[西洋美術史]ステンドグラスや大聖堂などゴシック美術の有名作品を解説

画家のためのブランディング術を期間限定プレゼント

 

 

 

どうも 絵画をたしなむ を運営する画家の黒沼です。

 

 

 

これまで、記事を書いてきて

 

 

 

画家の名前を引用して説明したりすることが結構あり、話が専門的になりすぎる

 

 

 

ということが気になっていたので、これから西洋美術史についての記事を易しく書いていこうと思います。

 

 

 

初心者でも、玄人でも楽しめる記事を目指して頑張って書いていきたいと思います!

 

 

 

今回はのゴシック期の美術について解説します!

 

 

 

当時の音楽とともにお楽しみください!

 

 

 

スポンサーリンク



ゴシック美術とは

 

 

 

 

 

ゴシック美術とは12世紀の半ばからフランスで始まった美術様式です。

 

 

 

ゲルマン系民族のゴート人にちなんで、ゴシックと呼ばれました。(当時のイタリア人が「田舎者」の蔑称としてこう呼んだようです。)

 

 

 

ちなみにゴスロリ(ゴシックロリータ)のブキミな雰囲気はこの頃の美術を参考にした19世紀のゴシックリバイバル運動に由来します。

 

 

 

ゴシックリバイバルの起きた18~19世紀のヨーロッパでは、イギリスを中心に当時の人々の目線で中世を振り返り、中世風の建物が建てられました。

 

 

 

 

 

Big Benもゴシックリバイバル建築のひとつです。

 

 

ゴシック期の建築

 

 

 ランス大聖堂

 

 

 

ロマネスク期の建築が田舎にあり、素朴で堅牢、禁欲的で低い屋根が特徴でした。

 

 

 

これに対しゴシック期の建築は都会的で、洗練されて、きらびやか、高い塔が特徴です。

 

 

 

 

ゴシック期の建築にはフライングバットレスという当時の新工法が使われています。

 

 

 

 

これは建物外部に、柱を追い出し、細長いアーチ状の梁と薄い壁で建物を自立させる工法でした。

 

ロマネスク期の建築では、分厚い石の壁が建物を支えていたため、窓は小さく、建物の高さも低かったんです。

 

 

 

しかし、ゴシック建築ではフライングバットレスのおかげで、30メートルを超える高さの天井を持つ内部空間

 

 

 

壁が薄くなった(壁に支柱の役割がなくなった)おかげで、巨大な窓が作れるようになります。

 

 

 

 

 

教会内部は巨大な窓にはめこまれたステンドグラス越しの光で照らされ、「神の光」を感じさせる空間が完成しました。

 

 

 

 

 

ステンドグラスの黒い線の部分には、熱膨張の少ないが使われ、ガラス部分には、様々な色ガラスが使われました。

 

 

ゴシック期の彫刻

 

 

 

 

 

 

ロマネスク期の彫刻は枠の法則に縛られ、柱の形に従属していました。

 

 

 

 

 

ゴシック期の彫刻では枠の法則から徐々に解放され、柱の一部ではあるものの、ほぼ丸彫りに近い、より自由で写実的な造形の彫刻が登場します。

 

 

 

 

 

 

当時の人物表現の特徴はS字型の流麗なポーズと慈愛に満ちた親しみやすい表情です。

 

 

 

 

 

ロマネスク期の人物表現は超越的で、崇高な近寄りづらい感じの表情でしたが、これとは対照的なわけです。

 

 

 

その頃イタリアでは

 

 

 

 

 

ローマ→メロヴィング朝→カロリング朝

という感じで、ローマ帝国滅亡後はゲルマン系国家がヨーロッパを広く支配していました。

 

 

 

美術の中心も当然、もはやローマになく、フランスに移っていました。(今回紹介した大聖堂の多くはドイツやフランスです。)

 

 

 

この頃イタリアでは未だにビザンティン様式が続いていましたが、その中から次の時代を作る画家が登場します。

 

 

 

当時の13世紀のイタリアでは、各地で貿易で富をなし、力を持ち始めた市民が集まって城壁を築き、都市を作っていました。

 

 

都市一つで一つの国のような感じですね。

 

 

 

イタリアには各都市にサッカーチームがあり、盛り上がっていますが、これは中世に多く作られた城塞都市のおかげなんですね。

 

 

 

(これに対し、フランスは有名都市がパリくらいなので、こうはいかないようです。)

 

 

そんな市民社会の発達しつつあった当時のイタリアではフィレンツェシエナの2つの都市から、多くの画家が生まれます。

 

 

 

フィレンツェでは、ビザンティン美術の影響を残しながらもより自然で、人間らしい絵画を描いたシモーネ・マルティーニが登場します。

 

 

 

 

 

シモーネ・マルティーニは『受胎告知』で有名です。

 

 

 

そしてこの、シモーネ・マルティーニの弟子だったジョット・ディ・ボンドーネがルネサンスの始まりをもたらしたと言われています。

 

 

ジョットの絵画は従来までの「絵画は建築の一部」という常識を覆すものでした。

 

 

 

 

芸術の主役を建築から絵画にかえるほど、ジョットの絵画は大きな影響力をもっていたようです。

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

 

今回はゴシック期の美術について紹介しました。

 

 

 

ドイツやフランスの巨大な聖堂やステンドグラスは800年も前に作られていたんですね。

 

 

 

またジョットの登場のおかげで、絵画の時代は始まったというのも、意外と知られていないかもしれません。

 

 

ゴシック期の特徴をまとめると

 

 

 

・壮大なスケールの大聖堂と煌びやかなステンドグラス

・丸彫り彫刻の登場

・絵画が初めて建築から自律した

 

 

 

 

という感じですね。

 

次回は初期ルネサンスについて紹介しようと思います。

 

 

 

それではまた

↓西洋美術史についてはコチラ↓

 

 

 



画家になる メルマガ
メールアドレス

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
7日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。