【絵の仕事のとりかた】絵の仕事のとれる画家の着眼点を徹底解説

こんにちは!画家の黒沼です!
今、私は金箔を使ったオーダーメイド作品
を作っているのですが、

今回初めてカタニ産業という
会社の金箔を使いました。

 

なぜ、そんなエピソードをシェアしたか
といえば、他の箔会社にはない

【ユニークなコピー】が包みに
書かれていたからなんです。

それが↑の画像です。

 

これを見たときの率直な感想は
「この企業理念は好感度が高い!」

ということです。そして、その理念を
プロの画家という立場でシェアしたら
何かが起こるだろうと思いました。

ここから、黒沼はいくつかの戦略というか
【妄想】を思いつきました。

 

アートの仕事をとるにはシェアされる情報発信をすべし

【妄想①】

好感度の高い起業理念の書かれた
パッケージの画像をSNSで投稿すれば、
多くの反応が取れる。

 

これを利用して、さりげなく自分が
オーダーメイド作品を制作中である
ことをアピールする。

 

「カタニ産業は金沢の優秀な金箔職人
を育てています。応援してください」

というキャッチ―な好感度ある
コピーを投稿することで、拡散され

画家になりたい人ばかりが、
私の仕事ぶり(オーダーメイド作品
を手掛ける)を知るきっかけに
なるかもしれません。

 

アートの仕事の種は画材にヒントがある!?

【妄想②】

前に私が個展を開いた時、使っている
画材全てをリストアップして、

全ての画材を作る会社の社長宛に

「御社の製品を日ごろから
役立たせていただいています。

おかげさまで良い作品が作れ、
個展を開けました!」

という趣旨の手紙を送ったことがあります。

すると、筆の会社のスタッフが
展示を見に来てくれて、

新作の筆セットをプレゼント
してくれたことがあります。

 

これと同じことが金箔で起きたら…
大幅な経費削減ですね笑

アートの仕事はブログ経由でやってくる!?

【妄想③】

妄想はさらにエスカレートしていきます。

チャンネル登録者が数万人のYoutuberには
企業から製品紹介案件の話が来るようです。

ヒカキンさんなどはよく、ゲームやおもちゃ、
アプリやサービスの紹介動画をアップしていますね。

こんな感じで、影響力のあるブログや
SNSアカウントをもっていると

向こうから大きな予算の仕事がきたりします。

 

「私はインドアで内向的だから、
資料つくって、営業行って仕事とって、
条件交渉とか無理…」

 

そんな繊細なアーティストだって、
影響力のあるブログやSNS、

投稿ができれば向こうから
チャンスがやってくる

 

インドアだけど良いものを作る
作家にはチャンスにあふれた時代
でもあるのです。

 

美術業界人の黒い思惑や、
コレクターさんの洗練された感性が
よくわからなくても

 

Googleの思惑さえ分かっていれば、
チャンスがあるわけですね。

 

最近は、時々読者の方から、
画家になる方法のみならず、

絵画をたしなむのような
オウンドメディアの作り方について
の質問も多く頂くようになりました。

 

ここで、熱くオウンドメディア構築
について語っても良いのですが、

オウンドメディアは作る人の目的
によってできるアドバイスが大きく変わるので、

もし絵画をたしなむのような影響力のある
オウンドメディア構築に興味のある方は
メルマガ登録して質問してくださいね~

お待ちしております。
↓メルマガ登録はコチラ↓

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

日本では個展を開いても絵は売れないのか?

「日本のギャラリーでは個展をやっても
絵が全く売れないので、海外に行きたい
と思います。」

こんな声をメルマガ読者さんから頂くことがあります。

確かに、海外の方が絵が売れる場所も
多いでしょうし、絵を買う人が多いのも
事実でしょう。

しかし、「誰も所有したくない絵」は
どこへ出しても売れません。

そして、日本でも正しい準備をすれば、
絵は売れます。

実際、私のメルマガで学んだ読者さんでも

今まで1枚も絵を売ったことがなかったのに
1回の個展で4枚も絵が売れるようになった
画家さんもいらっしゃいます。

彼へのインタビュー記事を書いてみたので
是非チェックしてみてください。↓

 

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
7日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。

 

【絵画×癒し】絵画と自己対話の教室