純色の色彩で表現しました。

 

 

プリミティビズムとは

 

未開の社会の芸術文化を用いた、素朴な線、
色彩、形を特徴とした力強い生命力を持つ
作品です。

当時の世紀末の都市化したヨーロッパの
機械文明への反発から登場しました。

 

 

 

青騎士とは

 

青騎士はミュンヘンでカンディンスキーやマルク
を中心に結成されました。

二人に共感する画家の自然な集まりとして始まり
芸術、文学、音楽のいずれも精神から出発すると
考え、幼児芸術や民族芸術などを称揚しました。

 

カンディンスキーは
「純粋な色彩と形だけで絵画は独立し得る。」
としました。

このため、カンディンスキーを抽象絵画の始まり
とする者は多いです。

 

カンディンスキーの絵画の構成方法についてはコチラ

 

抽象絵画の基礎について詳しく知りたい方はコチラ

 

青騎士には風景を抽象化し描いたカンディンスキー

 

動物を抽象化し描いたマルク

 

人物を抽象化し描いたヤウレンスキー がいます。

 

 

 

反自然主義とは


反自然主義とは自然の美を映す鏡としての
絵画を志向した自然主義に対する潮流です。

それまで、芸術の主な目的の一つは自然の美
の模倣(ミメーシス)でした。

 

これに対し、ゴッホやゴーギャンは芸術を画家
の感情表現の手段としてとらえました。

 

まとめ

 

今回はドイツ表現主義について紹介しました。
ドイツ表現主義の特徴をまとめると

・画家の感情を反自然主義的に表現した。
・プリミティヴで素朴な造形を用いた。
・絵画を色彩と形だけで独立させた。

といった感じですね。
次回はキュビズムについて紹介します。

それではまた。

↓西洋美術史についてはコチラ↓

スポンサーリンク



画家の秘密を特別公開中!

画家になる メルマガ
メールアドレス