今回の授業は以前インストールして
有効化した「all in one seo」の
プラグインの設定をしていこうかと
思います。

このプラグインは非常に高機能です。
以前インストールしたときは

アナリティクスを有効にするための
設定しかしていませんでしたが、

他の設定もしていく感じですね。

 

具体的にはサイトの内部の情報を
整理して検索エンジンが理解しやすく
するためのプラグインです。

細かい部分の意味は現時点で分からなくて
も問題ありません。

 

とりあえずサクッと終わらせて
しまいましょう。

 

「all in one seo pack」の設定

 

まずワードプレスのダッシュボードの
左側から「all in one seo」→
「一般設定」に進みます。

一般設定に進むと入力していく欄が
ありますが全てを理解する必要は
ないので安心してください。

一般設定

まず、一般設定の部分ですが
以下の画像のようにチェックを
入れてください。

「Canonical URL」
「Schema.orgマークアップを使用」
にそれぞれチェックで他にはチェックを
入れないでOKです。

「Canonical URL」はチェックを入れると
他の人間に記事などをコピーされて
しまっても自分のサイトを優先的に
表示できます。

「Schema.orgマークアップを使用」は
自分の記事が検索結果に出た時に
画像なども一緒に表示してもらえるように
なります(必ずではありませんが)。

 

ホームページ設定

 

次にホームページ設定では
ホームタイトルにホームページのタイトル、
ホームディスクリプションに

ホームページの概要解説を記入します。

 

ホームキーワードは自分のサイトに関連
するキーワードを入れておきます。

このホームキーワードは現在ほとんど
意味をなしていないようなので
適当に記入すれば大丈夫です。

 

例えば水彩画がテーマのホームページなら
水彩画などと記入する感じですね。

「固定フロントページを代用」は
無効で大丈夫です。

 

タイトル設定

タイトルの書き換えは有効に
チェックを入れます。

有効にチェックを入れると
下に色々と項目が出てきますが
いじらないでそのままにしておきます。

ここは有効にチェックを入れるだけで
大丈夫です。

コンテンツタイプ設定

次にコンテンツタイプ設定の欄。
ここは投稿、固定ページにチェックを
入れておけば大丈夫です。

表示設定

次の表示設定も投稿と固定ページに
チェックを入れればOKです。

ウェブマスター認証

ウェブマスター認証は飛ばします。

google設定

google設定は以前やったアナリティクス
の設定を行うのに使った部分です。

ここも今は特に触らないで大丈夫です。

 

 

Schema Setting

のようにチェック等しておいてください。

Noindex設定

次がNoindex設定。
noindexは検索結果に乗せたくない
場合のみチェックするところです。

ここもチェックは入れずに進みましょう。
noindexにチェックを入れると永久に
検索結果に表示されなくなってしまうので。

詳細設定

詳細設定は特に何もいじらなくて
大丈夫です。

キーワード設定

キーワード設定も現在のSEOでは
特に機能する項目ではないので無効で
大丈夫です。

更新を最後に押すこと

ここまで出来たら「設定を更新」を
忘れずに押しておいてください。

XMLサイトマップ設定

次に行うのが「XMLサイトマップ」
という設定です。

この設定を行う事で検索エンジンが
自分のサイトの記事などをしっかり認識し
素早く詮索結果に反映してくれます。

大事な設定なので行っておきましょう。
まずワードプレスのダッシュボード左から
「All in one seo」→「機能管理」
へとアクセスします。

そうするとXMLサイトマップという項目が
見つかるので「Activate」をクリックして
有効化しましょう。

そうするとXMLサイトマップという項目が
左に追加されるはずです。
ここをクリックして設定画面に進みます。

 

そうすると設定す部分がたくさん出て
きますが、下に見本の画面を用意したので
同じ部分にチェックなどを入れて設定
していけば問題ありません。

 

出来ましたか?
次に「追加ページ」、「除外項目」
とありますがここは何も変更しなくて
OKです。

優先順位と頻度という項目は
上記のように変更しておいてください。

 

厳密にこうじゃないといけないという
数値があるわけではありませんが、
目安としてこのような感じに設定して
おけば大丈夫です。

 

すべて変更し終わったら、
サイトマップを更新をクリックして
完了させます。

この更新を忘れると設定が消えてしまうので
クリックを忘れないようにしましょう。

サーチコンソールでXMLサイトマップを送信

それではこれで最後の作業となってきます。
まずグーグルサーチコンソールにログイン
します。

 

ログインしたらまず自分のサイトをクリック
します。

以前やったサーチコンソールで自分のサイト
を認証したので選べるようになっているはずです。

もし認証できてい事を指すような表示が
出ている場合前回の授業できちんと

認証確認が出来ていないという事なので
これから指示するように
作業を行ってください。

まずサイトの所有権を確認するために
以下の画面に進んでください。

 

そうしたら、「このHTML確認ファイル」を
クリックしてダウンロードしていきます。

ダウンロード出来たらXサーバーの
インフォパネルにアクセスします。

以前のサーチコンソール導入の授業で
行ったファイルのアップロードをもう一度
今ダウンロードしたファイルを使って行います。

 

サーバー欄から「ファイル管理」を選び
public_htmlの場所にファイルを
アップロードする作業ですね。

 

もし忘れてしまったという場合は
サーチコンソール導入の授業をもう一度
確認してみてください。

さて、上記は所有権の確認が上手くいって
いなかった場合のみやればいい作業です。

 

上手くいっていた人は
下の作業をやっていきましょう。

「クロール」→「サイトマップ」と
進みます。

 

上記2種類のように
画面が若干違う場合もありますが

その場合も「サイトマップ」と書いてある
所をクリックすれば大丈夫です。

(新旧2つのタイプのサーチコンソールが
あるので違う場合があります。)

そうすると「新しいサイトマップの追加」
とあるのでそこの空欄に
「sitemap.xml」と記入してください。

記入が完了したら送信ボタンを
押します。

成功すると送信されたサイトマップの
部分が成功と表示されます。

 

すぐに反映されない場合もあるので、
その場合は5~10分ほど待ってみてください。

このサイトマップの作業が完了すると、
自分が書いた記事をグーグルがしっかりと
認識してくれるようになります。

その結果検索結果の上位表示も早まる
ので成果も出しやすくななります。

是非しっかりとサイトマップの
作業も完了させておいてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!