今回は「SSL化」設定という作業を
行っていただきます。

といってもSSL化の意味が分からないと
思うので簡単にまず説明してから
作業に入っていこうと思います。

 

まずSSL化が何を意味するのか簡単に言うと、
セキュリティを強化する事だと言えます。

専門的な話は僕たちにはあまり関係ない
ので避けますが、

サイト利用ユーザーの個人情報や
ログイン情報を、悪意のある第三者の
盗聴を防ぎ、改ざんやなりすましから守る
ことが出来るようになります。

 

しかもページ表示も速度改善や、
検索順位を上にあげていくSEO対策にも
繋がります。

もはや必須と言ってもいいくらい重要な
作業なので確実に行っていきましょう。

 

ちなみにSSL化してない場合サイトのURLは
http://〇〇〇〇〇〇.com/

という表記ですがSSL化すると

https://〇〇〇〇〇〇.com/
という表記に変化します。

httpからhttpsという表記になるんですね。
httpの後にsが付きます。

SSL化の流れ

ではさっそくSSL化を行っていこう
と思います。

といっても最新のXサーバーの契約では
自動でSSL化されるようなので、

もし既にSSL化されている方は
この作業は不要になります。

 

なのでまず自分のホームページがSSL化
出来ているのかをまず確認していきます。

まずXサーバーのサーバーパネルに
アクセスして下さい↓
サーバーパネル

そうしたらまずSSL化設定という場所を
クリックして選択していきます。

 

そうしたら自分のドメインが表示される
ので独自SSLと書かれている所が0個
なのかどうなのかを確認します。

 

0個と書かれている場合SSL設定が
出来ていないので、

設定を行っていきますが1個などと
書かれている場合すでにSSL化できている
のでこの授業はもうすでにクリアです。

 

この先は行う必要がありません。
では、まだSSL化ができていない方
(0個と表記されている方)は
ここから行っていきますね。

まずドメインの選択するをクリック。

 

次に独自SSL追加設定をクリックします。

そうしたら設定対象ドメインが

自分のホームページのドメインであること
を確認してから「追加する」をクリック
してください。

そうすると「SSL新規取得申請中です。」
と表記されるのでしばらくそのまま
待ってください。

次の画面で「SSL設定が反映されるまでの
時間について」
と表記されたら作業は完了になります。

これで1時間ほど待つとホームページが
SSL化されることになります。

このSSL化はXサーバーを使うとこのように
非常に簡単ですが、
普通はもっと複雑な手続きが必要で
大変な作業になってきます。

 

Xサーバーは非常に使いやすいサーバー
だと常々感じます。

では今回の作業はここまでとなります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!