[西洋美術史]ダヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロなどの有名作品を解説

 

 

 

どうも 絵画をたしなむ を運営する画家の黒沼です。

 

 

これまで、記事を書いてきて

 

 

 

画家の名前を引用して説明したりすることが結構あり、話が専門的になりすぎる

 

 

 

ということが気になっていたので、これから西洋美術史についての記事を易しく書いていこうと思います。

 

 

 

初心者でも、玄人でも楽しめる記事を目指して頑張って書いていきたいと思います!

 

 

 

今回は盛期ルネサンス美術について解説します!

 

 

 

当時の音楽とともにお楽しみください!

 

 

 

スポンサーリンク



盛期ルネサンスとは

 

 

 

 

 

 

 

 

盛期ルネサンスとは、15世紀末から16世紀にわたる時期です。

 

 

 

30年ほどの短い間に、ずば抜けた才能を持つ画家が登場してきます。

 

 

 

ルネサンス3大巨匠として有名なレオナルドダヴィンチミケランジェロラファエロを中心とした画家たちです。

 

 

 

彼らはルネサンスの規範であった自然と古代を超えるレベルの作品を生み出しました。

 

 

 

彼らの作品の完成度の高さから、この時代を最高の時代とするみかたは19世紀末まで続いたようです。

 

 

 

今回はフィレンツェやローマを中心に活躍したルネサンス3大巨匠と、同じころヴェネツィアで活躍した画家について紹介します。

 

 

 

レオナルド・ダ・ヴィンチ

 

 

 

 

 

線遠近法によるリアルな空間

 

 

 

 

万能の天才として知られるレオナルドダヴィンチは勿論、当時最新技術であった線遠近法(パースペクティヴ)を取り入れ描いていました。

 

 

 

それまでの絵画の多くが、シーンの状況説明でした。

 

 

 

これに対し、ダヴィンチの作品は、鑑賞者のいる空間とつながってみえるような臨場感のある絵画を描きました。

 

 

 

最後の晩餐 も線遠近法をもちい、キリストと鑑賞者が同じ部屋にいるかのような演出がなされています。

 

 

登場人物を三角形に配置した三角構図も有名

 

 

 

・スフマート技法(空気遠近法)

 

 

 

 

ダ・ヴィンチは線遠近法のみならず、空気遠近法も用いました。

 

 

 

「ものに輪郭は存在しない」という彼の名言を絵画上で実現する技法で、薄く溶いた絵の具を何層も重ねて柔らかいぼかしを作りました。

 

 

 

 

 

・万能人 レオナルドダヴィンチ

 

 

 

 

レオナルドダヴィンチはまさにルネサンス的天才「万能人」でした。

 

 

 

万能人は当時、理想とされた人間像で、職業にとらわれず、普遍的な知恵を持つ天才のことです。

 

 

 

画家、彫刻家、科学者、リラ奏者、兵器デザイナーなどなどレオナルドダヴィンチは様々な肩書きをもっていたようです。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチについて詳しくはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

ミケランジェロ

 

 

 

 

 

生粋の彫刻家!

 

 

 

 

 

 

レオナルドが芸術の他に科学や工学など様々な分野に進出したのに対し、ミケランジェロは芸術(特に彫刻)に専念しました。

 

 

 

 

 

 

ミケランジェロは「肉体は魂の牢獄」という当時はやった、新プラトン主義の思想を彫刻で体現しようとしました。

 

 

 

 

石に閉じ込められた神の意思を余分な意思を取り除くことで、自分が解放する

 

 

 

これを通して、彫刻家は神のような創造が可能だと考えていたようです。

 

 

 

・自信家で頑固者?

 

 

 

 

 

ミケランジェロは教皇メディチ家など、当時の極めて有力な人間から制作依頼を受けていました。

 

 

 

権力者に屈しないミケランジェロの自信と頑固さが垣間見える面白いエピソードがいくつかあります。

 

 

 

有名なダヴィデ像の鼻の高さが気に入らなかった教皇は、制作中のミケランジェロに鼻を低くするよう命じます。

 

 

 

これに対し、ミケランジェロは教皇は何もわかってない と思い、生返事で応え、大理石の粉をばらまきながら、ノミをふるい、鼻を削るフリをして誤魔化したようです。

 

 

 

この誤魔化しに気付かなかった教皇は、何も変わっていないのに、「良くなった」と喜んだようです。

 

 

 

また、壁画の進み具合について「いつ終わるのか?」と教皇が尋ねた教皇に対し、「私が出来るときにできる」と言い張ったようです。

 

 

 

・マッチョが大好き?

 

 

 

 

 

ミケランジェロは男性の肉体こそ美しいと考えていたようで、女性の彫刻も男性をモデルにつくったようで、女性もマッチョです。

 

 

 

男性の肉体美をみせるべく、最後の審判には、凄まじい数の男性の裸体が描かれました。

 

 

 

 

あまりに裸体が多かったため、後に他の画家がふんどしを描き足すという尻拭いをさせられたようです。

 

 

 

それ以来その画家はふんどし画家と呼ばれたそう。 かわいそうに…

 

 

 

ラファエロ

 

 

 

 

 

美人が大好き?

 

 

 

 

 

「美人を描くには美人をたくさん見ないとね」  byラファエロ

 

 

 

 

 

教皇からも弟子からも女性からもモテモテだったラファエロはミケランジェロとは対照的に、美しい女性の肖像画で有名です。

 

 

 

聖母子の画家ともいわれたラファエロはたくさんの聖母子像を残しています。

 

 

 

 

 

・ルネサンス期の超優等生

 

 

 

ラファエロはレオナルドやミケランジェロの良い部分をとりいれ、総合し、ルネサンス様式を完成させた画家としても有名です。

 

 

 

先人の優れた様式をとりいれ、総合したんですね。そのおかげか、ラファエロはその後の時代、最も優れた画家、最も手本とすべき画家と考えられたようです。

 

 

線遠近法を取り入れた アテネの学堂

 

 

 

 

 

レオナルドの三角構図を取り入れた聖母子像

 

 

 

 

 

 

ミケランジェロのような力強い肉体表現

 

 

 

19世紀イギリスではラファエル前派というグループが登場しますが、これは、当時のアカデミーがラファエロを芸術の頂点とし、画家に手本とさせており、これに反抗する形で生まれたグループだったんです。

 

 

 

 

 

↑ラファエル前派の画家ミレーのオフィーリア

 

 

 

↑ラファエロ以前の偉大な画家ファンエイクの草木の表現

 

 

 

アカデミーはラファエロを最高というけど、ラファエロ以前の絵に戻ろう というのがラファエル前派の主張だったんですね。

 

 

 

そのくらい長きにわたり、美術史の中心にラファエロは君臨していました。

 

 

 

ヴェネツィア派の画家たち

 

 

 

 

・色彩が命

 

 

 

 

 

レオナルドやミケランジェロ、ラファエロがフィレンツェやローマで活躍していた頃、ヴェネツィアでも優れた画家が登場します。

 

 

 

レオナルドたちが線描(デッサン)を中心に絵画を組み立てました。(彼らはフィレンツェ派と呼ばれます)

 

 

 

これに対し、ヴェネツィア派の画家たちは色彩を中心に絵画を組み立てました。

 

 

 

具体的には、フィレンツェ派の画家たちは線描で入念に構図を決め、モノトーンで立体感を出してから、色を塗る という極めて計画的なプロセスで描いていました。

 

 

 

これに対しヴェネツィア派は、画面にいきなり絵の具で色を置きます。制作途中でも自由に構図を変更し、描きながら考えるような描き方をしていました。

 

 

 

このおかげでフィレンツェ派以上に豊かな色彩、のびやかな筆のタッチの作品が多いんです。

 

 

 

・キャンバスが登場

 

 

 

 

 

 

フィレンツェ派の多くの絵画はこの頃に描かれていました。

 

 

 

板絵は緻密に描くのに向く反面、画面の重さや、板の反りなどが原因で、大きな作品に向きませんでした。

 

 

 

港町であったヴェネツィアでは、帆船の帆の麻布を木枠に張って、キャンバスを作り、絵が描かれました。

 

 

 

海洋貿易で成功した商人が大きな絵を依頼し、ヴェネツィア派の画家がキャンバスに描いて納めた んですね。

 

 

 

ヴェネツィア派の技法について詳しくはこちら

 

 

 

絵画の依頼主が教会ではなく、商人などの一般人であったことから、ヴェネツィア派の絵画は田園風景など世俗的なテーマが多いです。

 

 

 

・ジョルジョ―ネ

 

 

 

 

 

 

 

 

・ティツィアーノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

 

今回はダヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロなど盛期ルネサンス期の画家について紹介しました。

 

 

 

その後の画家のお手本となる多くの作品が生まれた、西洋美術史上の黄金時代が盛期ルネサンス期だったんですね。

 

 

 

天才芸術家だけあり、ユニークなエピソード
も多く、とても面白い時代だと思います。

 

 

盛期ルネサンスの特徴をまとめると

 

・三大巨匠の活躍

・遠近法、明暗法、三角構図など後の規範となる技法が確立

・線のフィレンツェ派と色彩のヴェネツィア派の活躍

 

という感じですね。

 

次回は、イタリアルネサンスと同じころ、ドイツやオランダなどで花開いた、北方ルネサンスについて紹介します。

 

 

 

それではまた

↓西洋美術史についてはコチラ↓

 

 

 



画家になる メルマガ
メールアドレス

画家の秘密を特別公開中!

画家になる メルマガ
メールアドレス