[西洋美術史]デューラーやブリューゲル、ファン・エイクなど有名作品を解説

 

 

どうも 絵画をたしなむ を運営する画家の黒沼です。

 

 

これまで、記事を書いてきて

 

 

 

画家の名前を引用して説明したりすることが結構あり、話が専門的になりすぎる

 

 

 

ということが気になっていたので、これから西洋美術史についての記事を易しく書いていこうと思います。

 

 

初心者でも、玄人でも楽しめる記事を目指して頑張って書いていきたいと思います!

 

 

今回は北方ルネサンス美術について解説します!

 

 

 

当時の音楽とともにお楽しみください!

 

 

 

スポンサーリンク



北方ルネサンスとは

 

 

 

ルネサンス美術はイタリアのフィレンツェローマを中心に花開きました。

 

 

 

これと同じころ、現代のドイツやオランダ、ベルギーあたりでも数多くの巨匠が活躍していました。

 

 

 

ドイツやオランダ、ベルギーはローマから見て北側にあるので、この時代のこの地域の美術を北方ルネサンスと呼びます。

 

 

 

この頃のヨーロッパは戦乱、疫病、飢饉が流行し、世紀末的な不安に満ちていました。

 

 

そのため「死の舞踏」をテーマにした作品が流行したようです。

 

 

 

教会の腐敗を批判したマルティン・ルターがドイツで宗教改革を起こしたのもこの頃です。

 

 

 

ローマカトリック教会が資金集めのため贖宥状(免罪符)を販売→教会が腐敗→ルターが宗教改革

 

 

という流れなわけですが、きっと免罪符で儲けたお金で、ミケランジェロやラファエロに天井画や壁画を描かせたんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

免罪符のおかげで「最後の審判」がみられるんですね~

 

 

 

それがきっかけで起きた宗教改革の名手のルターの肖像画を描いたクラナーハも今回登場します。

 

 

 

 

 

 

この頃のネーデルラント(今のオランダやベルギーあたり)では、ブリューゲルやボッスなどの画家が活躍しています。

 

 

 

 

 

ネーデルラントは油絵の具発祥の地でもあります。今回は油絵の具を初めて使いこなした画家についても紹介します。

 

 

 

油絵の具を初めて使いこなした男

 

 

 

 

油絵の具を最初に使いこなし、技法を確立、整理したのが、ファン・エイクと言われています。

 

 

 

油絵の具自体はかなり古くから存在していたようです。(実は玉虫厨子の側面の絵画、捨身飼虎図は油絵の作品だそうです)

 

 

 

 

 

 

 

しかし、モチーフを写実的に描く技法を最初に確立したのはファン・エイクが初めてでした。

 

 

 

 

 

どこまで拡大しても細かく描かれた絵画は完璧な細密描写でうめつくされていますね

 

ファン・エイクについて詳しくはこちら

 

 

 

3人のブリューゲル

 

 

 

 

 

この時代多くの画家は工房で集団制作を行っていましたが、親子そろって画家というものも多かったようです。

 

 

 

幼少期から親の工房で画家の英才教育をうけていたんですね。

 

 

 

この時代の有名な画家、ブリューゲルも親子3代画家でした。

 

 

 

ピーテル・ブリューゲル(父)

 

 

 

 

 

ピーテル・ブリューゲルは田舎町の農民などの暮らしを数多く描いています。

 

 

 

中世の庶民の陽気な暮らしが垣間見える面白い作品ですね

 

 

 

ヤン・ブリューゲル(父)

 

 

 

 

 

ピーテル・ブリューゲルの子のヤン・ブリューゲルは花のブリューゲルと呼ばれています。

 

 

 

花を得意のモチーフとしていて、ビロードの色調の絵を描いていたことからビロードのブリューゲルとも呼ばれているようです。

 

 

 

ヤン・ブリューゲル(子)

 

 

ヤン・ブリューゲル(父)の子、ヤン・ブリューゲル(子)はバベルの塔を描いたことで有名です。

 

 

 

3人の中で最も緻密な作品を描いていますね。

 

 

 

不思議な世界のボッス

 

 

 

 

 

ボッスはルターの宗教改革の直前の時代に活躍しました。

 

 

 

ボッスの絵には様々な怪物や、意味ありげなシュールな場面が描かれています。

 

 

 

 

 

これは当時の腐敗しきった教会や、社会の雰囲気を様々なブラックユーモアや風刺を通して描いたんですね。

 

 

 

ちょうど、新聞の漫画が政治家の不正を風刺で皮肉るようなものですね。

 

 

 

ルターも描いたクラナ―ハ

 

 

 

 

 

この頃のドイツでは、立派な格言の刻まれた薄衣をまとうエロティックなヴィーナス像が流行したようです。

 

 

 

エロティックなヌードを飾るエクスキューズとして、ヴィーナス像であること、立派な格言が用意されたんですね(笑)

 

 

 

ルーカス・クラナーハはそんな妖艶な女性像を描く画家として人気の画家でした。

 

 

 

また数多くの肖像画も残しており、当時活躍した宗教改革の名手、マルティン・ルターの肖像画も描いていました。

 

 

 

 

 

 

イタリア帰りのデューラー

 

 

 

 

 

デューラーは金工細工師の家に生まれました。

 

 

 

 

 

そのためか、ゲルマン人らしい緻密で繊細な線描が特徴の銅版画を描いています。

 

 

 

この頃の北方世界の人物画はクラナーハのヴィーナス像のように、細身で妖しい独特のものでした。

 

 

 

しかし、デューラーはイタリア留学し、古代(ギリシャローマ)的な理想的な人体を学んできます。

 

 

イタリア留学後のデューラーの人物画は古代ギリシャ彫刻のような、どっしりとした骨格を感じる人体表現が特徴になっています。

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

今回は北方ルネサンスについて紹介しました。

 

 

 

油絵の技法を生んだ国の作品は緻密で見応えがありますね。

 

 

 

ファン・エイクやデューラー、ブリューゲル、クラナ―ハ、ボッスなど日本でも人気の有名画家も多く、面白い時代だと思います。

 

 

 

 

北方ルネサンスの特徴をまとめると

 

 

・どこまでも緻密な表現

・教訓的なテーマの物語を描いた

・地域密着型の画家の登場

 

 

という感じですね。

 

 

次回はマニエリスム期について紹介します。

 

 

それではまた。

↓西洋美術史についてはコチラ↓

スポンサーリンク



画家の秘密を特別公開中!

画家になる メルマガ
メールアドレス