【画家志望必見】家族や親戚に絵が売れた時の気持ち

画家のためのブランディング術を期間限定プレゼント

 

「親戚が絵を買ってくれました。
嬉しい反面申し訳ない気分に
なってしまいました。」

メルマガ読者の方から
よくこんなコメントを頂きます。

 

気持ちは本当に良くわかるのですが
その解釈は変えたほうが良いと思います。

 

あなたは画家として大成功する!

家族や親戚、知り合いが応援の意味を
込めて、絵を買ってくれた

そんな時、嬉しい反面申し訳ない~
遠慮してしまいますよね。

よくわかります。

でも、罪悪感を感じる代わりに
画家として大成功する決意を固める
というのはいかがでしょうか?

 

絵を買ってお祭り騒ぎを起こした祖父の話

私も、画家として活動を始めたばかり
の頃、祖父と叔父が絵を買ってくれた
ことがありました。

足が悪く、外出できない祖母を車椅子に
乗せて、祖父と叔父は私の展示を
見に来てくれました。

もう、それだけで、私は
ぐっときてしまったのですが

その展覧会で一番の大作
購入してくれました。

 

 

会場はお祭り騒ぎで、ベテランスタッフ
ですら驚きのあまりソワソワしていました。

会場スタッフは絶対に失礼の無いように、
私の祖父母へVIPのように接しはじめ、

 

百貨店の入り口までエレベーターで
降りて見送りまでしていました。

 

その時は、私は嬉しい反面
「悪いなぁ~」
多少の罪悪感を感じていました。

 

 

このエピソードを後に、
家族や先輩作家に話すと

「真剣に活動するあなたを
応援してくれているのだから、
悪く思うことはないよ。」

とアドバイスしてくださいました。

 

この出来事以来、私は親しい方が
絵を買ってくれたり、
注文してくれたりするたびに

こう思うようになりました。

「絶対に成功して、プロの中のプロの
売れっ子作家になって御恩返しをするっ!」

このようなモチベーションを持って、
活動することで、普段から怠け癖に勝ち

ストイックに展示の準備に
打ち込むことができるようになりました。

 

なので、画家を目指し活動する皆さんも是非、

「これまで絵を買ってくれた方のために
売れっ子作家になるしかないっ!」

というモチベーションで
活動していきましょう~。

 

親戚や家族に絵が売れた後すべきこと

親戚の方にせっかく絵を買って頂いたので、
親戚の方にお願いして

展示風景の画像と感想を頂いておきましょう。

 

個人のプロの画家として活動するうえで、
お客様の声はとても重要なのです。

私も知り合いの方が絵を買ってくださった場合、
展示風景の写真を頂くようにしています。

 

きっと、あなたを応援してくださる
親戚や知り合いの方は喜んで
協力してくれると思います。

最後までご視聴頂きありがとうございます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
7日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。

【絵画×癒し】絵画と自己対話の教室