【絵画で稼ぐ方法】プロの画家の収入の全貌を特別公開 

絵画で稼ぐ方法

そんな言葉を聞いて皆さんは
どう思うでしょうか?

胡散臭い…
夢物語でしかない…

そんな感想を持つ人も
多いかもしれません。

 

今回はこれまでに日本全国で100枚以上
絵を売ってきたプロの画家の視点で

絵画で稼ぐ方法や考え方について
徹底解説していきます。

 

 

絵画で稼ぐのは良いことだ!

絵画で稼ぐ

そんな話を画家志望の方とすると
こんなリアクションをもらうことがあります。

 

「好きなことでお金を稼ぐのは気が引ける。」
「自分が好きで描いた絵には、
そんな価値はない。」

この気持ちは本当によくわかります。

 

実際、私も絵を1枚も売ったことがない時

「キミの絵を売ってよ、いくらなの?」
こんなことを言ってくださった方に対して

遠慮して、
「すみません。私の絵なんかは…」

などと言ってその場から逃げようと
していました。

 

しかし、そんな方は
こう考えてみてはどうでしょう?

あなたの渾身の力作は50万円の価値がある。
でもそれを、あなたは30万円で売っている。

 

すると、その絵を買ったお客様は
20万円分の価値をタダで受け取れる。

あなたは受け取った30万円で次回の展示まで
の生活費と材料代を手に入れられる。

 

30万円で絵を買ってもらうなんて…

今そう考えたあなた、
お金の重みは人によって変わるのです。

 

あなたにとっての30万円と絵を買う
方々の30万円の重みは違うのです。

このように値段以上の価値を、
あなたが絵画制作を通して
生み出すことができれば

 

あなたも、絵を買うお客様も
幸せにすることができるのです。

絵画で稼ぐのは良いことなのです。

 

 

 

絵画で稼ぐのは不可能ではない

絵画で稼ぐなんて、
本当にできるんですか?

正直、展示を開けば開くほど赤字に
なっていて、この先どうしようか
迷っています。

 

こんな声をメルマガ読者の方から
頂くことは本当に多いんです。

これもまた、本当に気持ちは
よくわかるのですが

 

この考えは本当にもったいないと
私は思います。

確かに日本で画家として生きていく
のは簡単なことではありませんし

やり方を教えてくれる場所も
ほとんどありません。

 

なので、「うまくいかない前提」
作家活動をしている人が多いのは
無理もないのかもしれません。

しかし、私から見れば
正しい考え方と知識を身に着けて

 

最適な行動をとれれば、結果が
でるまで続けることさえできれば、

「これは売れそう!」そう思える絵も
たくさんあるのです。

 

あなたの絵が売れない理由は、
ただの知識不足が原因かもしれませんよ。

 

絵画で稼ぐには安売りは厳禁

絵画で稼ぐには現実的な戦略をたてて
展示に臨む必要があります。

材料費や場所代、時給を回収したうえで、
現実的に売れそうな値段をつける必要
があるのです。

 

しかし、先ほどもお話ししましたが

「好きなことでお金を稼ぐのは
気が引ける。」

「自分が好きで描いた絵には、
そんな価値はない。」

 

こういった不要な罪悪感のせいで、
安すぎる値段で絵を売っている方が
本当に多いのです。

 

実際に、メルマガ読者の方から
こんなメッセージを頂くことが
これまでに何度もありました。

「黒沼さんのブログやメルマガの内容を
実践した結果、初めて絵が売れました。

本当にありがとうございました。
○○円の小さい絵ですが、
自信になりました。」

 

そんな喜びの声を作品画像付きで
報告してくれる方は多いのです。

私もとても嬉しいのですが、
多くの場合

「2倍の値段でも、その絵は売れたなぁ。」
そんな感想を持つことが多いです。

 

先程もお話ししましたが、絵を買って
楽しむ方の金銭感覚とあなたの金銭感覚は
違います。

多少高くても、欲しいと思った絵は
購入してくださるのです。

 

しかし、一方で

「絵の値段をお伝えしたところ、お客様から
高い…と言われました。」

こんな報告を受けることもあります。

 

私も実際に売り場で接客していると

「ちょっと高くて手が出ない…」
そんな感想を頂くこともあります。

 

しかし、話をよく聞くとそういった方は、
これまでに1枚も絵を買ったことがない方
であることがほとんどなのです。

↓コチラの動画もオススメです。↓

 

 

絵画で稼ぐには高くても売れる画家になれ

絵画で稼ぐために、覚えておきたいのが
下記の数式です。

売上=見込み客数×単価×成約率

 

絵画の場合、見込み客の数と成約率が
低いので、売上アップのためには

単価を上げるしかありません。

 

絵画はしょっちゅう売れるものでは
ないので、本当に気に入ってくれた方に

「安くないお値段」で買って頂く
しかないのです。

 

また、あなたの作風を本当に
気に入ってくださったお客様は

繰り返し購入してくださる
リピーターになってくださることも
あります。

 

こうなると、見込み客の数が少なくても、
高い成約率で、安くないお値段で絵が売れる

という状況になってくるのです。

 

正直申し上げて、画家が絵画の販売で
収入を得て成功している場合、
ほとんどがこのパターンです。

固定のファンが一定数おり、定期的に
安くないお値段で、絵を直接注文して
くださるので、売上が安定するのです。

 

実際に私もこれまでの何枚も
オーダーメイド作品の直接受注を
受けて絵を描いてきました。

そして、注文してくださるお客様は
定期的に、注文してくださるので
本当に助かっています。

 

そんなお客様と出会えるかどうか
というのも、画家として生きていけるか
を左右するかと思います。

 

 

絵画で稼ぐにはリアルが一番

絵画で稼ぐ上で最も成功確率が高いのが

リアルの場で作家本人が
絵を解説し販売することです。

 

試しに、土日だけでも良いので、展示会場で
お客様に作品解説をしてみましょう。

正直、これが最も絵画が売れる方法
だと思います。

 

「個展を貸し画廊で開いていますが、
絵が売れないので、ネットで売ろうと
思っています。」

こんな声をよく頂きますが、リアルの場で、
お客様と対面して販売しても売れない絵は
オンラインでも売れないでしょう。

 

かといって、オンラインで絵を売る方法が
ないわけではありません。

適切な準備が可能でしょう。その方法は
この記事の最後の方で解説しているので
是非チェックしてみてくださいね。

 

絵画で稼ぐにはお客様の声を聞こう

たとえ絵が売れなかったとして、様々な
「お客様の声」を集めることができます。

また、お客様が興味を持つ絵と、
前を素通りする絵の違いなども
わかってきます。

 

すると、アート市場が求める絵と、
あなたの作風の接点が見えてきて

【あなたにとっての売れる絵】が
見えてくるのです。

 

正直、絵が売れる作家と売れない作家
の違いは【自分にとっての売れる絵】
わかっているかどうかだと思います。

これがわかっていると、売上が安定し、
作家活動を続けられるのです。

 

絵画で稼ぐには海外へ行くしかないのか?

 

絵画で稼ぐのは日本では難しいので、
海外に行こうと思います。

私の絵は和風っぽいので、外国人に
絵を販売したいと思っています。

こんな声を頂くことも多いです。

 

正直日本よりも海外の方が
絵は売れると思います。

それも、海外では日本とは違って
大きい絵もよく売れると聞きます。

 

しかし、日本では難しいので、海外へ
という発想は危険だと思います。

海外での展示経験の豊富な友人作家から
聞く話では、海外では日本以上に
マネジメントスキルが求められるようです。

 

このマネジメントスキルの不足のせいで、
芸術大国であったはずのフランスは

アメリカやイギリス、中国に遅れを
とっているようです。

 

 

それほどマネジメントスキルは
必須なのです。

 

それに比べれば、日本の展示会場に、
あなたの知り合いやファン、ブログ読者、
フォロワーなどを招待して

販売をねらう方が現実的だと思います。

 

絵画で稼ぐには好き勝手描いてはいけない

絵画で稼ぐことを夢見る画家さんから
こんな質問を頂きました。

たとえば自分の絵のスタイルが
抽象画であったとしても、

売るためには敢えて自分のスタイルを
変えないとダメなのかな?

(あくまでも例えです、私は抽象画は
描きません_(^^;)ゞ)

 

この質問にはこんな回答を
させて頂きました。

売るためには敢えて自分のスタイルを
変えないとダメということはないかと
思います。そこは個人の自由です。

しかし、市場での人気や傾向に
配慮せず、

「描きたいように描いた絵」は
多くの場合、

「誰も所有したいと思わない絵」に
なってしまいやすいです。

そして、そんな絵を売るのは
もちろん難しいです。

 

すると、売れない状況が続き、
活動資金を調達できなかったり、

やりがいを失ったりして、
結果的に市場から追い出される
ことになったりします。

 

市場の健全な競争原理によって
結果的に

①市場性を意識して「所有したい」
と思われる絵を描く

②売れなくても良いので
趣味で絵を続ける

の2択を迫られるのです。

 

また、個人的には

「花鳥風月」を描いたら、
個性を発揮できない

そんなことを言う作家は
ただの実力不足だと思います。

 

実力のある作家は
モチーフが何であれ、技法が何であれ、

その人の世界観を感じる
【その人にとっての売れる絵】を
仕上げることができます。

 

歴史上、巨匠と言われる人は
どんなに前衛的な作風の人であっても、

誰かが「所有したい」と思い、
その作品を評価したから
名前が残っています。

 

その誰かは王様であったり、
富豪で会ったり、美術館であったり
するかもしれませんが

市場での人気や傾向を考慮しても、
自分の世界観を出せるような

懐の深い作家のみが「売れっ子作家」
として残り、それ以外は

市場の仕組みで結果的に
「趣味で描く人」に転落させられる

というのが現実かと私は思います。

 

 

絵画で稼ぐには貸しギャラリーは微妙

絵画で稼ぐためには、貸し画廊での
展示を続けるのはオススメできません。

ところで、貸し画廊が数多く
存続している理由を考えたことが
あるでしょうか?

 

貸し画廊で絵を展示しても、
ほとんど絵は売れないのに、

なぜ貸し画廊はつぶれない
のでしょうか?

これの理由は簡単で、ほとんどの
貸し画廊はオーナーが本業を別に
持っていて

画廊は趣味でやっており、
作家から展示料金をもらうことで、

赤字を出さないように
回しているからなのです。

 

中には純朴な美大生の名刺を学園祭で
集めて、長々と電話で展示のセールスを
するような

悪名高き貸し画廊もあるので、
ご注意ください。

 

話がそれましたが、貸し画廊は
絵の販売で得た利益で経営
しているわけではない

というのが実態のようです。

 

絵画で稼ぐにはカフェギャラリーがオススメ

絵画で稼ぐには、それでは
どこで展示すべきなのでしょうか?

オススメなのはカフェギャラリーです。

 

カフェやレストランの壁面を展示スペース
として安く貸し出し、常に人がいる状況で、
尚且つおしゃれです。

 

不気味な密室でほとんど人が来ない上に
展示料金が高い貸し画廊とは対照的ですね。

実際私の友人作家でも、カフェギャラリーで
絵を展示し、何枚も絵が売れた画家がいます。

 

気軽に部屋に飾りやすい小さめの絵を
色彩のバリエーションを持たせて
3万円以下で販売

というのが、カフェギャラリーでの展示で
おすすめの準備方法です。

 

興味のある方は
是非実践してみてくださいね。

 

 

絵画で稼ぐにはブログを作れ

絵画で稼ぐためには、画家とはいえ
ブログを作るべきでしょう。

画家はファンビジネスであり、
フリーランスです。

 

ファンビジネスのフリーランスにとって
ブログほど頼もしい武器はありません。

最近ではInstagramも流行していますが、
個人的にはブログをオススメします。

 

私は個人的にはInstagramは
あまり効果的ではないと思っています。

理由としてはFacebookやInstagramは
日常的に投稿を続ける必要があり、
効率が悪いからです。

 

SNSやgoogle検索からブログへ誘導し、
メルマガやLINE@に誘導して、日々発信、
交流する中で、「ファン化」して、セールス

というのが、インターネット集客の王道な
わけですが、FacebookやInstagramの場合

この経路を作るのに、日々投稿を
続ける必要があります。

 

その反面、オウンドメディア(google検索に
上位表示されるブログ)や、Twitterのbotは、

一度、仕組みを構築すれば自動的に
集客してくれます。

これは時間効率の悪いビジネスである
画家にとって強力な武器になります。

 

因みに、絵画をたしなむのユーザーの99%は
google検索で流入しています。

SNS経由の流入は1%程度なのです。

 

そして、特にオウンドメディアの場合は
「濃いファン」ばかりが集まります。

セールスの成約率で比較すると、
SNS経由の読者の3倍は
濃いファンが集まります。

 

時間効率を考えても、ファンの濃さから
考えても、私は個人的には

オウンドメディアの構築を
オススメします。

 

↓コチラの動画もおすすめです。↓

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

日本では個展を開いても絵は売れないのか?

「日本のギャラリーでは個展をやっても
絵が全く売れないので、海外に行きたい
と思います。」

こんな声をメルマガ読者さんから頂くことがあります。

確かに、海外の方が絵が売れる場所も
多いでしょうし、絵を買う人が多いのも
事実でしょう。

しかし、「誰も所有したくない絵」は
どこへ出しても売れません。

そして、日本でも正しい準備をすれば、
絵は売れます。

実際、私のメルマガで学んだ読者さんでも

今まで1枚も絵を売ったことがなかったのに
1回の個展で4枚も絵が売れるようになった
画家さんもいらっしゃいます。

彼へのインタビュー記事を書いてみたので
是非チェックしてみてください。↓

 

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
7日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。

 

【絵画×癒し】絵画と自己対話の教室