【あなたにとっての売れる絵】と売り絵の違いとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!画家の黒沼です!

「売り絵なんか描いてもしょうがない…」
「純粋に芸術としてやっているだけだから…」

 

 

職業画家として活動していると、
こんな感じの

やっかんだコメントを
もらうことがあります。

 

皆さんの中にも、真剣に絵を売るため
努力している方なら、1度や2度、

そんなことを言われたことが
あるかもしれません。

 

しかし、そんなことを言ってくるのは、
ほとんど絵を売ったことのない人
ばかりなんです。

 

上手くいっていない人のアドバイスを
きいても仕方がないと思うので、

今回はこれまで結構絵を売ってきた
(100枚ほど)私の意見を
話してみようと思います。

 

 

是非最後までお付き合い
頂ければと思います。

 

売れる絵と売り絵の違い

【売り絵】という言葉を口にする人の
多くは、売り物にもならないレベルの
作品しか作れない人がほとんどです。

また、画商さんなどの場合、売る力が
ない方がほとんどです。

 

なので、彼らの言うことは
スルーしましょう。

失敗している人の言うことを
素直に信じて行動すると、
あなたも失敗してしまいます。

 

【売り絵】と【あなたにとっての売れる絵】
この2つは似ているようで違います。

売り絵は飾りやすく、上手い絵だが、
どこかでみたことあるうような

作家性を感じない絵です。

 

伝統的で無難なモチーフ、技法、タッチ、
構図の【少しも作家の独自性】のない
絵です。

 

このような絵しか描けない方は
記憶に残らないので、作家として
長生きするのは難しいでしょう。

 

あなたにとっての売れる絵を探そう

逆に【あなたにとっての売れる絵】
が見つかれば、作品を一目みたら

「誰誰さんの絵だ!」と多くの人が
気づき、記憶に残るのです。

 

そういった作品は、市場の要請を
考慮しつつも強い作家性を
持っています。

 

そんな、あなたにとっての売れる絵は
特別な才能がなくても、展覧会経験を積み、

お客様や画商さんと現場で交流していけば、
自然に見つかるものなんです。

 

みなさんも是非【あなたにとっての売れる絵】
を見つけるために日々精進していきましょうね!

私も自分にとっての売れる絵を
さらにレベルアップさせるべく奮闘中です。

それではまた~

 

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
14日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。

 

 

6つの無料プレゼントを進呈中


「画家になりたいけど、
何をしたら良いかわからない。」

「自分で描いた絵を売る方法
を知りたい。」

そんな方のために

絵画をたしなむでは
絵に関するアドバイスや
画家になるためのアドバイス
無料で行っています。

多くの方から好評を頂いているので
気軽に相談しに来てください!

他にも画家のためのPR術業界の実情など
ブログでは公開していない内容も無料で
配信しているので是非気軽に登録
してみてください。

気軽にメールで
質問して頂ければと思います。

登録特典として

今すぐ役立つ画家を目指す人のための
6つの実践ノウハウ講座
をプレゼントしています。

↓無料登録をしてメール相談、
無料プレゼントを受け取る↓

無料メール相談も行っています。

 

絵画をたしなむでは
画家を目指す全ての人のための

無料メール相談も行っています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

↓のリンク先でアドレスを入力し
気軽にご相談ください。