絵の構図の考え方や練習方法をプロの画家が解説

絵の構図が悪いねぇ

修行時代、私はよくこんなことを
いわれていました。

この悩みに共感する方は多いかも
しれません。

絵を立体的にリアルに描くのは
得意でも、色彩や質感の再現が
得意でも、

構図が悪い

そんな方は多いものなんです。

 

これまでは「絵を飾って楽しみたい」
「絵を観に行きたい」
人むけに
記事を書いてみました。

今日は「絵を描きたい人」
「画家になりたい人」
に向けた
記事を書いてみようと思います。

 

自己紹介の記事でも書いた通り、
私はなかなか絵が上達せず、

長い絵の修行時代を送りました。

 

そんな私が色んな方から教わった
「絵がうまくなる方法」について、
書いてみようと思います。

 

 

絵の構図次第で絵は上達する

絵の構図ってよくわからん。

絵を上達させたい人、絵を描く
練習がしたい人で、そんな悩みを
持つ方は多いようです。

 

でも、なかなか絵も構図も上達しない、
練習に練習を重ねても上手くならない

私もそんな絵が下手な人間でした。

 

 

ではそもそも、
「絵がうまく描けない理由」
「構図が決まらない理由」
って何なんでしょうか?

 

その理由はズバリ

「モチーフを十分に見れていないから」
「自分の絵を十分に見れていないから」
「線や色が選び抜かれていないから」

この3つだと言えます。

 

絵の構図が上手いってどんな状態?

 

絵の構図が「上手い絵」はこの3つのポイント
を押さえて描かれた絵だと言えます。

 

つまり

「モチーフを十分に見れている」
「自分の絵を十分に見れている」
「線や色が選び抜かれている」

これが上手い絵の条件と言えそうです。
それでは一つずつ解説していきます。

「モチーフを十分に見れている」

 

物をリアルに描きたい場合、
このポイントが最も重要です。

 

モチーフを十分に見る とは
より具体的には、

モチーフの形、色
モチーフに当たる光
を見るということです。

 

「自分の絵を十分に
見れている」

これはピンとこない方も
多いかもしれません。

 

「自分の絵を十分に見れている」
とは簡単に言えば、

絵の中でリアルに
みえるかどうかです

 

より具体的に言えば、

実際のモチーフの色や形とは
違うけれども、

絵の中で適切な色や形が
選べている

ということです。

 

絵の構図をモチーフの重ね方で考える

 

絵の構図については少し
難しい話なので、具体例を
挙げて説明します。

  A
  B

2つのリンゴを描く場合、

自然な空間を演出する上で
良い形(設定)は
AとBのどちらでしょうか

Aは2つのリンゴの
輪郭が点で接しているため、
平面的な模様
のように
見えるかと思います。

 

つまり、どちらのリンゴが手前に
あるのかすぐに分かりませんね。

これに対しBは2つのリンゴが
少し重なっています。

 

どちらのリンゴが手前に
あるのかすぐにわかりますね。

 

とても些細なことに思えますが、
絵の中でどちらの設定を選ぶかで、

自然な印象に見えるか
どうかかわってくるのです

 

絵の構図を線の配置で考える

絵の構図を考える上で
リアルに物を描く上で

「線が選び抜かれている」
これは重要なポイントなんです。

A

  B

2枚のデッサンを見てどちらが
よりウマイと思うでしょうか?

Aのデッサンは輪郭線が選び
抜かれておらず、太い ですね。

また、Aは短い線がたくさん
集まって、太い線になっています。

Bは選び抜かれた長い線
引かれています。

 

Aはとても味のあるデッサンですね。
でもよりウマイものを選ぶとすればBでしょう。

 

ちなみにBはナポレオンの肖像も
手掛けた新古典主義の画家アングル
デッサンです。

彼はとても選び抜かれた線で
リアルに描くのが得意な画家でした。

絵の構図を色の配置で考える

絵の構図を考える上で
リアルに物を描く上で

「色の配置が選び抜かれている」
これも重要なポイントなんです。

 

に関しても選び抜くことは重要なんです。

これはポスト印象派の画家、

ゴーギャンの作品ですが、
とても地味な色ばかりが使われています。

 

しかし、色の組み合わせが
選び抜かれているおかげで、

全体として調和しており、
統一した雰囲気を演出できています。

 

こちらはゴーギャンの同じ作品を
モノクロにしたものですが、

白、明るいグレー、暗いグレー、黒
など、モノトーンにしても

バランスよく色が配置されていることが
わかりますね。

このように、様々な色を使った
名画でもモノクロで見ると

様々な明るさの色が豊かに
配置されているものなんです。

絵の構図は才能なのか?

絵の構図について、ここまで
理論の部分をおおまかに
解説してきました。

しかし、実際にうまい絵の構図
を選べるようになるのには
多くの練習が必要です。

 

しかし、中には初めから
構図のセンスが良く

最初から良い構図で
絵を描けたり、写真を撮れたり
する人もいます。

 

でも、だからといって
「私は構図のセンスないなぁ。」

と落ち込むことはありません。

多くの場合、構図や形のセンスが
ある人は色彩感覚に弱点があるかた
が多いものなんです。

形派か色派かといった感じで、
色派の人は構図選びが苦手な
人が多いようです。

 

漫画家には構図や形が得意でも
色が苦手という典型的な形派の人が
結構います。

(まあ、色も形も最初からバッチリ
な人もたまにいますが笑)

構図が苦手な人は良い構図の絵を
マネしまくることで、センスを磨く
ことができるようになります。

それでは、構図や形の具体的な
練習方法を紹介していきます。

 

絵の構図の練習方法:クロッキー

絵の構図の具体的な練習方法
を紹介します。

今回は昔の画家が修行時代に
とっていた絵の練習方法を
紹介しようと思います。

 

近代以前、画家が職人であった
時代において

「リアルに描く」ことは
とても重要でした。

彼らの練習方法を知ることで、
絵の上達や、そのための練習に
役立てようというわけです。

 

今回紹介した上手い絵の3つの条件は
いずれも

「3次元のモチーフを
2次元平面に変換する

ためのものです。

 

この課題をクリアするため、
昔の画家の見習いたちは

「クロッキー」「模写」
練習していました。

 

クロッキーとは、比較的短い時間で
書かれた「線」中心の絵のことです。

線と少しのグラデーションだけで、
モチーフの形を捉える

というのがクロッキーの目的です。

 

この練習方法では
「モチーフを十分に見れている」
「線や色が選び抜かれている」

という2つの力をつけることができます。

 

私は修行時代、このクロッキーを
1枚3分で1日20枚

という感じで決めて練習していました。

 

絵の構図の練習方法:模写

絵の構図を練習する方法で
最もメジャーな模写

見習いの画家が、親方(師匠)
の描いた絵画を同じ構図で
再現するという練習です。

 

この練習方法では
「自分の絵を十分に見れている」
という力をつけることができます。

 

巨匠たちの良い構図、良いモチーフ設定
を模写を通して、

手に覚え込ませる練習方法です。

これをすることで、自分で絵を描いた時も、
より良い構図、より良いモチーフ設定で
描くことができます。

 

「絵の中でのリアルさ」を演出する力
がつくわけです。

当時の見習い画家たちは、師匠の名画を
模写することを許可され、

その模写を売って生活費を稼いでいたようです。
模写には絵の上達以外の目的もあったんですね。

 

この作品は「プラドのモナリザ」と呼ばれています。

レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた
モナリザ』を弟子が模写した作品
のようで、

プラド美術館に所蔵されているため
こう呼ばれています。

 

絵の構図模写はザックリで良い

絵の構図を学ぶに模写をすべし。

そんな話をここまでしてきましたが、
名画の模写を細部まで完璧にやっていたら

いくら時間があっても足りません。

絵の構図を学ぶ上では、大まかな
絵の色と形を写し取る練習が重要です。

上の画像のように、名画の大まかな
色と形の配置を写し取る練習を
何枚も繰り返すことで

構図のセンスは磨かれていきます。

 

絵の構図を学ぶには抽象画もおすすめ

絵の構図を学ぶには抽象画もおすすめ
です。

抽象画は具象絵画から、色と形の
エッセンスのみを抽出したものです。

なので、具象絵画の模写に慣れてきたら
抽象画の構図を模写で学ぶのも良いでしょう。

抽象画の成り立ちや構図の考え方については
こちらの動画で解説しているので、

是非チェックしてみてください。

 

絵の構図をまな学ぶには半抽象画もおすすめ

絵の構図を学ぶには
半抽象画もおすすめです。

いきなり抽象画の模写をしても、練習に
ならなそうな場合は、モランディのような

半抽象の絵画を模写するのも
良いかもしれません。

このような絵画は、立体感や
モチーフの質感こそ
再現されていませんが

構図、つまり色と形の配置
は徹底的に選び抜かれているもの
なんです。

モランディ以外にも熊谷守一
の作品も構図の勉強には
とても役立つと思います。

半抽象画は、一見
誰にでも描けそうな

下手な絵に見えるかもしれませんが
実際に模写してみると

かなり入念に色と形が選ばれている
ことに気がつくものなんです。

絵の構図を学べるおすすめ本

絵の構図を学ぶのにおすすめの本を
何冊か紹介しておきます。

 

つまらない絵と言われないための イラスト構図の考え方
榎本秋 鳥居彩音 榎本事務所
秀和システム
売り上げランキング: 23,274
こちらはイラスト系の本ですが
絵画の構図を学ぶのにも
とても役だちます。
巨匠に学ぶ構図の基本―名画はなぜ名画なのか? (リトルキュレーターシリーズ)
内田 広由紀
視覚デザイン研究所
売り上げランキング: 49,987
デジカメ・ユーザー必携!写真の構図&アングル練習帳
ソーテック社 (2016-12-20)
売り上げランキング: 4,220

こちらは写真の構図の本です。

写真の場合は絵画とは違い
モチーフの配置を自由に変えることは
できませんが

良い切り取り方を学ぶ上で
役立つでしょう。

ドローイングレッスン -古典に学ぶリアリズム表現法- ハードカバー
ジュリエット・アリスティデス(Juliette Aristides)
ボーンデジタル (2012-07-22)
売り上げランキング: 186,136

こちらはデッサン全般をアカデミック
に解説した本ですが、

序盤に構図のパートがあり
とても重宝します。

豊富なカラー図版とともに
とても理論的、実証的に構図を解説した
おすすめの一冊です。

 

まとめ

今回は絵の上達方法、
デッサンの練習方法について
解説しました。

巨匠たちも地道な絵の練習して
上達していったんですね。

それでは今日はこのへんで

 

 

絵の上達方法、デッサンの練習方法その2はコチラ

絵の上達方法、色の使い方はコチラ

絵の上達方法をまとめた本はコチラ

 

金箔の貼り方やPhotoshopを使った絵の描き方を解説

2018.07.28

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

日本では個展を開いても絵は売れないのか?

「日本のギャラリーでは個展をやっても
絵が全く売れないので、海外に行きたい
と思います。」

こんな声をメルマガ読者さんから頂くことがあります。

確かに、海外の方が絵が売れる場所も
多いでしょうし、絵を買う人が多いのも
事実でしょう。

しかし、「誰も所有したくない絵」は
どこへ出しても売れません。

そして、日本でも正しい準備をすれば、
絵は売れます。

実際、私のメルマガで学んだ読者さんでも

今まで1枚も絵を売ったことがなかったのに
1回の個展で4枚も絵が売れるようになった
画家さんもいらっしゃいます。

彼へのインタビュー記事を書いてみたので
是非チェックしてみてください。↓

 

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
7日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。

 

 

 

【絵画×癒し】絵画と自己対話の教室