・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
がわからない

 

画家を目指す多くの方が

営業方法、接客ノウハウ
仕事の取り方、値段の決め方

などがわからず
不安を抱えているのを
私は数多く見てきました。

 

 

彼らは
「正しい努力のしかた
がわからない」

そんな状態で悩んでいました。

 

数年前まで、私自身も
同じ悩みで苦しんでいました。

 

しかし私は本当に
運よく売れっ子作家になる
ことができました。

全国の百貨店を周りこれまでに
売った絵の枚数は
100枚を超えます。

 

10日で120万円の壁画の仕事の
オファーも受けました。

日本一の百貨店で個展を開き
100万もの
売上を
1週間の展示で出しました。

定期的に絵を注文してくださる
コレクターさんの知り合いも
たくさんできました。

 

決して頭も良くない、
絵も上手くない、不器用な私
売れっ子になれたワケを

今回はお話ししようと
思います。

この記事を読んだあなたが
今日から

画家になるための正しい努力
始められる

そんな内容となっているので
是非最後まで読んでくださいね。

 

下手の横好きだった私

私は昔から物を作ったり
絵を描いたりするのが

大好きで、毎週図工や美術の時間を
楽しみにしていた子どもでした。

 

高校に入り、自分の進路を考えた時、
大好きな美術を学べる美術大学に進みたい
と思いました。

美術予備校に入ると、絵がうまい子ばかりで
私は圧倒されました。

 

私はとにかく絵が下手でした。
下手の横好きだったんです。

私は飲み込みも悪く、ベテラン講師が
どれだけ指導しても上達しない本当に
不器用な生徒でした。

私の通っていた予備校は優秀な講師が多く、
私より後に入った後輩もどんどん第一志望
の大学に合格していきました。

 

私は取り残されていきました。

 

 

美大に入ったものの…

結局、私は3浪したにもかかわらず第一志望
の大学に落ちました。最悪の気分でした。

第二志望の大学での生活が始まります。

 

待ちに待った大学生活だったこともあり
1年生の時は楽しい毎日でした。

しかし、第一志望に落ちたからか、絵を認め
られることへの成仏しない思いが私には
残っていました。

 

それをなんとか満たすために様々なコンペに
応募することにしました。

受験と同様、結果は残念なものでした。
絵画のコンペは大作でなければ応募できない
ものが多かったんです。

小さい絵ばかり描いていた私には当然結果
を出せませんでした。

 

また、美大でも大きい絵が好まれるし、
飾りやすい絵を描いていた私はつまらない
のか評価されませんでした。

美大でもてはやされる絵は
もっと前衛的なものだったんです。

美大でもてはやされる前衛的なものは、
巨大だったり、保存に困るものが多いです。

 

そして誰かのコレクションになることも
ほぼないものが多いんです。

よって、採点が終わると、作品の行き先は
実家のクローゼットか大学のゴミ捨て場と
決まっているようでした。

 

私は理解できませんでした。私にとって
作品とは、完成した後大事に飾ってもらい
たい宝物のようなものだったからです。

もちろん中には作品を大切にするものもいる
と思いますが、大多数はそうでないように
私には見えました。

 

 

突然訪れた転機

 

そんな報われない時期が長く続き、
力を失っていた私に面白い話が
飛び込んできました。

美大で出会った友達に

「プロの画家になれる方法を教えてくれる人
がいるから会ってみない?」
と誘われたんです。

 

そこでメンターと出会って以来、
私の冴えない毎日が大きく変わり始めます。

そのメンターの方は日本に絵師(職業画家)
を復活させる活動をしていました。

 

具体的には、プロの画家を育てるため、
画家志望の若手の企画展を組むという
活動をしていました。

 

私が飛び込んだ場所は
「小さくて」「飾りやすい絵」
が評価される(売れる)場所だったんです。

 

私は初めて結果をだしました。
受験の失敗以来続いた、暗い思いが
ようやく成仏した瞬間でした。

初めて自信を得た私は描きまくりました。

 

実績も順調に伸びていき、皆が3年間で実現
を目指す個展を1年半で実現させることが
できました。

 

画家として活動を続ける中で、友達の少なか
った私にも多くの作家仲間ができました。

 

既にプロの画家として一家を養う先輩の作家
の方々とも仕事をすることができました。

彼らからはプロの画家として絵を売って、
生きていくためのマインドやテクニック
などたくさんのことを学ぶことができました。

新聞にほぼ確実に載る方法
リピーターを増やす方法
企画展を実現する方法
展示に出す絵の枚数とサイズ
購入を勧めるクロージング術
目に留まるDMの作り方
お客様を思いやる細やかな気遣いやフォロー
画家としてのビジネスチャンスをつかむ方法
売り上げ実績を安定させるノウハウ
地域ごとの絵の好み
絵を売りやすいタイミング
人が集まるワークショップの作り方

 

また、ブログを続ける中で

アクセスの集まるブログ記事の書き方
人を感動させる文章の書き方
動画の再生回数を上げる方法
SNSで仲間を増やす方法
ウェブデザインスキル

といったネットまわりのスキルにも
詳しくなっていきました。

 

身に着けた全てのスキルを伝えることにしました

身に着けたスキルを作家仲間や美大の友人に
教えた所、本当に喜んでもらえました。

彼らにとってこれらのノウハウは全く
知らないものばかりだったようです。

絵の値段の決め方から、Googleに
評価される記事の書き方まで、

様々なことを教えたところ、その友人は
目を輝かせて話を聞いてくれました。

 

画家になりたい人を応援したいと
思うようになりました。

美大を卒業すると、多くの良い絵を描く
友人は絵をやめていきました。

 

中には「作家になる!」といって制作を
つづける子もいましたが、

ほとんどが就職と同時に
描くことをやめてしまいました。

 

中には絵と全く関係のない仕事に就く子も
いて、私はとても残念でした。

そこで、手に入れたノウハウを生かし、
無料個別相談会を開くことにしました。

そして、2年前、画家になるための努力
の仕方すらわからなかった自分のような
画家を応援したいと思ったんです。

 

あなたはこうして画家になる

「画家になりたいけど、
何をしたら良いかわからない…」

そんな悩みを持つ人は本当に多いんです。

やる気も才能もあるのに、「正しい努力」
の仕方がわからず芽が出ないというのは
本当に惜しいことだと思います。

 

そんな方が、着実にステップアップして

「描いた絵がほぼ必ず売れる!」
そんな自信を持った売れっ子作家
になるための方法を紹介します。

 

ここでは、画家の成長を
3つのフェーズに分けて
解説していきます。

 

 

フェーズ1:初心者脱出

売れる会場の探し方
人脈の広げ方
アクセスの集まるブログの作り方
売れる絵の特徴

などなど、売れっ子作家になる
のに必須の下準備をしていきます。

これらを実践していけば
遅くとも、6か月で
初心者を脱出し、次のフェーズへ
成長できるでしょう。

フェーズ2:駆け出し作家


絵を何枚か売ったことのある
駆け出しの作家はこの段階です。

自分の望むの売上を出すための展覧会準備方法
あなたにとっての「売れる絵」を見つける方法
絵を買うお客様を会場に呼ぶ方法


などなど、売り上げを安定させる
のに必須の準備をしていきます。

これらを実践していけば
1年ほどで次のフェーズへ
成長できるでしょう。

 

フェーズ3:売れっ子作家

「描いた絵がほぼ必ず売れる」

 

3年間作家活動を続け100枚以上
絵を売ってきた私は確かに
そう実感できるようになりました。

 

「画家になる」で解説するノウハウや準備を
面倒くさがらず、忠実に実践できれば
誰もがこのフェーズに入り、売れっ子作家に
なれるでしょう。

このレベルになると、企業や施設から
のスケールの大きい仕事も
来るようになります。

 

絵が売れすぎて、展覧会に出せる絵がない!
絵がすぐ売れてしまうので、値上げせざるを得ない!
良い仕事が来過ぎて、仕事を選ばざるを得ない

信じられないかもしれませんが
私は毎日そんなことを考えています。

 

おそらく多くの方が実感を持てない
と思うので

「絵で稼げる!」と感じられるような
証拠画像を特別にお見せします。

↑の画像は、壁画制作の時の見積書と
1週間で約100万売り上げた展覧会の
売上計算書です。

売れっ子になるために必要な準備を
コツコツ続けていけば、このような
結果を出すのも夢ではありません。

 

 

受講者インタビュー

 

会社員をしながら、独学で絵を描き、画家を目指す彼は
「努力の仕方」がわからず、とても焦っていました。

私の講座で、画家になるための準備、努力の仕方を
学ぶことができ、とても満足して頂けたようです。

 

 

無料個別相談会

最後まで読んで頂き
ありがとうございます。

画家を目指す上での
第一歩、正しい努力

見えてきましたか?

もっと詳しく知りたい
もっと学びたい

そんなあなたのために

画家を目指す人のための
無料個別相談を受け付けております。

「絵を買うお客様を集める方法
がわからない。」

「作家活動を続ける中で
お金の不安が尽きない」

そんな不安から解放され、

「いつでも好きなだけ絵を
売れる」

「企業や施設から高単価の
仕事が来る」

そんな売れっ子作家へ
最短ルートでかけあがる

ための無料個別相談を
承っております。

本来20万円前後で提供していた
コンサルサービスですが、

今回はメルマガ読者様限定で
無料で提供させて頂きます。

画家を目指す皆様とお話しするのを
楽しみにしています。