導線の確認

お客様はこのような流れであなたのブログ、
無料講座、プロモーション、LP
とみていくわけですが、

LPを見終わったら、つまりあなたの
コンテンツの販売が終わったら、
関係が終わるわけではありません。

実際、コンテンツの販売が終わったら、
もうメルマガを発信しない人も多いです。

しかし、それではあまりにも
もったいないです。

コンテンツの成約率の目安

コンテンツの価格別の成約率の
目安がこちらです。

10万円:2~3%
5万円:5%
3万円:7%

3万円以下のコンテンツでも、

100人読者がいたら、
93人は買わないのです。

 

コンテンツの買ってくれなかった
からといって、読者さんは

あなた興味がないわけではありません。

 

多くの場合、たまたまその時期、
お金がなくて買えなかった、
忙しかったなど

タイミングの問題である
ことが多いのです。

メルマガ読者の注意を惹くためには?

 

コンテンツのセールス後も読者さんを
惹きつけ続けることは
とても重要なのです。

そのためには日刊メルマガを
やるのが良いでしょう。

毎日メルマガを書くのは大変ですが、
毎日あなたの情報に触れていれば

あなたがメルマガで個展の告知を
した時や、

新しいコンテンツを販売したときに

タイミングがあえば、見に来てくれたり、
買ってくれたりするのです。

 

メルマガの目的は「ファン化」です。

以下の4つの項目を意識して、
できれば毎日メルマガを配信すると、
次第に熱心なファンは増えていきます。

①憧れ、尊敬
②信頼、信用
③価値観の共有
④注意、興味喚起

これらの4つを日常の投稿の中で
高めていきファン化させることが
重要です。

これらの4つのゲージがMAXになった
状態で、個展の告知をしたり、

メルマガ内で再度セールスプロモーションを
かけると、読者さんは

個展を身に来たり、サービスを購入したり
といった「行動」をとってくれます。

 

人を行動させるのは簡単なことでは
ないですが、メルマガのように

段階的に情報を発信していくと、
あなたの言葉が「生活の一部」に
なっている読者さんも増え、
行動してくれるのです。

 

メルマガの件名と開封率

「メルマガを配信したのに、
全く反応がない。」

そんな場合はだいたい、開封すら
されていないことが多いです。

メルマガというのは、メルマガ登録した
全ての人が丁寧に読んでくれるわけ
ではありません。

 

およそ30%の開封率があれば、
優秀だといわれています。

この場合でも7割の読者が
開封すらしないのです。

 

コピーライティングのパート
でも解説しましたが、

「これ私のことだ!」と思わせる
件名でなければ、

どんなに良いメルマガでも
開封されることはありません。

「私には関係ないな~」と
思われたらおわりなのです。

 

読者さんが自分に関係することだと
一瞬で思えるタイトルをつけましょう。

 

参考に私のメルマガのタイトルのうち、
開封率が高かったもの(開封率40%以上)
一覧にしておきます。

是非参考にしてみてください。

ネタだしテンプレート

メルマガやLINE@を始めたい!
でも、何を発信したら良いのか
わからない…

そんな方も多いでしょう。

以下の10個の質問に答え
る内容の投稿をすると

あなたの「価値観」が伝わる
投稿ができ、ファンが増えて
いくでしょう。

 

ネタだしの際にご活用くださいね。

 

①あなたがビジネスを始めた理由
②あなたが収入を得て最も良かったこと
③老後はどんな生活を送りたいか
④何をしている時が最も幸せか
⑤最も贅沢だと思う瞬間
⑥一番ストレスを感じること
⑦最も許せないこと
⑧友達の数は多い、少ないどちらが
良いか?(理由も含め)
⑨家族との関係はどんな感じで、
今後どうしていきたいか
⑩ビジネスにおけるポリシー

これらの問いに、あなたの独断と偏見で
こたえ、主観的な主義主張を語って
見せましょう。

SNSよりも【濃いファン】ばかりなので、
エッジの効いた【あなたの主観】を
発信していっても問題ありません。

 

嫌われるのを恐れて、無難なことばかり
言っていると、誰もファン化しません。

基本的にアンチが湧くことは
ほとんどないので、ファン化のために
【あなたの主観】をどんどん
発信していきましょう。

 

ただし、愚痴っぽくなったり、
人を傷つけたりバカにしたり
するような文章はNGです。

 

敵と戦う場合は、「仲間」を
いたわるような切り口で表現しましょう。

ネタは使いまわせる

毎日メルマガも書いて、
ブログも構築していたら、
絵なんか描いている時間がない!

そう感じる方も多いかもしれません。

確かに、慣れないうちは時間がかかり、
パソコン作業が嫌になってしまう
かもしれません。

 

しかし、一番大変なのは最初です。
いずれ慣れてきます。

 

それに楽して集客できる方法などないのです。
まあ有料の広告を使えば、
手間を減らすことはできますが。

そして、ブログの記事に書いた文章を
一部切り取って、メルマガに載せる。

 

ブログの記事に書いた文章を読み上げて、
スライドをつけて講義動画にし、
YouTubeにアップする

などの工夫をすることで、
作業を効率化できます。

 

「同じ文章を使いまわしたら、
手抜きだと思われるかも…」

そんな心配をする方も
いるかもしれません。

 

しかし、あなたの全てのブログ記事
を読み、メルマガ登録し、YouTube動画
も見る。

そんな方はほぼいません。

 

そして、そんな方がもしいれば、
その方はあなたの大ファンです。

 

なので、いずれにせよ問題は
起こらないのです。

 

実際、極稀に私のブログ記事、
メルマガ全てを読んでいる読者さん
に出会うことがあります。

その方に実際に会ったのですが、
全く同じ文章を使いまわしていることは
気になっていないようでした。

 

日刊メルマガの配信手順

日刊メルマガの配信手順について
メルマガスタンドのオートビズを
使って解説していきます。

オートビズの契約方法について
はコチラ

日刊メルマガの始め方(初期設定)

オートビズを開き、
メルマガ管理を開きましょう。

↓これをコピペしておきましょう。

メルマガを解除したい方はコチラ(一度解除すると再登録できません。)

[[cancelurl]]

メールアドレスを変更する方はコチラ

[[changeurl]]

日刊メルマガの書き方

 

開封率を測定できるのは
HTMLメールだけなので、
HTML本文を選択しましょう。

 

7時、11時、19時がスマホを
見ている人が多い時間といわれています。

この時間帯の配信がオススメです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!