[西洋美術史]シャルダンやヴァトーなどロココ期の有名作品を解説

 

どうも、受注制作の締め切りと広島の展覧会の準備でてんやわんやの黒沼です。

 

 

 

同時進行でいろいろやるのは大変ですね~

 

 

 

ブログの更新もやったりやらなかったりになっちゃっているわけですが、今日は書きます!

 

 

 

古代ギリシャから始まった西洋美術史シリーズも、だいぶ進んできました。(全20回完結くらいのイメージです)

 

 

 

今回はロココ期の美術について解説します!

 

 

 

当時の音楽とともにお楽しみください。

 

 

 

スポンサーリンク



ロココ美術とは

 

 

 

 

 

 

 

 

18世紀、当時のフランスではルイ14世の威圧的な壮麗さに対する反動として、開放的なものが求められていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この好みを反映したフランス貴婦人好みの室内装飾からロココ様式は始まりました。

 

 

 

(ロココは室内装飾に用いられた貝殻状の人口石のロカイユに由来するようです。)

 

 

 

 

 

そのためロココ様式は女性的で曲線的、享楽的なのが特徴で、当時の貴族の感じていた甘い倦怠感を表現しています。

 

 

 

ロココ様式の時代、イギリスでは貴族文化が根付かず、イタリアは観光地化していました。そのため、ロココ様式は主にフランスで展開したようです。

 

 

 

ロココ期の画家は4人?

 

 

 

ロココ期には、画家が4人しかいなかった というわけではありません。

 

 

 

ロココ期ルネサンスバロックと比べ、評価の低い時代です。

 

 

 

そんな中でもおぼえておきたいのが、ヴァトー、ブーシェ、フラゴナール、シャルダンです。

 

 

 

フランスでは当時発展してきた美術アカデミーのおかげで、優れた技術を持つ画家が出てきました。

 

 

 

 

 

しかし、当時社会で影響力を持っていた人たちはこういうセンスのひとたちでした。

 

 

 

そこで、素晴らしい仕上が軽薄なテーマの絵画が数多く作られたんですね。

 

 

 

 

 

 

 

↑こちらのヴァトーの作品「シテール島の巡礼」は哀愁を感じるいい絵ですが、貴族の合コンを描いた絵だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

↑こちらの肖像画はブーシェによるもの。当時の貴族のファッションが楽しめますね

 

 

 

 

 

 

 

↑こちらはフラゴナール「ブランコ」

 

 

左下の貴族の青年が少女のスカートの中を覗いています。

 

 

 

当時、スカートの中を覗く青年というモチーフは良く描かれたそうで(笑)、この絵画は左下の青年が制作依頼したようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑こちらはシャルダンの絵画です。

 

 

シャルダンはロココ期の画家で例外的に評価の高い画家でした。

 

 

 

当時の多くの画家が「貴族の甘い倦怠感」をモチーフにしたのに対し、シャルダンは「市民の慎ましい生活を描きました。

私もシャルダンの絵画が大好きで、よく模写をしました。

 

 

 

美術批評の元祖 ディドロの登場

 

 

 

 

 

 

 

 

美術批評が始まったのはこの時代のようです。

 

 

 

美術批評の元祖と言われるのが、百科全書の編纂でも有名なディドロです。

 

 

当時は啓蒙思想が流行し、知識を特権階級の独占物から、市民へ開放する運動が盛んでした。それで、百科全書が作られたんですね。

 

 

 

絵画の良さを言葉で雄弁に語る美術批評も、この時代に生まれたようです。

 

 

 

彼はシャルダンを評価したシャルダン論で有名です。

 

 

 

 

 

 

 

この時代の絵画はルネサンスやバロックと比べ、「堕落した時代」と言われていました。

 

 

 

そんな時代、シャルダンという才能を発掘したのがディドロだったんですね。

 

 

 

ディドロのおかげで、「ロココは堕落した時代。 でもシャルダンは別だよね」と今でも言われているんですね。

 

 

 

美人すぎる画家?

 

 

 

 

 

「パンがなければ、ケーキを食べれば良い」

 

 

 

と言ったかもしれないマリーアントワネットもこの時代の人でした。

 

 

マリーアントワネットにはお抱えの女性画家がいました。

 

 

 

 

 

 

それが、美人すぎる画家?の ヴィジェ・ルブランです。

 

 

 

 

彼女は画家の父を持ち、幼少期からアトリエで絵を描いていました。

 

 

 

 

 

 

また、画商と結婚し、フェルメールやホルバイン、ムリリョといった名画に囲まれて暮らしていました。

 

 

 

この時代、フランスは美術アカデミーが発達し、優れた技術を持つフランス人画家が登場します。

 

 

 

この頃の美術アカデミーでは、男性ヌードモデルのデッサンが必修であったため、女性画家は入れませんでした。

 

 

 

そのため、女性画家はとても珍しく、その分ルブランの才能がずば抜けていたことがよくわかります。

 

 

 

彼女はマリーアントワネットの失脚により、職を失い、怒れる群衆から逃げるためヨーロッパ各地を転々としていました。

 

 

 

 

 

お金に困ったルブランは自画像を描いては売って暮らしていたようです。(自画像がやたら多いのはそのためなんですね)

 

 

 

さすが美しすぎる画家ですね。

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

今回はロココ期の美術について解説しました。

 

 

 

優雅でユニーク(笑)なセンスの貴族の文化は見ていてとても面白いですね。

 

 

 

ルネサンスやバロックと比べ「堕落した時代」と評されることも多いロココ期ですが、たくさんのみどころがあると思います。

 

 

 

ロココ様式の特徴をまとめると

 

・曲線的で、女性的な様式

・貴族の甘い倦怠感を表現

・やや軽薄と捉えられやすい

 

 

という感じですね。

 

 

次回は新古典主義について紹介します。

 

 

 

それではまた。

 

↓西洋美術史についてはコチラ↓

スポンサーリンク



画家の秘密を特別公開中!

画家になる メルマガ
メールアドレス