団体展や公募、貸しギャラリー、海外出展団体へのお布施をいつまで続けますか?

これは、ある貸しギャラリーの
展示料金表です。

多くの若手作家が毎週のように入れ替わり
展示をしているわけですが、果たして

その展示でチャンスをつかんだ者はどれほど
いるのでしょうか?

 

あなたは「作家活動」を通して
意味のある投資をできているでしょうか?

私の知る限り団体展や公募、貸しギャラリー、
海外出展、これらのほとんどは集金装置
として存在しています。

これらの組織は養分としてお金と時間を
支払い続ける画家のおかげで存続しています。

これらに時間とお金を使うのは
【人生の無駄遣い】だと思いませんか?

 

美大を出たのに1枚も絵を売らずに死んでいく日本の画家たち

これは美大の授業料を表した表ですが
これだけのお金を投じて育てられた人材が

カフェやコンビニで
最低賃金でバイトをしている

 

そんなことはざらにあります。
なぜこんなことになっているのか?

 

それは美大が全く「絵を売る方法」を
教えないからです。

これまで何人もの才能が
死んできたんでしょうね?

このページを見てくれたあなたには
無駄死にしてほしくないと
私は思っています。

 

一生人の指示で絵を描く仕事で満足できますか?

「一生懸命、描いた自信の1枚が
没にされ、ゴミになる。」

「クライアントの指図で
修正を続けさせられる。」

 

そんな疲弊したデザイナーは
本当に多いんです。

彼らの話を聞くと本当に胸が苦しくなります。

 

絵の専門家である以上、1度くらい

「あなたの作品」を誰かに喜んで
買ってもらいたいとは思いませんか?

 

名画の条件を勘違いしていませんか?

優れた絵が名画として残るのではありません。

「誰かに所有された絵」の中から
優れたものが選ばれ、名画になるのです。

 

「誰にも所有されない絵」は
無かったことにされるのです。

名画になるはずだったあなたの絵
【無かったことにされる】のは
もったいないと思いませんか?

 

1枚も絵が売れない【作家活動】を終わりにしませんか?

「進路:作家活動」、就職の時期になると、
そんな進路をとる美大生はけっこういます。

しかし、その実態は最低賃金で働くバイト
がなけなしの給料を貸し画廊に
定期的にお納めする活動だったりします。

 

もちろん絵が売れることは
ほとんどありません。

限りある時間とお金を
無思考にドブに捨てる

 

そんな人生で本当に良いのでしょうか?

それは本当にあなたの望む
「作家活動」なんでしょうか?

 

あなたの絵が欲しい人はきっといる

「あなたの花の絵は綺麗だから、
何度でも制作を頼みたい。」

「あなたの絵は買い続けるから
やめるんじゃないぞ。」

そんなことを言ってくださるコレクターさん
は実際にいるのです。

 

もちろん、あなただって正しい知識と
十分な行動を積めば、

そんな方に出会えるでしょう。

 

あなたを待っている
【あなた専属のコレクターさん】のためにも

【絵を売る方法】について
本気で学んでみませんか?

 

「絵は売れない」は「先輩画家」からの洗脳

「絵は売れないものと諦め、
絵と関係ない仕事に就き、

結婚した元美大生ですが、この講座は
目から鱗でした。

またもう一度頑張ってみよう、
そう思えました。」

これは生徒さんの声です。

 

この方は一昔前の常識に縛られ、
自ら可能性を潰していました。

 

しかし、ここ数年で状況は一変しました。

まだ、アート業界は変化に
立ち遅れていますが、

動き始めている画家は少なからずいます。

Googleのおかげで、誰もが質の高い情報を
収集できるようになり

Amazonのおかげで、ネットで物を買う
のが当たり前になり、

Facebookのおかげで、機械音痴でも
オンラインで影響力を持てるようになりました。

大企業と張り合えるレベルの広告を
出せるようになりました。

Appleのおかげで、誰もがスマホを持ち世界中
どこでも情報を送受信できるようになりました。

 

まだ知られていないだけで、この状況を
生かして、絵を売る仕組みを作った画家
既にいるのです。

 

今後、こういった変化はさらに急速に進み、

「学ぶ者」と「学ばない者」の格差は
さらに広がっていくでしょう。

 

「絵は売れない」という時代遅れの洗脳から、
解放され自由になるか否かはあなた次第です。

 

情弱は搾取され続ける

私がアート市場の現場で得た最大の教訓は

「知らない者」は「知っている者」の餌になる
ということです。

 

他の業界と比べ、風通しの悪いアート業界
では、そんな理不尽が横行しています。

 

最新のアート市場の状況、集客方法や
収益化の方法を

「知っている者」は「知らない者」から
搾取を続けるのです。

 

アートの世界にミシュランガイドはない

最高の料理を作る「経営がヘタクソ」な
シェフの店は、

ミシュランガイドが救ってくれる
かもしれません。

 

しかし

最高の絵画を描く「経営がヘタクソ」
な画家が救われることは永遠にありません。

これは経験上、自信を持って言えます。

 

優れたモノを作っていても、
優れた売り方を知らなければ、

永遠に誰にも知られることはないのです。

「本当はやりたかったこと」に挑戦せず死ぬということ

「画家の仕事は大変だけど、
あの頃よりはマシ。」

これは有名広告代理店に就職氷河期に
入社したにもかかわらず、

画家に転向した友人の言葉です。

 

私が最もお伝えしたいのは

「本当はやりたかったこと」に
挑んで欲しいということです。

 

人生が終わる時

「こんなはずじゃなかった!」
言っても遅いのです。

 

残りの人生のうち最も若い今こそ、

「本当はやりたかったこと」
を始めてみませんか?

売れっ子作家6名の知恵を結集した絵を売るための新講座

これまで、私は日本全国の百貨店での展示、
個人のコレクターさん、施設の壁画制作など
に向けて絵を100枚以上売ってきました。

 

日本一の売り上げを誇る百貨店、
新宿伊勢丹での個展では1週間で
100万円以上売ったこともあります。

オーダーメイド作品の注文
常に1,2件抱えています。

 

200万円の壁画を動物病院に
納めたこともあります。

 

そして、今回は私以外の売れっ子
作家5名に協力していただきました。

 

国内有名オークションで活躍する方

複数のコマーシャルギャラリーで活躍される方

国内外の百貨店で活躍される方

オンラインで高単価の絵を安定して売る方

などなど

私の知る限りの選りすぐりの人材
ご協力頂きました。

 

そんな6名の現役売れっ子作家の知恵と経験
を結集した講座が

【まず1枚絵を売るための3STEP】なんです。

 

世界でたった1枚のあなたの絵を売るための
方法を3つのSTEP、15本の動画と7つの特典
通して徹底解説していきます。

STEP1:【あなたにとっての売れる絵】を【売れる場所】で【売る方法】

STEP1は展覧会で絵を売る方法
特化しています。

売れる絵を売れる場所で、
売れるための用意を整えて
展覧会で絵を売るのです。

 

全てのステップの基本となる手法なので、
絵を描く全ての人に役立つ

一生モノのノウハウとなるでしょう。

 

STEP2:売上の100%をもらう「隠れコレクター発掘法」

STEP2はオーダーメイド作品受注
絵を売る手法です。

あなた専属のコレクターを発掘し、
直接取引で絵を販売するSTEPです。

 

このステップをマスターすることで、
売り上げは大幅に伸び、

安定した作家活動を送れるようになります。

STEP3:ネットでお客様に「売ってください」と言わせる画家

 

Instagramにただ、絵を並べていて
誰にも見向きもされない画家もいる一方で

絵をSNSに投稿するだけで、

「売ってください」と言われる画家
実際に存在するのです。

彼女の全手法をステップバイステップで
解説していきます。

また、SNSだけでなく、上位1%のブログを
作った私が、ブログでの情報発信についても
解説していきます。

オンラインでの情報発信で効率的に
あなたの信者を増やせれば、絵は売れます。

画家はファンビジネスなのです。

まず1枚絵を売るための効果実証済みノウハウの数々

 ◎【初公開】絵を買う人が大切にする【特別な○○】演出方法 

大企業の社長さん、有名百貨店の外商顧客、
中国の富豪の方などなど、様々な
【大コレクター】を接客する中でわかった
【特別な○○】の演出方法を公開します。

100枚絵を売ったプロの画家が、受講者のみに
明かす【絵が売れるようになる】
極秘マインドセットです。

 ◎100枚絵を売ってわかった【描けばすぐ売れる絵】の4つの特徴 

【売れる絵】の法則をモチーフ、技法、額装、
価格、サイズの観点から徹底解説します。

マネするだけであなたの絵が
【売れる絵】に変わるでしょう。

 ◎ルーブル美術館に学ぶ【絵が売れる場所】の見つけ方 

有名百貨店やコマーシャルギャラリーといった
一流の場所で展示するための考え方や方法
受講者にのみお伝えします。

 ◎あなた独自の世界観、個性を発掘する一生モノの実践ノウハウ 

「マネするだけで独自の作風が生まれる」
そんな一見矛盾した効果抜群の練習方法です。

機械的に実践するだけであなた独自の
世界観が見つかることでしょう。

 ◎【あなたにとっての売れる絵】を見つける方法 

「世界であなたしか描けない絵が
飛ぶように売れる」

そんな場面を想像してみてください。
「アート市場」と「作家性」の成り立ちさえ
わかれば、そんな夢だって叶うんです。

 ◎コレクターを虜にする【ご指名作家】の特徴 

「あなたの絵だから買いたい。」
そんなことを言われたら天にも昇る気分
ですよね。

そんな作家にあなたを変えるための
マインドセットを受講者限定でお伝えします。

 ◎4,50代の専業画家が絵だけで生活できる本当の理由 

私が実際にお会いしたプロのベテラン画家に
共通する経営術を受講者限定でお伝えします。

アート業界の成功者は最新の技術に
疎いことも多く、ネットで情報を
発信していません。

こういったノウハウがネットで手に入るのは
この講座だけでしょう。

 ◎【高リピート率】ルーベンス流オーダーメイド作品受注テンプレ 

巨匠ルーベンスが時の権力者を満足させ
続けた手法がわかる講座です。

あなたもお客様も最高の気分で絵を売買できる
オーダーメイド作品受注テンプレをお伝えします。

 ◎【明朗会計】気持ちよくお代を頂く上で必須の料金システム 

「フリーの画家は取引の段取りと責任を
一人でこなさなくてはいけません。
それが不安です。」

そんな読者の声に応えた効果実証済みの
【もめないシステム】をご紹介します。

あなたの絵を注文してくれたお客様を
最高の気分にさせ、リピートを狙う上でも
必須のシステムと言えるでしょう。

 ◎コレクターの脳内をのぞき見する禁断のワークシート 

機械的に実践するだけで、あなたを
オーダーメイド受注【経験者】に変える
3つのワークを紹介します。

 ◎【悪用厳禁】あなたの信者が増えてしまう5つのストーリー 

画家はファンビジネスです。
ファンがいれば絵は常に売れます。

ライバルが増える覚悟で
極秘の情報発信マインドをお伝えします。

 ◎【業界初】ど素人をカリスマに変える最新ブランディング術 

「自分のブログに絵を載せた瞬間絵が売れる」
誰もが1度は夢想しますよね。

しかし、実際にそんな画家はいます。

その秘密は彼らのカリスマ性にありました。
ここではそんな「カリスマの作り方」を
解説していきます。

 ◎【次世代型】「高くても絵が売れる!」効果実証済みオンラインセールス術 

「あなたの絵を売ってください。」
ある日SNSでそんなメッセージが届いた
画家がいます。

この回では彼女が行った準備の全てを
解き明かしていきます。

 ◎【画家2.0】21世紀は画家にとって最高の時代である3つの理由 

「画家なのになんでブログを
書いているんですか?」

私はよくそんな質問を受けますが、本音を
語ることはこれまでありませんでした。

敵を増やすかもしれない「不都合な真実」
含め、現代が画家にとって最高の時代である
3つの理由をご説明します。

 ◎【画家でも生涯安泰】画家の楽園へのご招待 

「好奇心と根性」のある画家のみを
【画家の楽園】へお連れする。

それが私の究極の目的なんです。この講座は
その候補生を探す手段でもあります。

詳細は講座の中でお伝えします。

【インタビュー】4枚も絵を売った生徒さん

 

なんと!生徒さんの中から

1回の個展で4枚も絵を売った
画家さんが現れました。

私がで紹介したノウハウや考え方を
フル活用し、

素晴らしい結果を早くも
出してくれたようです。

今回はそんな素晴らしい生徒さん
早川希さんにインタビューを
させて頂きました。

 

Q:私のノウハウを学ぶ前、どんなことに困っていましたか?

とにかく個展会場では1枚も絵が売れない。価格の提示に罪悪感や遠慮があって、提示することが出来ませんでした。
SNSの発信からファンになって下さる方が少しづつ増えてきて、遠方からもご来場は頂けるのですが、グッズ類のご購入をして下さる場合はありますが、絵画購入までは至らない。そんな状態でした。

いつも使っている会場は、金額面では良いのですが、場所が目立たない事、展覧会情報は会場では全くタッチしていないので広報的なことは全部自分でやるしかなく、集客が難しい状態でした。
しっかりした美術教育は受けておらず、あらゆる知識が無いので、絵も展示も何もかもが全て手探りなので、どこか自信が持てないままでいました。

 


Q2;私のノウハウを学んで、どう変わりましたか?、どんな成果が出ましたか?

新聞への掲載依頼が出来ることすら知らなかったので、今回黒沼さんの丁寧な説明を参考にして、慣れない資料作りに挑戦し、思い切って送ってみました。結果、一社だけですが掲載して頂くことが出来ました。

実際に新聞を見てご来場下さった方々もいて、行動する事の大切さを体験しました。

以前少し通っていた絵画教室で、展覧会では小さな絵はダメで、とにかく大きなものを…と言われていました。
その為、その後も何の疑いも無く、自分の出来る範囲ではありますが、展示作品全てを大きめなものにしていましたが、

 


黒沼さんのお話から、飾りやすい小さな作品を多く並べ、大・中・小と変化のある展示にした結果、4枚も絵が売れるという嬉しい結果に繋がりました。

絵の内容も、前回までは自分が挑戦や冒険した作品が殆どでしたが、
今回は黒沼さんが伝えて下さっているように、それらの数を抑えて、飾りやすいタイプの物を意識して増やしたのもご購入へと繋がったのだと感じています。

Q3:スクール参加を検討される方に一言お願いします。

私自身は本来全く社交的でも無く、積極的でもありませんし、おそらく自己肯定感も低いタイプだと思います。
ですので、何事に関しても何か行動を起こすことについては、かなり大きな勇気が必要です。

スクール参加についても、とても気になりながらも即決は出来ませんでした。

黒沼さんの事を知ったのが個展開催の3週間ほど前だったでしょうか・・・

これまでの結果に満足していなかった私は、続く挫折感に今回の個展をやる意味があるのだろうか、
今後も続ける意味があるのだろうかと悩みと不安を拭いきれずにいたところでした。

そんな時目にした内容では、展覧会開催までの準備や展示に関するあらゆる知識を出し惜しみせずに公開して下さっていました。

崖っぷち感でいっぱいだった私は、良い結果が出ようと出まいと、とにかくその時点で出来る事を思い切って取り入れてみようと、決心してやってみました。

この時点ではまだ、スクールに参加していたわけではありません。
でも新聞掲載に続き、絵画購入へと結果が続いていくことで、もっと深く学んでいきたいと思い始めるようになりました。一時的に絵が売れても、今後へ繋げて行かなければ意味が無いですから…。

行動を起こすというのは、勇気はもちろんですが、エネルギーも相当使います。
そして必ずしもすぐに成果が上がるという保証はありません。

でも全くやらなければ0%だったものが、行動することによってその可能性は0では無くなるといことは確かです。
よく目にするトライ&エラーという言葉。経験から得られるものは、その先へ繋がるはずだと私自身も信じています。

「絵」で生きていくというと、大抵の人からは夢物語だと思われてしまいますが、それを現実にするには、
 自分には無理とか、可能性は低い…などと考えている時間があったら「まずは何かやってみる」事が大切だと感じています。

私はスクールに参加することで、黒沼さんという存在に依存するのでは無く、スクールで学ぶ内容を大切に活かさせて頂いて自分の可能性を広げて行きたいと考えております。

 

生徒の皆さんから喜びの声が届いています

オンラインスクールに入る前は

「美大卒なのに、趣味で描いてるんです。
大した事ないんです。」

と言っていて情けなかったです。

 

画材や個展の開催費用に困っていました。

絵は売れないものと思い込んでいたので、
オンラインスクール受講前は絵画教室の
講師アルバイトを考えていましたが、

絵を売る事も考えるように
気持ちが変わりました。

 

スクール参加後は身近な人たちに、
「絵を描いてます。」と言えるようになり、

気持ちが前向きに変わりました。

1枚だけですが絵を買ってもらえることが
出来て、希望が持てるようになり、

意欲的に絵を描くようになりました。

 

価格以上の濃い内容、サポートに感謝を
しています。
絵を描いている方におすすめしたいです。

 

早速オンラインスクールの内容を実践し

「まず1枚絵を売る」を達成した生徒さんが
現れてくれました。

必要な知識、考え方、最適な行動が
身につけば

あなたが思っているほど「絵を売る」のは
難しいことではないのかもしれませんよ。

 

 

この方は、画家やデザイナー、起業家など、
クリエイティブな仕事をする人の人生を

絵本にする というサービスをやっている
デザイナーの方なんです。

実は私もこの方に今、
絵本を作ってもらっています。

この方からはこんなコメントを頂きました。

 

黒沼さんこんにちは!

オンラインスクールに入る前は
画家になろうとしている人が

どんな心持ちなのかがわかりませんでしたが、
スクール参加を通して、
それがわかってきました。

またスクールに入って、作家活動における
孤独感が和らぎました。

ありがとうございます。

為になる情報がこの値段で垂れ流しで
いいの?といった感じの

安心できる内容がまとまっています!

 

このように、実際に
「自分が描いた絵を売りたい」画家の方
だけでなく

デザイナーや学芸員、起業コンサルタントの
ような画家をサポートする仕事の方々でも、

スクールに参加している方は
結構いらっしゃいます。

 

彼らからもご満足頂けたようです。

 

 

オンラインスクールに入る前は
描いた絵でどうやって道をひらくのか
わかりませんでしたたが

スクール参加後は理論的で自分に合った戦略
を考えるようになりました。

黒沼さんは気さくでとても魅力的な人ですよ、
もし不安があれば
相談してみるのもよいでしょう。

 

彼はその高い油絵の技術を生かし、作品販売
のみならず、油絵のオンライン絵画教室
の運営にも挑戦しています。

このように、スクール参加者には
生徒の得意技を生かしたオンラインスクール
開設のアドバイスもさせて頂いています。

 

オンラインスクールに入る前は
ブログの書き方や、

絵の売れ筋(絵のサイズやモチーフなど)が
わからずに困っていましたが、

オンラインスクールに入って、やり方が
わかってやるべきことがわかりました。

 

絵なんて売れるわけない、でも、本当は
自分が描いた絵が売れたらすごいな

僕でも絵を描いて展示したら売れるのかな、

自分が描いた絵が売れたら
どんな気持ちになるんだろう。

絵を売って、買った人が喜んでくれたら
きっと素晴らしいだろうな。

 

そんな感じで、わからないけど、
わからないまま、誰にも聞けずに

ほうっておいて、絵のことで悩んでいる人は
とっても多いと思います。

 

でも、絵が売れる人は、美大卒や
美術に偏った人ではないと思います。

だとしたら独学だからできない
ということはありません。

 

絵を描いて展示して売った人が
絵を売れる人であり、学歴ではなく、

絵を売った人が絵を買ってもらえるわけです。
つまり行動です。

そのことを黒沼さんに教わった気がします。

 

もし絵を売って生活したい、と思うなら
まずはなにか始めましょう。

 

オンラインスクールは、もちろん絵が
売れている黒沼さんだけでなく

それとは対照的に絵で悩んでいる人とも
交流できます。

何がわからないのかもわからない方も
いらっしゃると思います。

吐き出してみなければ
わからないことがたくさんあります。

 

この方は会社員をしながら、毎朝4時に起きて
絵を描くという生活をしている画家さんで、

私のスクールに入る前は、

「描いた絵を売ってみたいけど、
何をしたら良いかわからない。」

そんな状態でした。

ただ時間だけが過ぎていくことに
非常に焦っていて、

自分が美大卒ではないことを
コンプレックスに思っているようでした。

 

しかし、頂いたコメントにあるように、
オンラインスクールに参加すると、

独学だから美大卒でないからできない
ということはないと、わかり、

やるべきこともはっきりしたため、
着実に前へ進めているようです。

 

オンラインスクールに入る前は
自分の絵をアピールする方法を
知りませんでした。

知人や仲間内でしか見せる
手立てが思いつきませんでしたが

 

ブログでファンを作るところから教えて
いただき家にいて簡単にファンを作ることが
できることを知りました

オンラインスクールの講座の内容はまだ
目を通していないものもたくさんあり

それだけたくさんの情報があり
大変内容の濃いものです。

 

顧客の気持ちにたった、買いたくなる絵は
どういうものか、

最初の一枚の絵の売り方から
教えていただけます。

 

実は黒沼様のオンラインスクールに入る前に
同じようなことを言っている

オンラインスクールがあったのですが
同じことを何度も何度もメルマガで発信され

大変長い文章で 大変回りくどく肝心なこと
は抽象的で理解しにくかったし

私はスクールに入ってもイライラが
募ることが予想できました。

 

その方は読者さんからくる相談に
答えていられるようなのですが

たまにグチや

「こんなことを言ってくる人がいるが
皆さんはどう思いますか?

多くの読者さんもこう言っていた僕が悪いん
じゃないというのが実証されましたね。」

 

というなんか子供じみたメルマガ内容にも
うんざりしてきましたし

「僕のこの画力はまだまだ
成長して行ってる!」と

大変自信を持っておられ

 

それはそれで素敵でしたが私はその方が
大変自信満々に語っている

その絵が好きではなく習いたいとは思えず
絵を売ることを諦めていた時

 

黒沼様のオンラインスクールが
目に止まったからです。

素朴で優しく一生懸命なお人柄を感じます

 

といった声を頂きました。

オンラインスクールの感想を生徒さんに
伺ったところ、思いがけず私の人柄も
ほめて頂き非常に嬉しく思います。

Mさんありがとうございました。

 

確かにメルマガを配信している方には、
本当にいろんな方がいるかと思います。

画家はファンビジネスであるという話を
しましたが、

これはオンラインスクール運営にも
言えることなんだと思います。

 

フィーリングのあう相手から学ぶというのは
私自身も普段から心掛けています。

なので、もし、
「黒沼の話をもう少しきいてみたい」

そんな方がいらっしゃいましたら、
オンラインスクール参加を
ご検討頂ければと思います。

 

オンラインスクールに入る前から
自分の絵は描けていて、

グループ展などで公開の機会は幾度も
経てきましたが、

自分の絵を「売る」ということにおいては、
画壇の重鎮のような、画廊がお膳立てして
くれるような、

偉い人より、自らが一生懸命工夫して、
時代に合わせたアクティブさを持つ、

若い人の旬なアドバイスの方が
参考になると思いました。

 

フォトショップを駆使するとかは
若い人ならではで、

その辺りもいいなと思いました。

「あなたもなれる、現代の画家入門」
といった感じですね。

 

このオンラインスクールは黒沼先生が、
自らの体験を経た手法を具体的に

詳しく解説してくださっているのが
大変参考になります。

まずはいろいろとやってみること、
そうすると次の課題が見えてきます。

 

絵を描く人が苦手なのは、人に直接会って
コミュニケーションを取ること。

だけど、自分の作品を買ってくださる
お客様に感謝の気持ちがあるなら、

口下手でも気持ちは伝わるはず。
そこも黒沼先生は具体的なトークにも
触れています。

「動いたことで、思っていた以上に
可能性が広がった」

なんてこともあると思います。

 

あなたが本気で自分の作品を売ってみよう
と考えているなら、まずは動きましょう。

ただ、闇雲に動いても、
遠回りになりがちです。

 

そんな時、黒沼先生のアドバイスを活かし、
都度質問にも答えていただけるのですから、

やる気のあるあなたが
成功できないはずがないのです。

 

まずはあなたはどんな画家になりたいのか、
イメージしましょう。

それをそのまま黒沼先生に
相談してみて下さい。

同じように学んできた仲間がいますので、
仲間からの意見も参考になります。

 

あとはあなたが動き始めるのか、
いつまでたってもやらないか、
それ次第です。

「あなたはいつまで一人で悩んで
いるんですか?

本気で絵を売りたいあなたなら
必ずできると思います。」

 

 

といったメッセージを頂きました。

非常に熱いメッセージですね。

この方は個人でデザイン事務所を経営する方
で、国内外を問わずデザインや広告業界の

様々な仕事を経験していました。


大学や小学校、中学校での講師の経験も
ある方で、本当に人生経験豊富な方
だったのですが、

「絵を売る方法」については、
知らないことばかりだったようで、

私のオンラインスクールに入り、
ご満足して頂けています。

 

オンラインスクールに入る前、
私は教育機関で学んできたことは
学んできたけれども、

それをどうやってつなげていくか、
稼いでゆくのかわからずにいました。

 

ネットにその可能性を見出していたのは
割と前からではありましたが、

何が重要なのかがわからずホームページ作成
もSNSもおざなりでした。

 

ですからホームページも触っては離れ
放置したものがいくつかあるかわかりません。

言われている事はわかっているけど
それが影響してどうなるのかという実感も
なかったからかもしれません。

 

ネット上での可能性、チャンス、
人との繋がりを繰り返し触ってゆくうちに
本気度が上がっていくのだと思います。

それでも私は自分流にマッチングサイトや
適当に自分の作品を投稿したりしていましたが、

 

なかなか仕事にもつながらなかったので
もう一度ちゃんとホームページも勉強しよう。

と自分で自分の重い腰を
起こした感はあります。

 

オンラインスクールに入り、
「将来こうなりたい自分」になっている人の

指導を受けることができ、何をすれば
よいのかが見えてきたので時間を無駄にせず、

道がはっきりして、良かったと思っています。

 

絵を描くというのと絵を売るというのは
別だと思っています。

売る事に困難を覚えているならなにか
「これかもしない」というものに
手を出すべきだと思います。

 

どんなに才能があったってセールスをしない
といいものも売れないですし

もしあなたが迷っているなら
参加してみたほうがいいですし

現状をなにか少しでも進めたいのでしたら
参加されることをお勧めします。

 

 

この方は沖縄在住の方で、
海外の美大での留学経験もあり、

絵の技術も高い方なんですが、
「絵の売り方」や現代の画家としてのPR方法

についてわからず、空回りしていた
みたいなんです。

 

本当にこの方は努力家で様々なオンライン
での勉強会に参加していたことも

あるようですが、思い通りに
いかなかったようです。

 

私のオンラインスクールに入り、初めて
学ぶことが多かったようで、

ご満足して頂けています。

 

オンラインスクールに入る前、一番
困っていたのは相談相手がいない事でした。

私の場合、所属団体の先輩たちが個展を
やったりするのを見たりしていたので

 

なんとなく、自分に合った場所ややり方
などは分かるような気がしていましたが、

所属団体自体と、あまり、合わなくなって
来てしまっており、

この先どのようなやり方をしていこうかと
悩んでいた所でした。

 

ほかの団体へ移ろうかとも考えたり
しましたが、それも正解ではない気が
しておりました。

ですのでスクールに入ってからは相談
出来る場がある、という安心感を持てている
のが一番大きいかと、思っています。

 

オンラインスクールに入ってからは、
自分を売り出して行くんだ

というモチベーションが保てています。

 

SNSを使わなければ、という思いが
有りながら、一人でやっている時には、

先伸ばし先延ばしにしていたのですが、

スクール内容に、ブログの項目があり、
「矢張り!」と思って、今、準備中です。

 

一人だったら、まだ先延ばしにしていたかも
しれません。

私の場合、パソコン自体が苦手なので、
パソコンスクールで手解き受けながら
ブログの準備始めました。

 

私はどちらかというと、進みながら考える
タイプなので、感覚的にこれかな、

とおもった事は、始めて見るタイプです。

進みながらなので、間違ってしまう事も
ありますし、軌道修正にストレスを
抱える事もありますが、

 

黒沼先生のオンラインスクールは、いつも
私のペースを尊重してくださり、

そんなストレスを抱える事もなく、
楽しく参加させて頂いております。

 

 

この方がコメントしてくれた通り、
このオンラインスクールには私を含む

多くの作家がいますので、絵のことを
相談できる仲間がたくさんでき、

 

自分を売り出して行くんだという
モチベーションが保つことにも
役立つでしょう。

また、それぞれの生徒さんが自分のペースで
無理なくステップアップできるというのも、

オンラインスクールならではだと思います。

 

まだ自分は描く枚数をこなす段階なのを
わかっていたので参加を少し悩みましたが、

先にある程度予備知識があったほうが、
この先無駄な周り道が減るかと
思って受講しました。

 

なかなか絵画教室で得るのが難しい
技術面の知識を得て、練習に
生かしたりしています。

単に集客術や戦術を知るという面だけ
でなく、自分の現在の立ち位置を知ったり、

何が足りていないかを理解するためにも
有用な講座だと思います。

 

この方がコメントしてくださったように、
私の講座では集客術や戦略といった

「絵の売り方」だけではなく

なかなか絵画教室でも得るのが難しい
技術面の知識も提供しています。

 

また、コメントには

参加を少し悩みましたが、先にある程度
予備知識があったほうが、この先無駄な
周り道が減るかと思って受講しました。

とありますが、オンラインスクールでは


画家を目指すあなたの大切な時間をムダに
しないための私が知る限りの

最適な方法をお伝えしています。

 

オンラインスクールに入る前は
自分の仕事の環境が変わり、

絵を描いて生活したいと
思っていたところでした。

 

作品のPR方法がわからず悩み、同期の
活躍を見るたびに

「若いころから活躍できる人は一握り」、
半ば諦めている節がありました。

 

オンラインスクールに入り

ブログ記事を書く時に押さえておく
ポイントがわかりました。

具体的には

・目標とする月間PV数
・どういったキーワードを盛り込んで
書けばいいか
・どういったキーワードが絵を描く人
or絵を学びたい人に受けるか

がわかりました。

 

また、ブログの動線から絵を売る方向性
に持っていくアイディアを提案
してくださるので、

「そんな方法もあるのか」と
新たな気づきもあります。

 

自分は引っ込み思案で、PRが得意
ではないと思っていました。

ただ、講座を通してPRは自分を売り込む
ことというよりは相手に価値を提供する
ということなのかな

と少しずつ実感が湧いてきています。

 

当たり前のことかもしれませんが
実感として感じられるという点で
変わっていったと思います。

 

また、今までは絵を描いていると
口に出すことすら積極的に出来なかった
自分が、

絵を描いていると言えるようになった
のも変化の一つです。

 

講座内容の濃さはさることながら、
黒沼さんの親しみの持てるお人柄で

安心して相談できる点もオススメです!

 

売ることについて悩みながら
絵を描いている人、

絵で活動することは難しいのではないと
思っている人、

自分のように絵の活動への恐怖心
がある人など、

 

「絵を売りたいけど…」と思っている方
はまずは一歩踏み出してみませんか?

 

この方がお話ししてくれたように
この講座では

ブログやSNSを通して、現代の画家として
情報発信や価値提供をし

収入の柱を作っていくためのノウハウ
や個々人へのアドバイスも行っています。

初心者にも理解できるようにかみ砕いて
説明しているので、機械が苦手な方も
ご安心ください。

【早期購入者限定】 割引価格でご案内

 

最後に【まず1枚絵を売るための3STEP】
のお値段のお話をさせて頂きます。

このオンラインスクールは画家を目指す
若い人にも手に取って頂きやすいように

今回の募集に限り、大幅なお値引きを
させて頂こうと思います。

美術予備校、美大、百貨店美術画廊、
壁画の現場などなど様々な場所で

膨大な時間と苦労を重ねて見つけ出した
「実際に上手くいった方法」
手頃なお値段で提供させていただきます。

【まず1枚絵を売るための3STEP】

¥149800→¥49800
(先着30名まで、残り8人)

今回の値段設定で参考にしたのが、
銀座の画廊の出展料です。

以前参加した、銀座の画廊での展覧会では
1週間の展示で15万円でした。

15万円払い、何か学べたかといえば…

 

なお、定員が埋まり次第、割引前の値段で
の販売となります。

また、万が一

「購入したものの期待通りの内容
ではなかった…」

という方のために

今なら30日間の返金保証
させていただきます。

(これまで、数十人の生徒さんにご参加
いただきましたが、今まで一度も返金手続き
がないんです。)

大変お求めやすいこの時期に
興味のある方は是非手に取って頂ければと
思います。

 

是非、みんなで日本を子供たちが
「画家になる」と言える場所に
変えていきましょう。

【まず1枚絵を売るための3STEP】

¥149800→¥49800
(先着30名まで、残り8人)




※↓必ず読んでください決算終了後の
下の画面で右下のボタンを押してください。
(下の参考画像)

をクリックすると
画家になる閲覧画面へ移動します。

もし上のボタンを押さずに画面を閉じて
しまった方は画家になる閲覧画面へ
移らないので、私にご連絡ください。

改めて登録フォームを送らせて頂きます。

メールアドレス:kuronumaart@gmail.com

 

ペイパルのアカウントを持っていない方へ

ペイパルアカウントの作り方は↑を
ご参照ください。

とても簡単なので、誰でもすぐに
作成できますよ。

また、ご一括払いの方に限り
銀行振り込みでの対応を行っております。

銀行振り込みをご希望の方は
下記アドレスでご相談ください。

メールアドレス:kuronumaart@gmail.com

【早期購入者限定】豪華7大特典

特典1:画家でも生涯安泰になる方法

「好奇心と根性」のある画家のみ
【画家の楽園】へお連れする。

それが私の究極の目的なんです。

頼れる作家仲間と安定収入の柱の両方
手に入れる、画家でも生涯安泰になるための
道筋をまとめた特典となっています。

特典2:まず1枚絵を売るための3STEPフル活用ガイド

「私にもできるかな?」

そんな不安を解消するガイドブックです。

ボリューム満点の本講座を着実に身に着けて
頂くための

とにかくスモールステップで
親切な特典となっています。

特典3:実際に売れた絵 アーカイブ

 

私を含む6名の作家の様々な
作風の作品アーカイブです。

モチーフも技法も様々な「実際に売れた絵」
のみを集めた、ここでしか見れない
作品アーカイブとなっています。

これさえあれば、
【あなたにとっての売れる絵】
も見つかるはず!

特典4:実際に売れた額装 アーカイブ

【あなたにとっての売れる絵】
と同じくらい見つけるのが大変なのが

【あなたにとっての売れる額装】でしょう。

特典4は、様々な実際に売れた額装ばかりを
集めたアーカイブとなっています。

これさえあれば、
【あなたにとっての売れる額装】
も見つかるはず!

 

特典5:売れっ子先輩作家アドバイス集

日本全国の百貨店、個人のコレクターさん、
施設の壁画制作などを通し、
絵を100枚以上売ってきた私を含む

売れっ子作家6名による駆け出し
画家向けのアドバイス集です。

国内有名オークションで活躍する方、

複数のコマーシャルギャラリーで活躍される方、

国内外の百貨店で活躍される方、

オンラインで絵を安定して売る方などなど

私の知る限りの選りすぐりの人材に
ご協力頂きました。

そんな6名の現役売れっ子作家の知恵と経験を
結集し、

駆け出し画家の抱える4つの疑問
答えていきます。

特典6:【マネするだけでOK】絵が上手くなるためのカンタン特訓メニュー

 

 

フェルメールやターナー、ドガといった
西洋絵画の巨匠の絵のレシピを紐解き

あなたの絵にも【巨匠の名画の威厳】
を宿らせるカンタン特訓メニュー

 

 

PIXAR映画のような、鮮やかな色彩と立体感
を両立した絵を機械的に生み出す方法

 

 

描けば売れる「夕日の絵」を描く方法など
を盛り込んだ初心者向け絵画教室です。

あなたの絵のクオリティーはこの特典を
フル活用するだけで、十分なものになり
「上手い画家」の仲間入りを果たせるでしょう。

 

特典7:作品個別講評サービス

 

あなたの作品画像を預かり、マンツーマンで指導させて頂きます。

上手い絵を描けるようになりたい。」
「憧れの画家の○○風の絵を描けるようになりたい。」
売れる絵を描けるようになりたい。」

そんな幅広いニーズに、

美術史&技法材料&アート市場オタクの私が
マニアックな指導でお答えしていきます。

 

安心の30日間返金保証

万が一
「購入したものの期待通りの内容
ではなかった…」という方のために

今なら30日間の返金保証を
させていただきます。

(ちなみにこれまで、数十人の生徒さんに
ご参加いただきましたが、今まで一度も
返金申請はないんです。)

 

よくある質問

Q.
初心者の私でもできるでしょうか?

A.
 実際にスクールに入った生徒さんも
ほとんどが参加前は同じ不安を持っていま
したが、今は十分に取り組めています。

メールでのサポートも行っているので
初心者には親切なシステムに
なっていると思います。

Q.
経歴がない美術を専攻しておりません。
専門スキルはありません。
ど素人の独学です。

そんな私でも意味のある講座でしょうか?

A.
正直申し上げて、「絵を売る」ことに
学歴は関係ありません。

技術も実はあまり関係ないです。
実際に学歴も絵の技術もないのに、

私よりも売れている画家はいます。

そんな売れっ子作家が「売れている理由」が
わかる講座になっています。

Q.
機械に弱い私でもできるだろうか?

A.
私はつい数年前まで、パワーポイントも
まともに使えない機械音痴でした。

そんな私は機械音痴の気持ちが
本当によくわかります。

私の講座は、機械に関する初心者向けの指導
には定評があるので、心配ないでしょう。

Q.
黒沼さんと違って私は…

A.
正直に申し上げて、私は人一倍不器用でした。
そして臆病で頭も悪かったです。

ですが、トライ&エラーを繰り返し
ここまで来ました。

おかげで、画家が経験するたいていの挫折は
経験しています。

そんな挫折をショートカットして、
スムーズに「敷かれた線路を走る」だけで、
スムーズに前に進めるかと思います。

道なき道をケガをしながら前に進むような
ことはないのでご安心を。

Q.
自分のペースでやれる時に
学ばせて頂いて大丈夫ですか?

A.
もちろん大丈夫です。生徒さんも自分の
空き時間に好きな場所で動画講座を視聴し、

好きなタイミングで質問したり、
ワークを提出したりしています。

人によって、成長のペースも空き時間も
異なるので、マイペースで楽しみながら
学ぶことが重要だと思います。

Q.
自分の画力でこの絵は 人々に対して
売り物としての価値はあるのか?
と疑問に思ってしまいます。

A.
作品が購入に値する価値があるか?

これを決めるのは画家ではなく、
個々のお客様です。

お客様にも様々な方がいるので、
「タダでも要らない」と思う人もいれば、

「いくらでも売って欲しい。」
という方もいます。

謙虚なのは素晴らしいことですが、
あなたの絵を必要とする方はきっといるので、

自分で絵が売れる可能性を潰すこと
はないと思います。

Q.
クレジットカードでの支払いは可能ですか?

A.
上の「購入画面に進む」ボタンを押して頂くと
クレジット精算画面へと飛ぶので
そこからお支払いを済ませてください。

Q.
海外に住んでいますが講座を視聴できますか?

A.
パソコンやスマホがあれば
どこにいても視聴できます。

Q.
受講中にメールアドレスの
変更はできるのでしょうか?

A.
連絡してもらえればすぐに希望の
メールアドレスに授業メールを
送らせて頂きます。

Q.
スマホ、タブレットからの
申し込みができません。

A.
設定によってはできない機種もあるようなので
その時はパソコンから申し込みをしてください。

そして、上の申し込みボタンが
表示されない機種もあるのでその場合も
パソコンから申し込みをしてください。

 

追伸:未来は変えられる

未来は今のままではずっと変わらない

「一生バイトや別の仕事をしながら、
なけなしの給料を貸し画廊に払い続け、

作品が人の目にとまることもない」

プロの画家になるための決断が
できなければ、こんな未来が待っている
だけでしょう。

当スクールはそんな未来を変える方法を、
お伝えしています。

まず1枚絵が売れて画家としての自信がつき
感謝されながら絵が売れる

そんな体験が正しい努力の先には
待っています。

是非、スクールに参加して私と一緒に
日本を「子どもたちが画家を目指せる国」
にかえていきませんか?

スクールでお会いできるのを
楽しみにしております。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!