抽象画が売れない理由と具象画との違いをプロの画家が解説

画家のためのブランディング術を期間限定プレゼント

 

「抽象画はよくわからない。」
「抽象画は売れないよ。」

そう言われて、傷ついた抽象画家は
多いと思います。

なぜ、抽象画はわからない人が
多いのでしょうか?

今回は日本人にとって抽象画が
よくわからない理由を解説していきます。

 

抽象画家は誰もがもともと具象画家?

具象時代のモンドリアンの絵↑

 

絵画科で美術を専門的に勉強した人は、
学生時代に、写実的な具象絵画
デッサンの技術をひたすら磨いてきた
ことでしょう。

何10枚と写実的で緻密な絵を描くうちに、
「モチーフや空間」をリアルに見せるための
コツをつかんでいきます。

画面の全てを描かなくても、あるポイントだけ
を描けば、リアルな印象の絵が描けることに
気づくわけです。

 

この話は、限られた時間で、絵を描き
提出する必要がある美大受験生には
よくわかると思います。

 

そして、絵画科の人間は、
「描かずして描く」技術を磨いていきます。

構図や物同士の重なり方、色の組み合わせ
工夫することで、ほとんど描かなくても
空間を感じる絵を描けるようになっていきます。

 

具象画を見飽きると抽象画も見たい

このような絵を見る目の洗練は、絵描きだけ
でなく、コレクターさんにもおきます。

コレクターさんは多くのリアルな絵を
鑑賞することで、リアルな絵を
リアルたらしめる【リアルさのエッセンス】
を見つけます。

 

リアルさだけではありません。

迫力のある写実的な絵をたくさん見るうちに、
【迫力のエッセンス】

静けさを感じる絵をたくさん見るうちに
【静けさのエッセンス】

みつけていきます。

 

 

このような、絵描きとコレクターさんの
【目の成長】が歴史を通して
進んでいったのが、ヨーロッパだったわけです。

王侯貴族ではない市民が初めて絵を所有して
楽しんだのはおそらく17世紀のオランダあたりか
と思います。

この頃、市民が好んだ絵は、こんな感じでした。
誰にとっても綺麗でリアルな絵ですね。

しかし、絵描きもコレクターさんも、
数多くこういう絵を見るたびに飽きてきます。

 

抽象画の描き方と考え方

より洗練された、エッセンスの抽出された
絵画を見たくなるわけです。

 

すると、こんな感じで、どんどん色と形が
抽象的になっていきます。

 

これらは様々な時代の具象絵画の色数を減らし、
エッジの単純化した画像です。

 

何が描かれているかよくわからないけど、
オリジナル作品が持っていた、迫力や静けさを
感じるエッセンス抽出されたものになっています。

 

つまり、まとめると抽象画がわからないのは、
具象絵画を飽きるほど見ていないからなんですね。

 

抽象画も具象画のように売れる時代は来るのか

ホキ美術館の誕生や
アートコレクターの表紙を見れば
わかるように、

写実絵画市場では
バブルが起きているようです。

 

プロの画家として、絵を売る画家も

その画家から作品を買って家に飾って
楽しむコレクターさんが

日本ではまだまだ少ないですが

この両者が増えていくと、

「具象絵画は飾り飽きたから、抽象画も欲しい」
という人が増えていくかもしれません。

最後までご視聴ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
7日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。

【絵画×癒し】絵画と自己対話の教室