「絵の上達方法] 色の使い方のコツ、練習方法や描く過程を解説 色彩編

 

 

どうも黒沼です。

 

 

 

これまでは「絵を飾って楽しみたい」「絵を観に行きたい」人むけに記事を書いてみました。

 

 

 

前回に引き続き、今日も「絵を描きたい人」「画家になりたい人」に向けた記事を書いてみようと思います。

 

 

 

自己紹介の記事でも書いた通り、私はなかなか絵が上達せず、長い絵の修行時代を送りました。

 

 

 

そんな私が色んな方から教わった「絵がうまくなる方法」について、書いてみようと思います。

 

 

 

今日は付きの絵画(着彩)の描き方について紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク



色ってそもそも何?

 

 

 

前回の記事では、モノクロ3色で画面を分割する練習を紹介しました。

 

 

 

「光の形、影の形を写し取る」力がつくと、色を使った描き方も上達するんです。

 

 

 

一見、デッサンのようなモノクロの絵画の描き方と色付きの絵画の描き方は関連がないと思うかもしれません。

 

 

 

しかし、前回練習した「3色で画面を分割する」描き方が色を塗る時も役に立ちます。

 

 

 

具体的な練習方法に移る前にそもそも色って何なのか解説します。

 

 

 

皆さんは色の3要素という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

 

 

  色相のイメージ

 

 

 

 

色の3要素とは明度、彩度、色相のことです。

 

 

 

この科学的な定義が絵を描くのに役立つのか?

 

 

 

とても役に立つんです。

 

 

 

今回はこの3要素を駆使することで、鮮やかで立体的な絵画を描く方法を紹介します。

 

 

 

色つきの光とは?

 

 

 

 「色を塗ると立体感がなくなっちゃう」「何色を塗れば良いのか分からない」 

 

 

 

一般的に絵がうまい人でも、色の使い方がわからないという人は意外に多いです。

 

 

 

実は色にもデッサンのような理論があるんです。

 

 

 

色はセンスだけで勝負しなきゃいけないわけではないんです。

 

 

前回練習した、3段階の明度で画面を塗り分ける 描き方

 

 

 

これは色彩のまとまりのある絵を描くのにも役立ちます。

 

 

 

前回は完全なモノトーンで光をとらえましたが、実際、光には色がついています。

 

 

 

 

 

 

 

私たち人類のの「光」という経験は大体「太陽光」または「炎」です。

 

 

 

 

 

 

そのため、太陽や炎のように黄色からオレンジに変化する色の光を、自然な光だと感じます。

 

 

 

(逆にネオンのような人工的な光を描く場合は、黄色以外の光の設定が良いです。)

 

 

 

今回は黄色からオレンジに変化する光の代表として「夕日」を上げます。

 

 

 

 

 

この画像は白いカモメに夕日が当たっているシーンです。

 

 

 

このように白いものを観察すると、光源の持つ色を確認しやすいです。

 

 

 

次にこの夕日の画像をよく見てください。

 

 

 

 

 

 

 

最も明るいゾーンは鈍い黄色

中間の明るさは鮮やかなオレンジ色

暗いゾーンはやや鮮やかな赤紫っぽいです。

 

 

 

つまり夕日のシーンを色付きで描く時

最初に塗り分ける三色は

 

 

 

 

1.明るく、彩度が低い、黄色
2.中間の明るさで、彩度がとても高い、オレンジ
3.暗い、彩度がやや高い、赤紫色

 

 

 

となるわけです。

 

 

 

 

 

次の例に行きましょう。

 

 

 

 

 

緑色の葉っぱに太陽光が当たっています。

 

 

 

よくみると、明るいゾーンは鈍い黄緑っぽく、暗いゾーンは青っぽい緑をしています。

用意する3色は

 

 

 

 

 

1.明るく、彩度が低い、黄緑色
2.中間の明るさで、彩度がとても高い緑
3.暗い、彩度がやや高い、青みの緑

 

 

 

となります。

 

 

 

 

 

黄色い光の太陽光が半透明な緑色の葉っぱに当たることで、森の中は黄緑色の光が降り注ぐことになります。

 

 

 

このように劇的な光と色彩を両立する場面を描く場合

 

 

 

1、明るい、低彩度の、黄色に近い色
2、中間の明るさで、高彩度で、1の隣の色相の色
3、暗く、中彩度で、青に近い色

 

 

 

の三色で塗り分けると良いということです。

 

 

この理論を使って、いくつか実験してみましょう。

 

 

 

 

 

こちらの白いカモメを夕日のシーンに連れていくとどうなるでしょう?

 

 

 

前回の記事と同じ要領でやってみましょう。

 

 

①モチーフ

 

 

 

②モチーフの白黒コピー

 

 

 

③モチーフのモノクロを3色のみで描く

 

 

 

ここから色つきです

 

 

 

 

 

④用意された3段階の明度に低彩度、高彩度、中彩度の色相の隣り合った3色を塗る。

 

 

 

 

 

※画像の3の色は背景色として、便宜的に2と4の間の色を塗りました。

つまり、画像の1,2,4の色が用意する3色です。

 

 

 

 

 

 

次は私が実際に描いた絵画で説明します。

 

 

①モチーフ

 

 

 

②モチーフの白黒コピー

 

 

 

 

 

 

③モチーフのモノクロを3色のみで描く

 

 

 

ここから色つきです

 

 

 

 

 

④用意された3段階の明度に低彩度、高彩度、中彩度の色相の隣り合った3色を塗る。

 

 

 

 

 

⑤固有色(モチーフ自体の色)を足して、グラデーションを細かくしていく

 

 

 

 

 

この絵画は影色(3の色)をで描いています。

 

 

 

 

このように明るい色(1の色)と中間の明るさの色(2の色)は隣り合った色相

 

 

 

影色(3の色)は1,2の色から離れた色相の色を使うと劇的な光を表現できます。

 

 

 

またこの絵画の場合、光の3色は

 

 

 

1:明るく低彩度の黄色
2:中間、高彩度のオレンジ
3:暗く、中彩度の緑

 

 

 

で設定していますが、下の石鹸はでした。

 

 

 

こういった場合、色は足し算で求めます。

 

 

 

つまり、赤い石鹸は白黒コピーすると、暗い色(3の色)です。

 

 

 

 

 

そこで、3の色の暗く、中彩度の緑と、モチーフそれ自体の赤色を足した色を塗るわけです。

 

 

 

本物の石鹸はとても鮮やかな赤でした。

 

 

 

しかし、絵画の中では、緑の影色との足し算により、鈍い赤になっています。

 

 

 

 

 

 

この絵画の石鹸の赤色のようにモチーフそれ自体が持っている色を固有色と言います。

 

 

 

実は固有色も今まで話した理論通り、明るいゾーンは黄色に近づき、暗いゾーンは青に近づきます。

 

 

 

なので、真っ赤なリンゴを立体的に描きたければ、

 

 

 

1:明るく、彩度の低いオレンジ
2:中間で、彩度の高い赤
3:暗く、中彩度の赤紫色

 

 

 

の3色で塗り分ければ良いわけです。

 

 

 

実際にモチーフを描く場合は光のもつ3色と、モチーフの固有色の持つ3色の足し算

で描くわけです。

 

 

 

今回はとても複雑な話になってしまいました。

 

 

 

これは私の思いつきや経験則ではなく光学的にも正しい理論らしいです。

 

 

 

なので、習得すればより、リアルな絵を描けるようになります。

 

 

 

気になる方はは『カラー&ライト』を読んでみてくださいね

詳しくはコチラ

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

今回も絵の上達方法、使いの練習方法について解説しました。

 

これまで、線描、光とカゲ、色彩とステップアップ式で、絵の描き方を紹介してきました。

 

今回の色彩の理論が最も複雑だと思いますが、使えるようになれば絵が大分上達すると思います。

 

是非練習してみてくださいね。

 

 

それでは今日はこのへんで

 

 

 

 

絵の上達方法、練習方法その1はコチラ     

絵の上達方法、練習方法その2はコチラ

絵の上達方法、練習方法をまとめた本はコチラ

 

金箔やPhotoshopを使ったリアルな絵の描き方を特別公開

2018.07.28


画家になる メルマガ
メールアドレス

画家の秘密を特別公開中!

画家になる メルマガ
メールアドレス