アートメーターやbaseで絵画は売れる!?

画家のためのブランディング術を期間限定プレゼント

 

こんにちは!画家の黒沼です。

メルマガ読者の方から
こんなコメントを頂きました。

私はART-Meterに10年前に登録して
最初はちょこっと売れましたが、
その後は鳴かず飛ばずです。

他に絵を売る準備としてはInstagramは
最近始めました。SNSとかで職場の人とか
とつながってしまうのが好きでなく、
SNS系を避けている感じはありました。

 

今回はこのコメントに答えていきます。

 

ART-MeterやBASEでは絵があまり売れない理由

ART-MeterやBASEなど作品を販売する
プラットフォームに登録して販売するのは
あまり良い方法ではないと私は思います。

そもそもネットで作品を売るのは難しいです。
その上、ART-MeterやBASEといった
プラットフォーム上では数多くのライバルと
競うことになります。

すると、必然的に安売りしなければ
売れません。

絵画を販売する時の考え方

絵画のような贅沢品の場合、少数のお客様に
安くない値段で買って頂くモデルにしないと、
ビジネスとしてはうまくいかないのです。

絵画は制作に時間がかかりますが、
生活必需品ではないため、あまり売れません。

なので、少数の濃いお客様に安くないお値段で
最高のものをご案内する
という発想で考えるべきなんですね。

ART-MeterやBASEに依存するリスク

プラットフォームに依存した
販売をしていると、規約変更などで、
ある日から全く売れなくなる
こともあります。

よく、YoutuberがYoutubeの規約変更で
稼げなくなってしまうという話
を聞きますね。

他にも、せっかく作ったアメーバブログが
規約違反で消されてしまったなど

人が用意したプラットフォーム上で
ビジネスをやると、ある日突然

今までの蓄積が0になってしまうことが
あるんです。

 

なので、地道にワードプレスで
オウンドメディアを構築し、
自分の場所を作るべきだと思います。

 

絵画販売のためのSNS運用術

SNSに関してはFacebookページや
Twitterを活用すれば、実名を伏せて、
ウェブサイトの名前で運用することもできます。

Twitterは特にbotを活用することで、
私が絵を描いている間にも集客できるので、
重宝しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
7日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。

【絵画×癒し】絵画と自己対話の教室