【画家の旅日記】絵が売れる展示方法や展示dmの活用法を紹介

どうも!久々に家に帰り
ホッと一息ついている黒沼です。

私は普段はギャラリーや百貨店での
企画展で絵画を展示、販売しています。

 

先週は展覧会があり、つい昨日まで、
毎日会場に通っていました。

それで、久々のブログ更新なわけです。

 

見に来てくださった皆様
ありがとうございました。

今日は今回の展覧会レポート
を書きたいと思います。

 

今回は作品の搬入、飾りつけや
イベントなど展覧会について、

より具体的に紹介します。

 

画家のお仕事について知りたい方は
是非チェックしてみてくださいね

 

 

画家の展覧会節約術

前回の大阪での展示でもそうでしたが、
私は遠方の会場での展示でも、

毎日会場で接客するようにしています。

 

でも個人事業主としては、
出費は抑えたいところですよね。

そこで、私は遠征の際は
夜行バスを利用しています。

 

会社によっては、

東京~大阪が2000円代で、
東京―広島が6000円代

で行けるので、リーズナブルですよ。

価格の高さで言うと

新幹線>格安航空>夜行バス

と言った感じです。

新幹線は非常に移動時間が短く、
楽ですが料金が夜行バスの倍近くします。

格安航空は安いんですが、空港までの
電車代が結構かかるので、

そこまで割安感はないんですね~

 

価格の面で、夜行バスは
お得なんですね。

 

東京ー広島だと12時間ほど
かかってしまいますが、

トイレ付きで1列ずつの
ゆったりシートのバスも多く、

慣れれば快適です。

 

絵が売れる画家のdm活用法

また、夜行バスは多くの場合、
夜出発し、早朝に到着してしまいます。

宿のチェックインは夕方の場合も
多いので、時間を持て余して
しまいますが、

この時間にできることは結構あります

 

・朝マックで充電しながらご飯

充電できるマックやカフェを見つけ、
朝ご飯を食べながら、

スマホを充電しましょう。

 

・地元の高級住宅街をチェック

マックで充電しながら、地元の
高級住宅街(会場付近が良いです)
を探し、作戦を立てましょう。

展覧会の搬入、飾りつけは
夕方の方が多いため、

その時間までに余った
DMをポスティングしていきます。

 

大体1時間で100軒まわれますよ。

DMには作品ポストカード
メッセージカードもつけると
良いでしょう。

 

ポスティングは軽装備の方が良いので、
荷物は作品と一緒の箱で会場へ

送ってしまうと良いですよ。
(服は緩衝材かわりにもなります。)

 

絵が売れる画家の展示方法

百貨店での展覧会では、
作品を配送で送り、

会期の前日の夕方に行います。

 

今回は12人の作家による
グループ展でした。

かなりの数の段ボールが届き、
一斉に100点以上の作品が

搬入、飾りつけされていきます。

 

飾りつけのコツは、均等な間隔で
作品を並べ、作品の中央の高さで
あわせる という感じです。

最後にキャプション(値札)を貼り、
スポットライトを調整し完成です。

 

 

絵が売れる画家の展覧会集客術

今回も前回同様、新聞に
取り上げて頂きました。

 

今回は毎日新聞に取り上げて頂きました。

新聞に取り上げてもらう方法はコチラ

 

絵が売れる画家の展覧会企画

今回のグループ展では、様々な企画が
仕掛けとして盛り込まれました。

 

似顔絵プレゼント

今回の展示では、会期中の
土日の午後、色紙の制作と
プレゼントを企画しました。

私も、お客様のお孫さんの
似顔絵を描き、プレゼントしましたよ~。

 

似顔絵はモデルの緊張をほぐすためにも、
面白い話をしながら、退屈させないように
描くと良いんですが、なかなか大変でしたね~

ずっと笑顔でいてくれる10歳とは
思えない良いモデルさんで助かりました~

 

展覧会限定企画

今回の展示では、広島での開催
ということで、出展作家全員が

広島をテーマに絵を描く
「私の広島」という企画を行いました。

 

こういう地元に根差した企画を用意すると、
お客様の反応も良く、メディアにも
取り上げられやすいので、オススメですよ~

作品の人気投票

今回の展示では男女6名ずつの
12名の作家が紅組、白組
に別れ作品の人気投票で競う、

紅白美術合戦というイベントがありました。

 

来場されたお客様が気に入った作家
に投票し、紅組、白組で点数を
競うイベントです。

今年で5回目となるこのイベントは、
勝ったチームが来年8月に同じ会場で
展示ができるというものです。

 

我々白組は残念ながら、
負けてしまいました…

 

絵が売れる画家の展覧会飲み会術

やっぱり夜は飲み会へ

今回も前回同様やはり、
展示の後作家仲間で

飲み会へ繰り出しました。

 

広島はお好み焼き、つけ麺、
牡蠣料理など、美味しいものが多く、

とても楽しかったです。

 

仲間と行ったお好み焼き屋では、
カープ愛に溢れるマヨネーズが
ありましたよ!

 

 

 

まとめ

今日は普段の私の画家
としての活動についてお話しました。

今回の展示の要点をまとめると

・夜行バス+ポスティング戦略はお得!

・開催地に因んだ企画を盛り込むのは大事

・お客様との会話を楽しめる仕掛けを作る

といった感じですね。

これからも画家ならではの
面白い経験やためになる話を

書いていけるよう頑張っていきます。


画家になりたい方、
絵の仕事を受けたい方
は是非、

今回の記事を参考にしてみてくださいね。

 

今回は広島での展覧会でしたが、
来月は府中へ向かいます!

それでは今日はこの辺で!

↓画家になる方法はコチラ↓

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

日本では個展を開いても絵は売れないのか?

「日本のギャラリーでは個展をやっても
絵が全く売れないので、海外に行きたい
と思います。」

こんな声をメルマガ読者さんから頂くことがあります。

確かに、海外の方が絵が売れる場所も
多いでしょうし、絵を買う人が多いのも
事実でしょう。

しかし、「誰も所有したくない絵」は
どこへ出しても売れません。

そして、日本でも正しい準備をすれば、
絵は売れます。

実際、私のメルマガで学んだ読者さんでも

今まで1枚も絵を売ったことがなかったのに
1回の個展で4枚も絵が売れるようになった
画家さんもいらっしゃいます。

彼へのインタビュー記事を書いてみたので
是非チェックしてみてください。↓

 

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
7日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。

 

 

 

【絵画×癒し】絵画と自己対話の教室