岡部遼太郎さんのオンライン絵画教室を実際に受けた感想!

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェア・応援 お願いします!

「絵がうまくなりたいけど
どうしたらいいかわからない…」

「色を塗った途端絵がヘタになってしまう…」

 

そんな悩みを持つ方は本当に多いんです。

 

今回はそんな、とにかく絵がうまくなりたい
、色の使い方が知りたい

そんな方におすすめの絵画教室を紹介します。

 

今まで私が出会ったどんな先生よりも
絵を教えるの上手い

凄まじい技術と指導力を持った先生の
絵画教室なので

↓↓おすすめの絵画教室となっています。↓↓

 

 

岡部遼太郎オンライン絵画教室はコチラ

 

 

岡部遼太郎さんのオンライン絵画教室ってどんなものなの?

 

時間のない人にもおすすめ!

実際に絵画教室のアトリエに通うとなると
移動に時間とお金がかかってしまいます。

 

リタイアされた方が趣味で
絵を楽しむのには良いかもしれませんが

仕事をしながら休日に絵を描く
という方も多いと思います。

 

そんな方にはうってつけなのが
オンライン絵画教室かと思います。

 

自分の空いている時間に絵を描き
自分の空いている時間に質問して
マンツーマンの添削指導を受けられる。

 

仕事の合間に絵を勉強したい
時間がなくてアトリエには通えない

そんな方には是非おすすめしたいと思います。

 

 

 

 

美大に行っても絵はうまくならない!?

絵の描き方を学びたい!と思ったあなたは
美術大学、美術予備校、絵画教室に行きたい
と思うかもしれません。

しかし、はっきり言ってこれらの場所では
十分な絵の技術は身に付きません。

 

私は有名美大の絵画科で4年間学びましたが
美大の教授が絵の技術の指導をすることは
ほぼありませんでした。

絵がうまくなりたい!と思って入学した
多くの生徒はこのほったらかしっぷりに
驚愕していました(笑)

 

私は美術予備校で5年間学びましたが
ここではかなり偏った技術しか
身に付きませんでした。

 

美術予備校は一人でも多くの生徒を
芸大、美大に入れることを目指しています。

芸大、美大の本当に短い試験時間で
上手い絵を描くための技術のみを
突貫工事的に叩き込むわけです。

 

ここで、身に付いた技術や考えは
ためになるものも多いですが

プロの画家として絵を描くうえでの
足かせにもなりました。

 

美大受験対策ではデッサン力に特化した
指導が展開されます。

すると、どうしても
モノクロではうまいけど色は感覚で勝負
という生徒が量産されるんです。

 

しかし、実際プロの画家で
デッサンを売っている方はほとんどいません。

お客様が飾りたい!と思う絵は
魅力的な色彩を持つ絵なんです。

 

大学受験に最適化した技術では
良い絵は描けないんですね。

 

では町の絵画教室はどうでしょうか?

 

私の知る限り、絵画教室をやっている先生は
玉石混合です。

優れた方もいれば素人同然の方も
いらっしゃいます。

 

材料の使い方と基本的な絵画理論を
絵が趣味の人に教えるのに高い絵の技術は
必要ないようです。

 

絵画教室に通って絵が本当にうまくなるか
と言えばかなり微妙かと思います。

 

教えている側の技術が
中途半端なことも多いからです。

 

 

 

 

他の場所では学べない上質なカリキュラム

「もう自分は絵が上手くなることはない…」
「もう学べる絵画の理論はない」

 

長すぎる修業時代の末、美大に入った私は
そんな諦めの境地に達していました。

本当に不器用だった私はどんな絵画理論を
何年学んでも絵の上手い画家になることは
なかったんです…

 

そんな私が出会ったのがこの絵画教室でした。

あらゆる色彩理論に精通した画家ならではの
圧倒的にわかりやすい指導には
本当に驚かされました。

 

 

 

「絵が良くならないんだけど、
どう直せば良いかわからない…」

そんな素朴な疑問にも

 

「ここの部分を、もっと暗く鮮やかに
シャープなエッジで不透明に塗れば、
自然な空間が出るよ。」

 

というように本当にわかりやすく
教えてもらえます!

 

今、プロの画家として活動する私もその昔
何度もこの教室に助けられたんです。

 

 

岡部遼太郎オンライン絵画教室はコチラ

 

 

実際に受けてみて思った事

気になる授業内容は…

 

こちらの絵画教室は週1回授業動画を配信し
あらゆるテクニックを教えてもらえます。

 

 

 

アカデミックなデッサンの基本から、
箔の張り方、構図の基本、新海誠の
ような色彩あふれる
絵の描き方まで

 

あらゆる絵の技術を
網羅的に教えてもらえます。

 

↓↓実際の授業の様子はこんな感じ↓↓

 

↑緻密な描写に必須の絵画用下地の作り方↑

 

 

↑立体感のある絵を描く光と影の理論↑

 

↑奥行きのある空間を描くための構図の基本↑

 

↑カラフルでリアルな風景も描けるようになる↑

 

 

 

 

多忙な現代人にピッタリ!アクリル画の魅力

絵画技法や材料オタクの私は
いろんな技法書を読んできました。

絵画修復家や先輩の画家など
その道に詳しい方々にも教わってきました。

 

そんな私が素朴に思うのが

「アクリル画だけ、まともな技法書、
ノウハウがない!」 ということです。

 

最近のプロの画家には、アクリル絵の具を
使う方も多いにもかかわらずです。

 

アクリル画技法書もないわけではありませんが

児童向けの手軽な絵具遊びの紹介
のようなものが多く

本格的な技術を学べるものはほぼないんです。

 

油絵や日本画のような伝統的な画材は
技法書が充実している反面

絵の具の扱いが本当に難しいんです。

 

「○○と○○を混ぜてはいけない」
「○○の上に○○を塗ってはいけない」

などなど、タブーが多く、厳格なレシピを
熟知している必要があります。

アクリル絵の具は本当に
誰でも気軽に使える材料です。

「油絵の具の上に塗ってはいけない」
「服につくと取れない」

 

くらいしかタブーがない自由な画材なんです。

 

油絵具のような溶剤の匂いもなく
日本画のように膠の湯せんも必要ない

片付けも準備も手軽な画材なんです。

 

そして、アクリル絵の具は
プロの画家にもおすすめです。

絵画修復家の方に聞いたところ
最も強く劣化の少ない画材は
アクリル絵の具なんだそうです。

塗膜が柔軟で強靭なアクリル絵の具は
油絵具のようにひび割れません。
黄色く変色もしません。

 

日本画は膠の濃度を間違えると剥落しますが
その心配もいりません。

また、アクリル絵の具は乾燥が早いため
どんどん作業を進められます。

 

多忙な現在の画家、仕事の合間に
絵画をたしなむ日曜画家にも扱いやすいです。

 

全国の百貨店でプロの画家として活動する
私もアクリル絵の具を使っています。

 

 

アクリル絵の具と言えば、イラストのような
マットで不透明な絵の具
をイメージする方も多いでしょう。

 

しかし、最近のものは進化しており
油絵具のような透明感あふれる表現も
できます。

↓のリキテックスプライムが透明感、強度
、練り、発色の面からおすすめの
高級アクリル絵の具です。
(私の作品は全てこれで描かれています。)

 

 

 

 

 

 

岡部遼太郎とはどんな人物なのか!?

私の絵の師匠でプロの画家仲間でもある
岡部遼太郎さんは一言でいえば

「技術研究の鬼」です。

 

ここまで絵の技法に詳しく
わかりやすい説明ができる人間を
私は他に知りません。

彼に教わってうまくならない人はいないのでは
と私は思います。

 

本当にお買い得な絵画教室だと思いますよ。

フォローも本当にきめ細やかで、わかるまで
教えてもらえるので

安心して受講できるのも魅力です。

 

 

 

 

岡部遼太郎さんの絵画教室で変わったこと

誰でも絵がうまくなる!

修業時代、誰より不器用だった私は
何年かけてどんなノウハウを学んでも
絵がうまくなりませんでした。

そんな下手の横好きだった私は今
どういうわけかプロの画家になっています。

 

しかも、批評家の方には超絶技巧の画家
として、紹介されています。

この絵画教室にはそんな
「どんな人でもプロレベルの力がつく」
カリキュラムが用意されています。

 

 

 

プロレベルの画力が身につく!

 

岡部遼太郎さんの絵画理論は
とにかく理論的で客観的なんです。

受講すれば
どの段階で何をすれば絵がどう変わるのか

を完璧に理解できるようになるでしょう。

 

「なぜか絵が良くならない。」
「どつぼにハマって描き進められなくなって
完成を放棄してしまった。」

 

こんな経験は絵を描く方なら
誰もが味わうと思います。

 

そんなつら~い時間がなくなるのも
この絵画教室の大きな魅力です。

常に最適なタッチを絵に入れられる
ようになるため

驚くほど細かい絵が
驚くほど短い時間で描けるようになります。

 

プロの画家として活動する私の技術は
ここで身に付いたといえます。

プロの画家は常に高いクオリティーの作品を
数多く展示しているものです。

 

ここで学べるノウハウはプロのレベルでも
通用します。

 

岡部遼太郎オンライン絵画教室はコチラ

 

↓画材や技法についてはコチラ↓



画家になる メルマガ
メールアドレス
シェア・応援 お願いします!

画家を目指す全ての人へ

私が作家活動を通して身に着けたノウハウを
無料で公開しています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

これらの悩みの全てを
14日間のメール講座の中で
解決していきます。

是非下のリンクから登録して
ご覧いただければと思います。

6つの無料プレゼントを進呈中


「画家になりたいけど、
何をしたら良いかわからない。」

「自分で描いた絵を売る方法
を知りたい。」

そんな方のために

絵画をたしなむでは
絵に関するアドバイスや
画家になるためのアドバイス
無料で行っています。

多くの方から好評を頂いているので
気軽に相談しに来てください!

他にも画家のためのPR術業界の実情など
ブログでは公開していない内容も無料で
配信しているので是非気軽に登録
してみてください。

気軽にメールで
質問して頂ければと思います。

登録特典として

今すぐ役立つ画家を目指す人のための
6つの実践ノウハウ講座
をプレゼントしています。

↓無料登録をしてメール相談、
無料プレゼントを受け取る↓

無料メール相談も行っています。

 

絵画をたしなむでは
画家を目指す全ての人のための

無料メール相談も行っています。

もし、あなたが作家活動をされていて、
以下の悩みに一つでも当てはまるなら、
私は解決策をお伝えできます。

・プロの画家になり、絵を仕事にしたいが
 努力の仕方がわからない

・展示を開いても知り合いしか見に来ない

・集客方法がわからず、展示を開くほど
 赤字が膨らむ

・ブログやSNSによる集客方法が
 よくわからない

・展覧会を集客、収益の両面で
 成功させるための準備がわからない。

・作家としてのブランディングの仕方
 がわからない

 

↓のリンク先でアドレスを入力し
気軽にご相談ください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加