【アートの仕事】絵を売ることは良いこと!絵を売る時の考え方を解説

「君の絵を売ってくれ!」

皆さんはもし、急にそう言われたら、
値段を即答できますか?

 

今回は、絵の値段や、
絵を売る時の考え方について
解説していきます。

 

絵を売ることは良いこと

「私の絵を売るなんてとてもできない…」

「好きなことをやって
お金を頂くのはちょっと…」

メルマガ読者の方から話を聞いていると、

このように、絵を売ることに罪悪感を
持っている方が結構いらっしゃいます。

また、そんな罪悪感から、
安過ぎる値段をつける方も多いようです。

 

しかし、そんなことは
全く気にしなくていいんです。

絵を売る罪悪感が不要な理由

「君の絵を売ってくれ!」

そういってくださる方は
あなたの絵に【お値段以上】の
価値を感じています。

 

その値段を払ってでも
買いたいと思っているのです。

そして、絵が実際に売れると、
あなたはお代を頂くだけでなく、

感謝されます。満足してもらえます。

 

絵が売れるということは

あなたも好きなことで稼いで、
感謝されるという体験ができ、

お客様もお値段以上の価値を
手に入れられる。

という非常に素晴らしい
取引なのです。

 

なので、余計な罪悪感は忘れて、
お値段以上の価値を提供して、
お客様を喜ばせましょう。

 

はじめて絵が売れた時の思い出

そんな私も、初めて絵が売れたときは、
嬉しさと、遠慮と信じられなさを感じて、
かなり動揺しました。笑

しかし、作家活動を続けていくうちに、
絵を売るという活動はお客様にとっても、

画家にとっても、お値段以上の
素晴らしい体験だとわかりました。

 

絵を売るということの価値

作家活動を続ける中で
何度も私の作品を買ってくださる
お客様とも出会うことができ、

「あなたの描く花は本当に
綺麗だから欲しい。」

「どうしても気になって、
今回も買うことにしたんだ。」」

そんな嬉しい言葉を
頂くこともできました。

自分が1から生み出したものを、
展示して、会場で接客をし

気に入ったお客様に買って頂ける。

 

そんな体験は何度繰り返しても、
この上ない喜びを感じます。

 

そういう意味でも私は、一人でも
多くの画家が絵を売れるようになって
ほしいと思っています。

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

 

それではまた~

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

日本では個展を開いても絵は売れないのか?

「日本のギャラリーでは個展をやっても
絵が全く売れないので、海外に行きたい
と思います。」

こんな声をメルマガ読者さんから頂くことがあります。

確かに、海外の方が絵が売れる場所も
多いでしょうし、絵を買う人が多いのも
事実でしょう。

しかし、「誰も所有したくない絵」は
どこへ出しても売れません。

そして、日本でも正しい準備をすれば、
絵は売れます。

実際、私のメルマガで学んだ読者さんでも

今まで1枚も絵を売ったことがなかったのに
1回の個展で4枚も絵が売れるようになった
画家さんもいらっしゃいます。

彼へのインタビュー記事を書いてみたので
是非チェックしてみてください。↓

 

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
7日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。

 

 

 

【絵画×癒し】絵画と自己対話の教室