[西洋美術史]モネやドガ、ルノワールなど印象派の有名作品を解説

 

 

 

どうも、展覧会が近付きそわそわし始めた黒沼です。

 

 

 

今、私は同時に3枚の絵を描いているんですが、あまり絵の同時進行は向かないことが分かりました。

私はアクリル絵の具で描いているので、絵の具の乾燥を待たず、完成まで一気に集中して描くスタイルの方が良いようです。

 

 

 

先輩の作家で、油絵を描く方は、油絵は乾き待知の時間があるので、同時に何枚も描きすすめるようです。

 

 

 

さて、最近は続けて、西洋美術史シリーズを書いています。

 

 

 

美大に通う私が美術史の授業、教授の話、本で手に入れた美術史情報をアップしていくので、チェックしてみてくださいね!

今回は印象派の美術について解説します!

 

 

 

当時の音楽とともにお楽しみください

 

 

 

スポンサーリンク



印象派とは

 

 

 

 

 

前回の写実主義の画家は、身の回りの人物をありのまま描いていました。

 

 

 

この流れは印象派にも引き継がれました。

 

 

ドガの絵画には踊り子は登場しますが、決めポーズばかりを描くのでなく、あくびをしている子も描いたりしています。↓

 

 

 

 

このように、ふとした表情をつぶさに観察し、即興的に描くのが印象派の一つの特徴です。

 

 

印象派の画家がつぶさに観察したものを即興的に描くというのは、自然を描く時にも役立ったようです。

 

 

 

 

 

 

 

時間とともに変化する光の印象を即興的に軽快な筆致と明るい色彩で描きました。

 

 

 

 

 

 

印象派という名はモネの絵画「印象、日の出」が由来で、「印象を映したに過ぎない」という批評家からの酷評が元になっているようです。

 

 

 

踊り子の画家 エドガー・ドガ

 

 

 

 

印象派の多くの画家が屋外の光を描いたのに対し、ドガは室内の人工的な光を描きました。

 

 

 

しかし、ドガは他の印象派の画家と同様、瞬間的、断片的な対象の見方をしています。

 

 

 

 

 

 

 

ドガの作品はアトリエで制作されましたが、現場の臨場感が伝わってくるスナップショットのような構図で描かれています。

 

 

 

 

睡蓮を描いた クロード・モネ

 

 

 

 

 

モネは水面の一瞬のきらめきをモチーフに制作していました。

 

 

 

 

 

一瞬ごとに表情を変える水面の表情を捉えるべく、印象派の技法 筆触分割がうまれたようです。

 

 

 

・筆触分割とは

 

 

 

 

 

 

筆触分割とは純色を細かく並置した時↑、遠くから見ると中間色に見えるという視覚混合を生かした技法です。

 

 

 

純色の赤と青を並置して、遠くから眺めると紫に見えるんですね~

 

 

 

モネは一貫して時間と共に変わる光の表情を追い続けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーアン大聖堂↑や積み藁↓を様々な時間帯に描いた連作には彼のテーマがよく表れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

印象派の代表 ルノワール

 

 

 

 

 

ルノワールの画家は他の印象派の画家と同様、モチーフを色の光の集まりとして、筆触分割で描きました。

 

 

 

この筆触分割の技法により、画家のパレットから、が消えます。

 

 

輪郭線で物の形を描くことはなくなり、暗い色は純色を重ねて作ったからです。

 

 

 

 

 

 

当初は印象派らしい、筆触分割の技法で描いていたルノワールでしたが、肖像画の依頼を受ける様になると作風が変化します。

一瞬一瞬の光の変化よりも、人間の形態を表現することに重点が移り、形態感のある絵画にかわっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晩年にはまた、タッチ本位の描き方に戻りますが、この頃は母性愛など、古典的なテーマで描きました。

 

 

 

 

 

新印象主義って?

 

 

 

 

 

 

印象派の筆触分割の技法と視覚混合の効果を、科学的につきつめ、絵画で永遠の真理を突き詰めようとしたのが新印象主義でした。

 

 

 

印象派が、目の前の光のうつろい、人の表情をつぶさに観察し、即興的に描いたのに対し

新印象主義は科学的に、計算しつくした描き方で、自然の奥に潜む不変の法則に迫ろうとしたんですね。

 

 

 

スーラ

 

 

 

 

 

 

スーラは印象派の筆触分割の技法、視覚混合の効果を当時の光学理論で突き詰め制作に生かしました。

 

 

 

スーラの絵画ははじめから意図した、計算通りの方法で、作品を完成させたんですね。

スーラの作品には印象派の絵画にはない、時間が止まったような、白昼夢のような独特の雰囲気がありますね。

 

 

 

 

 

・シニャック

 

 

 

 

 

シニャックはスーラの技法に装飾性を加え制作しました。

 

 

 

スーラよりも外交的であったシニャックは新印象主義の理論をまとめた書籍を出版し、後の時代に大きな影響を残しました。

 

 

 

新印象主義以来、点描技法はひとつのブームとなり、ゴッホ、ゴーギャン、ナビ派の画家たち、ピカソにも影響を与えたようです。

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

今回は印象派新印象主義について紹介しました。

 

 

 

印象派、新印象主義の特徴はまとめると

 

 

純色の並置による視覚混合を狙った筆触分割

・一瞬一瞬の表情をとらえた絵画

・華やかな都市生活の一コマを描いた絵画

 

 

 

という感じですね。

 

 

 

日本でも人気の高い印象派ですが、なかなか高度な工夫がなされているんですね。

 

 

 

次回はポスト印象派について紹介します。

 

 

 

それではまた。

↓西洋美術史についてはコチラ↓



画家になる メルマガ
メールアドレス

画家の秘密を特別公開中!

画家になる メルマガ
メールアドレス