【GUAMS】不器用な私がプロの画家になれた理由を特別公開

「プロの画家になりたいけど
 何をしたら良いかわからない。」
「描いた絵を販売する方法がわからない。」

大学1年生の時、私は
そんなことを考えていました。

 

不器用な私は「なんのために絵を描くのか」
と悩みだします。

 

そんな時に出会ったのがGUAMSでした。

 

今回は私をプロの画家に育ててくれた
GUAMSについて紹介します。

 

 

GUAMSについて詳しくはコチラ

 

GUAMSってどんなものなの?

GUAMSは
ギャラリー上原アートマネジメントスタジオ
の略称です。

画家として生きていくためのマネジメント
を教えてもらえるスクールですね。

 

GUAMSはとにかく現場的で実践的です。

マネジメントの理論や先生のありがたいお話
に終始せず

 

受講後すぐに百貨店美術画廊という
華やかな現場に出されます。

 

 

画家になる方法が学べる

 

絵の値段のつけかた、額の選び方、
顧客の増やし方、PR方法から、確定申告まで

 

プロの画家に必要なノウハウを
座学と現場の両方で学べます。

 

 

全国の百貨店で展示ができる

銀座、横浜、大阪、広島、浦和、仙台
などなど日本全国の百貨店で
私は展覧会を開いてきました。

これもGUAMSの教えあってのものなんです。

 

 

↑伊勢丹府中での展示(東京)

 

↑阪神梅田本店での展示(大阪)

 

↑福屋八丁堀本店での展示(広島)

 

↑東急たまプラーザでの展示(神奈川)

 

 

↑浦和伊勢丹での展示(埼玉)

 

↑ 仙台 藤崎での展示(宮城)

 

↑ 松屋銀座での展示(東京)

 

 

百貨店美術画廊という華やかな場所で、
実際にお客様や百貨店スタッフと話す中で
プロの画家に必要な知恵が身に付きます。

 

 

若手作家の育成に熱心

GUAMSはこれまでチャンスの少なかった
若手作家の育成に力をいれています。


↑男性若手アーティストによる薫風展


↑女性若手アーティトによる
イレブンガールズアートコレクション

を始め、若手作家主体の様々な企画展が
全国の百貨店で開かれています。

 

 

新聞に載る方法も学べる

GUAMSの特徴の一つが展示メンバーが
協力して行うメディア対策です。

効果的なPR文を書き、新聞社や
テレビ局の取材を受ける方法も学べます。

 

↑のように新聞記者さんに取材して頂いたものが翌日の記事↓になるんです。

 

 

 

 

↑朝日新聞の全国版に載せていただいた時は驚きました。

 

GUAMSについて詳しくはコチラ

 

GUAMSを受けてみて変わったこと

絵の仕事のとりかたがわかった

 

↑は美大生時代に作家仲間と3人で行った
動物病院の壁画制作です。

 

新装オープンする動物病院の壁に
動物の絵を描くという仕事をとれたのも
GUAMSの教えのおかげでした。

 

なかなか良い条件のお仕事で、地元メディア
にも取材してもらえたので
GUAMSの教えの威力を感じた一件でした。

 

 

プロの作家仲間ができた

 

百貨店での展覧会会場では出展作家が
会期中、在廊しています。

会期中一緒にいると、自然にプロの作家仲間
も増えますし、業界情報の交換もできます。

 

 

コレクターの方々とも知り合えた

プロの画家として活動を続けていて
特にうれしかったのは

お得意様ができたことです。

 

↑美術館のようなご自宅
に招いて頂いたことも

 

展覧会を開けば
必ず絵を買いに来てくださる方や

 

↑オーダーメイド作品を注文してくださる
お客様との出会いは
プロの画家を続ける上で自信になりました。

 

 

初回は無料で受講できる

そんな私を育ててくれたGUAMSも
今年で12回目になります。

4月から来期のGUAMSが始まりますが、
初回は無料で参加できるためおすすめですよ。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

この記事を読んだあなたと展覧会会場で
作家仲間としてお会いできるのを
楽しみにしています。

 

GUAMSについて詳しくはコチラ

↓画家になる方法はコチラ↓

画家の秘密を特別公開中!

画家になる メルマガ
メールアドレス